allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

裸足のマリー(1993)

MARIE

メディア映画
上映時間91分
製作国フランス/ベルギー/ポルトガル
公開情報劇場公開(ユニフランス提供/シネカノン=オンリーハーツ)
初公開年月1994/12/17
ジャンル青春/ドラマ

【解説】
 M・ジラン演じるベルギーの田舎の高校生が、妊娠したことを母親に咎められ、中絶はするものの家出してしまう。ブリュッセルで男と知り合うが、パリへ向かう途中で男が死ぬ。彼女は仕方なく、男の息子を連れて、彼の引き取り手を探してポルトガルを目指すが……。途中、ツーリングバイク青年とのアバンチュールがあったり、ただほのぼのだけじゃすまない、リアルな手触りがある。道々、出会う人々も簡潔に印象深く描かれ、最後、行き着いたリスボンの町も活きている。言葉の通じぬ、そこの人々との交情も細やかに描写される。ドキュメンタリー・ドラマを長年手がけてきた監督の、みずみずしい手腕が発揮された作品だ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2006-05-27 15:56:16
映像センスや風景描写が素晴らしく良いロードムービーの佳作だと思います。少女が子供との交流などから、精神的に大人になってゆく様が瑞々しく描かれていてなかなか良かったですね。ラストは、映画としては清々しいが、あの後のトニオの行く末を考えると可哀想でもあった。あと、M・ジランが子供と一緒に入浴するシーンが印象に残った。で、この作品の監督に興味を持ったが、日本版を観れるのがこれ1本しかないというのが残念ですね。
【レンタル】
 【VIDEO】裸足のマリーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION