allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バスケット・ケース(1982)

BASKET CASE

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ユーロスペース)
初公開年月1985/02/01
ジャンルホラー
バスケットケース [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,103
amazon.co.jpへ

【解説】
 切り離されたシャム双生児の兄をバスケット・ケースの中にしのばせる青年。異様な兄弟の絆と悲劇を描くカルト・ホラーの傑作。アメリカではミッドナイト・ムービーとしてロング・ランを記録した。全編を通しての異様なムードにチープな作りがマッチしたインディペンデント作品で、未見のホラー・ファンは必見である。特に自らの性的欲望をはたせない兄の絶叫はゾッとするものがある。
<allcinema>
評価
【関連作品】
バスケット・ケース(1982)シリーズ第1作
バスケット・ケース2(1990)シリーズ第2作
バスケット・ケース3(1992)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
439 9.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-01-21 01:33:39
半端ないチープ感漂うフイルムだが、脚本がいいので、ドキュメンタリー的雰囲気を醸し出してる。哀しい2人旅。
投稿者:さとせ投稿日:2014-01-26 06:04:04
ドゥエインはシャム双生児の兄をバスケットケースで運びホテルに宿泊。
自分たちを切り離した医師たちに復讐していくが、ドゥエインが病院の受付嬢と付き合った為に悲劇が起こり・・・。

初見はバップビデオからリリースされ一部で話題になった。
LDも発売されカルチャー・パブリッシャーズよりDVDが発売。
スペシャルコレクションとしてJVDからDVDが発売されるが未購入。
最近になってキングからDVDがニューリリースされ画質が良いのに感心させられた。
しかしながら仕様を見ていたらJVD版にあったコメンタリーがキング版にはバタリアンズに変えられているのが残念。
兄ベリアルの造形が素晴らしくGF役のT・S・スミス嬢が美形なのがこの映画の悲哀を感じさせる。
傑作である。

JVD版を鑑賞。
この版には監督のコメンタリーが収録されており、90分も裏話を聞く事が出来てファンにとっては堪らないだろう。
画質も良く、後半に素っ裸で走るドウェインの陰部も映っていて時代の変換を感じさせる。
キングは数々の作品をホラー秘宝としてリリースしてくれるのだが、何故このコメンタリーを収録しなかったのだろう。
その他、このJVD版にはキング版には無かった特典も収録されていて、珍しくJVD版に軍配を上げようと思う。
投稿者:こじか投稿日:2013-10-09 16:31:04
【ネタバレ注意】

作りはかなり安っぽくて意外だった。けどお兄さんが復讐⇒暴走へとベクトル変えてくあたり他、なかなか真理えぐってます。

投稿者:william投稿日:2011-04-06 01:28:30
この作品程完成度の高いB級ホラー作品はまずないだろう。
悲壮感たっぷりのストーリーの中にも、ところどころコミカルな要素も織り交ぜられていて、それもまた素晴らしい味付けになってる。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-09-15 00:36:18
【ネタバレ注意】

英和辞典を引いて知ったんだけど、“バスケット・ケース”には、もうひとつ、
とんでもない意味があったんだね。ヘネンロッターの底知れぬ悪意がうかがえる。

あのカゴの中の兄貴は、人生(なんならドラマという言葉と置き換えていい)における
桎梏(カセ)の象徴ではないのか。
弟が恋愛を成就できないのが、観てて悲しくて悲しくて。
現在、メロドラマを成立させるには、三流ホラー的俗悪さで武装するしかないのかも。
ヘネンロッターは、メロドラマを育むためエロを纏う石井隆と、あんがいパラレルな
作家同士なのかもしれない。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-14 21:40:06
好きなヒト多いですよね。
投稿者:春夏秋冬投稿日:2002-11-16 09:58:07
兄貴の中途半端さが素晴らしい。兄弟愛もしっかり描かれてます。
投稿者:4531731投稿日:2002-08-04 01:55:00
 異形の者の苦悩が胸を打ちますね。安らかな死を!とにかく、どんなに悲しい背景があろうと、社会的には、ペリアルは狩られる立場にある敵でしかない。この事実はペリアルが敵として社会に狩られるその日まで変わらないし、それは二人の兄弟を固く結び付けていた絆をも引き裂いてしまう。その居心地の悪いコトと言ったら、ヘネンロッター、とにかく容赦しないですね。
 本物の悲劇。そして少々悲哀を帯びた笑い。ヘネンロッターはB級の要素を盛り込むのが趣味の、かなりマジメな作家だ。あの救われない「ブレインダメージ」を見ても分かるけど、こういう人に出会うと思わず嬉しくなります。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-07 21:42:49
いい映画です。っていうか、私もそういうの
期待してなかったんだけど。
粘土のような兄貴がステキです。
【レンタル】
 【DVD】バスケット・ケースレンタル有り
 【VIDEO】バスケット・ケースレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION