allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バタリアン(1985)

BATTALION
THE RETURN OF THE LIVING DEAD

メディア映画
上映時間91分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1986/02/01
ジャンルホラー/コメディ
これがスプラッターだ!
驚異の「バイオSFX」誕生!
’85ホラー映画世界配収No.1
バタリアン HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,680
USED価格:¥ 4,480
amazon.co.jpへ

【解説】
 ゾンビ映画の元祖「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」で描かれた事が実際にあったという前提で作られた間接的な続編。「ナイト〜」のスタッフによる原案を基に、「エイリアン」のD・オバノンが脚色し初監督を遂げたSFホラー。ロスにある科学資料庫の地下で発見された謎のタンク。そこから吹き出した特殊なガスには死者を蘇らせる作用があった……。パロディ感覚で描かれたゾンビ映画で、全体的にはコミック・タッチだが、完全にゾンビ化する事を恐れ自ら火葬場へ入っていくJ・カレンのシーンなど、従来の作品にはなかったシリアスな描写も隠し味となっている。“オバンバ”やら“タールマン”といったゾンビのキャラクターを全面に押し出し、バイオSFX方式上映などと訳のわからんハッタリで、「バタリアン」なる邦題をつけた東宝東和の力量には、毎度の事ながら頭が下がる。リメイクだか続編なんだかよく判らない「バタリアン2」に続く。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

金曜ロードショー(演出:蕨南勝之/翻訳:たかしまちせこ/調整:遠西勝三/効果:南部満治/制作:ニュージャパンフィル)
※このデータは放送当時の情報です。
小林修クルー・ギャラガーバート・ウィルソン
藤本譲ジェームズ・カレンフランク
富田耕生ドン・カルファアーニー・カルテンブラナー
樋浦勉トム・マシューズフレディ
吉田美保ビヴァリー・ランドルフティナ
塩沢兼人ジョン・フィルビンチャック
勝生真沙子リネア・クイグリートラッシュ
小山茉美ジュエル・シェパードケイシー
二又一成ミゲル・A・ヌネス・ジュニアスパイダー
堀内賢雄ブライアン・ペックスクーズ
屋良有作マーク・ヴェンチュリーニスーサイド
納谷悟朗ジョナサン・テリーグローヴァー大佐
沼波輝枝
片岡富枝
納谷六朗
伊井篤史
川口明美
大塚芳忠
谷口節
【関連作品】
ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生(1968)
エイリアン(1979)
バタリアン(1985)シリーズ第1作
バタリアン2(1987)シリーズ第2作
バタリアン リターンズ(1993)シリーズ第3作
バタリアン4(2005)シリーズ第4作
バタリアン5(2005)シリーズ第5作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15110 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-04-20 18:47:58
死体の貯蔵庫のある医療品倉庫で働くフレディは上司のフランクから「ナイト・オブ・・・」は真実だと聞かされ、軍所有のタンクを見せられる。
誤って蹴ってしまいガスを吸ってしまったフレディたち。
死体たちが復活し、社長のバートは証拠隠滅を図る為に死体を殺そうとするが何をやっても死なない。
友人の焼却場にて焼いてもらう事にするのだが、煙突からガスが吹き出てしまう。
墓場でフランクを待っていた友人たちが倉庫へ出向くがバタリアンに襲われ喰われてしまう・・・。

当時、好き者たちでヒットしたゾンビ映画の傑作。
この当時はノロノロ歩くロメロ系ゾンビが主流だったのだが、この作品は走るし喋るし知能があるのが質が悪い。
何をやっても死なない為、あのラストは仕方なし。
劇場で鑑賞したが、同時上映の「コマンドー」の更に上を行ったのが素晴らしい。
サントラもステーシーQ(懐かしい)たちが歌っているコンピ版で、ホラーファンには馴染みのR・クイグリー嬢も出演している。
ビデオはCIC・ビクターからリリースされていたがスタンダード収録。
DVDが発売されるとビスタ収録され、今は亡きD・オバノン監督のコメンタリーも入っているという感涙版。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 01:40:36
走ったり喋ったりするゾンビは、この作品が最初だと思う。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-04-14 22:01:45
【ネタバレ注意】

劇場公開時に「コマンドー」の同時上映で観たクチ。まだ中坊だったもんで、「ゾンビ」は観たことあったけど「ナイトオブザリビングデッド」は知らなかったかな。
ゾンビ映画を観まくった今としては、正統な姉妹編として認めざるをえない傑作。
当時は、パンクねーちゃんがストリップして、“ツルツル”な股関がスクリーンに大写し、脳裏に焼き付くインパクト!
だったのに!CS放送ではボカシが入っていてビックリ&ガッカリ!自主規制お疲れ様です。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-01-11 07:56:21
長年スルーしてた作品だが、心境の変化で録画視聴。観てみる物だな。
投稿者:uptail投稿日:2012-11-13 12:56:05
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:なちら投稿日:2011-11-30 21:32:52
謎のガスを噴出させてしまった二人の大騒ぎが可笑しくって!
特に、J・カレンの半泣き顔がツボ!
生き返った縦割り犬を見た時のリアクションもさ、恐怖のあまりつま先立ちになっちゃったりして、
その様子が真面目なんだかフザケてんだか微妙なトコが最高。
もう、笑い過ぎて腹痛い!

ゾンビを灰にしたところで、ゾンビ化の連鎖は止まらないってのは結構恐い展開だね。
だいぶ笑ったし、結末も好きだし、面白かったよ。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-01 00:13:15
もう小学校1年生くらいで見た時、震え上るほど怖くて…。
冒頭の(恐らく制作会社名など)英語テロップについて、
誰かが「これは実際に起きた…」云々吹き込むもんだから、
中学生の頃くらいまでリアルに夜うなされました(これは実話)。
しかも怖いのに繰り返し繰り返し観たくなるという…。

その思いを断ち切ろうと、大人になって見直したら
「これコメディホラー」だったのか!?と…(泣笑)。

それでもやはり、脳裏に焼き付いて剥がれない映像は、
凄まじいほど壮絶な展開で絶望的な薄気味の悪いバタリアンです。
そんな作品。みんなでワイワイと。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-01-08 18:02:36
 
地方での封切当時「コマンドー」と同時上映だったんで一日中映画館にいた。「ナイト・オブ〜」を下敷きに、続編でもありパロディでもありブラックコメディでもある快作。
その後、「ナイト・オブ〜」の完全版で笑いものになるルッソの原案はシリアスな続編だったらしいが、あえてパロディとしたオバノンの先見の明と緻密な脚本に拍手。
邦題はまあ東和だから許せるんだけど、字幕にまで「名前は?」「オバンバ」とか入れてたのはどうかと思う。

この映画の走るゾンビは、当然ながらよろよろ歩くオリジナル・ゾンビの秀逸なパロディなんだが、頭の悪い製作者が丸パクリして全力疾走ゾンビ映画を作るきっかけになっちゃったのが残念。
国内版DVDも即買いしたけど、TV放映版の名吹替えが収録されてなかったのが悔しいね。
投稿者:よしだ投稿日:2007-07-31 17:25:21
タールマンの歩き方が面白かったので、翌日からマネをして遊びました。
「ノウミソ…」と言いながらふらふら近づき、同級生の頭に思いっきり噛みつく。
友人が「いて!」となったところで、大笑いするだけの遊び。
みんなタールマンをやりたがるものだから、噛まれる者が不足傾向にあり、仕方なくタールマン同士が相手の頭を狙い合う競技へと変わって行きました。
http://okepi.jp/movie/2007/07/post_27.html
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-06-30 12:54:54
ホラーはこうでなくっちゃ
投稿者:緑茶投稿日:2007-02-25 21:28:42
個人的にはスプラッタ映画はコメディ仕立てのほうがインパクトが強いと思う。笑いと恐怖で引き付けを起こしそう。この映画はコミカルなパワーが凄い。泥臭さがなくどこかSF的なニュアンスがあるのが新鮮だった。
投稿者:エイリアン投稿日:2007-02-14 21:57:53
ゾンビ映画の中でもかなり面白いと思う。ただ、もう少し暴れてほしっかった。でも、音楽もいいし、全体的に雰囲気がいいから、完成度は高い。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-01-11 23:33:41
この手のゾンビ映画にしてはテンポがかなり良く安心して観れました。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-12-06 22:26:07
ホラーコメディといわけで、これまでのゾンビ映画とは違い、人間と同じ動きをするゾンビたちということで、テンポはいい。でもやっぱりバタリアンと邦題といい、それぞれのゾンビにつけられたネームが最高ですね。
最初の発端で責任を感じた男が、肉体はゾンビになってもまだ人間としての意識がある内に、と自ら焼却炉に入って行くのは哀れ。
投稿者:ぴっぴ投稿日:2006-08-09 14:33:05
 『社会的な怖さ』と書いている人がいるけど、まさしくそうだと思う。ただのホラー映画に思っている人も多いが、ある意味リアルな怖さを感じさせる。またお洒落でもある。まさしく80’Sですよね。あのダサさがより怖さを助長させている。友達に勧めても、みんな単なるくだらないホラー映画だと思って<取り合ってくれない。違うのにね・・・
投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-23 11:23:51
ゾンビコメディ。これはいいねぇ。
笑えまくるぜ!テンポがいいしタールマン臭いし、オバンバはアホだし、スパイダーがかこおいいし、最初の薬放出させたお笑いコンビがあまりにサイコー。こんな面白くていいの!?どっこい!!!
投稿者:gwynn投稿日:2005-11-18 22:00:51
【ネタバレ注意】

何度観ても楽しめる映画じゃないでしょうか?
縦切りされた犬が鳴くシーンのグロさや、「映画と違うじゃないか!」
っていう台詞なんか笑わしてくれます。
タイトルもそうですがオバンバ、タールマン、ハーゲンタフといった、
ゾンビに勝手に名前を付けるあたり、東宝東和の熱意?には頭が下がります。

投稿者:やんこら投稿日:2005-08-08 18:23:34
死体でいることは苦痛を伴なう、とか真面目に撮ろうと思えばできたんじゃないかと思わせるネタはあるものの、突き抜けてギャグに走っているのが好感が持てます。あと、本家にリスペクトをしつつのパロディだから、ロメロファンも安心して楽しめます。

馬鹿笑いに最適
投稿者:ASH投稿日:2005-06-04 21:27:48
【ネタバレ注意】

 ロメロのゾンビへのアンチテーゼなんかではなくて、立派なリスペクトになっているところがすごいです。あちらが正攻法なら、こちらはパロディ&コメディでと。ゾンビ・タンクのガスを吸った2人がワーワーギャーギャーわめいているなんて、チトやり過ぎかとは思うけど、これが笑えるんだわ。

 パンク・ロックにのってゾンビが墓からワラワラと這い出てくる。ゴアなシーンもあるけれど、全体的に弾けた笑いがあってそこが面白い。脳ミソを食われたのなら、頭をカチ割られたゾンビがいるはずなのに、そういうゾンビがあまりいない。まあ、それはどうでもいいことなんだけど。

 リニアのフロント・ヌード、ありゃボディスーツなんだそうな。雨に濡れて上着だけ羽織った彼女が逃げる際、チラチラ見えるお尻が妙にエロ可愛い!

投稿者:電気クラゲ投稿日:2005-02-03 20:01:59
ちゃんとした邦題で観れなかった悔いが残る。原題の「Return.of.the.Livingdead」で
何で公開しなかったんだろ。監督があのダン・オバノンだというのに・・・。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-11-20 21:52:03
 結構面白かった、ドリフのコントみたいで。確かにこれはもう笑うしかない映画だ。けどSFXはまあまあの出来。オチもよし、っていうか軍が何のためにあんな薬を開発したのか、いまだによくわからないので、もう何でもかんでもしちゃえ、とにかくが後味スッキリすれば良い!って思ってたら、本当にスッキリ一掃しちゃうんだから。
投稿者:Johnny投稿日:2004-02-04 03:27:02
アリかナシかで言えば、もちろんアリです。
この手のノリは、本当に好きなんだとつくづく思います。
ただ単に怖いだけのゾンビ映画よりも断然に良い!
少しコメディー風だけど、脚本もしっかりしており、どちらかと
言えば正統派で満足できる内容です。

キャラクターの描かれ方もよく、雰囲気もいい感じ。
ラストも印象的でドキドキ!ハラハラ!しながら観れる映画でした。
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-11 02:56:09
この映画を当時通っていた中学校の体育館で全校生徒集合で授業の一環として見ました。笑えるしなかなか面白いけどヌードとか出て来ますよ校長さんて思う。
投稿者:fulcrum投稿日:2003-11-12 04:13:15
【ネタバレ注意】

みんながこの映画を見たのは小学生とか高校生の頃なのか? 俺はもう大学生だったぞ。そして当時は反原発ブームで、危ない物質が倉庫に眠ってるとかって話は全然他人事じゃなかったんだよ。
この作品でゾンビを作る化学物質は「トライオキシン」。ダイオキシンの次というわけだ。しゃれが効いてる。こいつがいつか漏れて事故を起こすことを予測して、軍隊は地道に監視&対処を続けてるってのもイイ。こういうことってほんとにあるんですよ。みんなは想像したことがあるかな。使用済み核燃料がどんなふうに輸送されるかとか。ぼくらが使ってる道を、目立たないように真夜中に運んだりするんだよ。この映画はウソを描いたもんじゃない。真実のかけらがちりばめられている。あなたの身近にもトライオキシンが放置されてないとも限らないよ。気を付けよう。ちゃんと樽の番号に電話するよーに。

それと、失業も怖いな。当時の日本は景気良かったけど、今はこの作品のケンタッキーと同じくらい景気悪い。若者に職がないのは怖いね。ぶるぶる。

投稿者:ヒッチ先生投稿日:2003-10-12 02:29:57
ついに買ったぞ!DVD!ゾンビ物最高やね!
投稿者:haru投稿日:2003-08-13 17:19:54
【ネタバレ注意】

これを小学生の時に見た時はすごく恐くてトラウマになった。最近久しぶりに見て、私にとってこの映画の怖さは音楽だったんだとわかった。ゾンビとロックってなんか恐い。一番恐かったのは、バラバラにしたゾンビを焼いた時の煙が墓場の方にまで流れてしまった時の音楽。これから恐ろしいことが始まるぞ〜って感じの音楽が今聞いてもちょっとドキドキした。

投稿者:メロトロン星人投稿日:2003-05-19 22:52:17
皆さん、この映画を見たのが小学生でTVだったとか。スマン!。自分はこの映画が公開されたときゃ高校生。青春真っ只中だったよ!。友人が「「バタリアン」とか言うホラー映画が始まるらしいぜ」といってたのを思い出す。オバンバという名前で友人は爆笑してたもんだ。だが、自分はこの映画の原題が「RETURN OF THE LIVING DEAD」と知って苦笑いしたもんだ。当事、プログレ、ニューウェーヴ雑誌だった「フールズメイト」のアルバムレビューにサントラが載っていた例のヤツだって。ダムドをはじめとしたパンク、サイコビリー系バンドのコンピ盤だ。ジャケは後に出た日本盤(オバンバの写真使用)ではなくてモヒカンの骸骨のアメコミ調イラストだったな。しかしね、「CAN YOU HEAR ME?」、「YES・・・」という部分が「名前は何だ?」、「オバンバ・・・」とゆー字幕になってんのはなんなんだろーね。いくら、コメディだとはいってもちょっとな。大体「オバンバ」だの「タールマン」だの「ハーゲンタフ」だの言う名前は日本で勝手に付けたもんだからなぁ。「バタリアン」というタイトルからして勝手に日本で考えたタイトルだし。大体どうしてこの映画がBATTALION(大部隊の意)なのか?。東宝東和の当事の担当者の意見を聞いてみたいもんだ。なお、この映画を怖いって人は他のゾンビ映画見れないと思うんだが・・・。
投稿者:GUCCI投稿日:2003-04-03 13:51:56
正直あんまり好きな映画じゃないです。
あんなに頭良くて、タフなゾンビなんて認めない。エイリアンと戦っても勝てるんじゃないかな?笑。
最後は明らかに手抜きですしね。
1より2の方がおもしろいかも・・・
投稿者:saltydog投稿日:2003-03-14 19:12:37
この『バタリアン』、日本の映画興行会社にギャグっぽいコピーをつけられて印象変えられていますけどホラーファンなら大満足の本格ゾンビ映画なんですよね。

オバンバとかユーモラスな名前を付けられていたからてっきり軽いノリの作品かと思って劇場に望んでみたらこれが大間違いでいい意味で裏切られとても見応えあって素晴らしかったです。

最近の作品にはない80年代ホラーの傑作ですね。
なんでDVDなどのパッケージになっていないのか不思議です。

はやくソフト化してくれないかなー。
部屋でじっくり堪能したいビビッとくるホラーなんだから。
投稿者:s-stilish投稿日:2003-03-08 02:45:52
 いやぁーこのノリ大好き!ホラー映画の中で1番好きかも。(厳密にいえばコミカルなホラーだけど)とにかく小学校の時、男子生徒の間ではやった。(うちの学校だけかなぁ)オバンバ、タールマンetc.色々いたなぁ〜。
あと、あのBGMも好き。この頃ってホラー映画はやってたよなぁー。おもしろかったし。それにくらべ最近のホラーはイマイチ。やっぱホラーはちょっと映像の荒い80年代頃のが好きだなぁ〜。
投稿者:ハヤ肇投稿日:2003-02-07 00:27:01
コレのCMを子供の頃たまたま観たら、メチャメチャ怖かったです。(特に「伝染するよ」ってトコ)
脳を食べると死後の体の痛みがほんの少し和らぐ、ってのも妙に納得されたもんです。
最後のオチも救えなくていいですね。あんなに善戦したのに・・・
最後に・・・走るゾンビなんて反則だよっ!メチャメチャ怖いっつ〜のっ!
投稿者:シリコダマ投稿日:2002-11-10 19:57:51
カルト王ダン・オバノンは匠リドリー・スコット監督「ブレードランナー」の視覚イメージの元になったメビウスのコミック「ロングトゥモロー」の原作者。かつて怪人アレハンドロ・ホドロフスキーと大長編SF「デューン」の映画化を世界のとんでもビジュアルアーチストH・R・ギーガー、メビウス、クリス・フォス、サルバドール・ダリらとたくらむがあえなく頓挫。そののこり汁でできたのが「エイリアン」という、知る人ぞ知る裏映画界の最重要人物。処女作「ダークスター」にも通じる笑いと恐怖(バカとシリアス)の絶妙なブレンドが心地よいです。テキサスサイケ界のカルト王サーティーンスフロアーエレヴェイターズのロッキー・エリクソンの唄もカルト印さんじゅうまる。
投稿者:DIO様投稿日:2002-05-16 04:10:54
こういう立て篭もり型のゾンビものって、傑作が多いと思う。バタリアンも然り。
オレが小学生の時ぐらいにテレビ放送してたのを思い出す。
今じゃあホラーなんてほとんどテレビで放送してくれない(できない)もんなぁ。
つまんねぇ世の中になったもんだ。これじゃあ、世間のガキ共にホラーの素晴らしさを教えられんではないか、まったく。それもこれも政治家や、PTAのババア共のせいだよなぁ、絶対。
投稿者:4531731投稿日:2002-02-09 01:11:14
 ダッシュするゾンビってのは新機軸でしたね。ギャグのキレも鋭くなるというもの。
投稿者:あれ・さんぷる投稿日:2001-11-06 22:57:01
小学生の時以来だから、10数年振りにビデオ借りて見た。
やっぱり面白いわぁ。
昔はけっこうTVで放映してた記憶があるけど、
最近はあまりやらないなぁ。

ダン・オバノンは
カーペンターの『ダークスター』
トビー・フーパーの『スペースバンパイア』
G・A・シャーマンの『ゾンゲリア』
などの脚本家でもあるんですね。

それにしても、"バタリアン"ってどういう意味?
投稿者:seiji投稿日:2001-08-06 15:19:58
これを観ればオバノンが只者でないこと一目瞭然。
もうすっかり古典になりましたが、ラストの皮肉は今も強烈な印象。http://www5b.biglobe.ne.jp/~movie
投稿者:サル投稿日:2001-07-19 12:47:25
バタリアンのビデオはもうレンタルショップにないのかしら?
どこにいけば、こんな昔のホラー作品入手できるのでしょう?
ご存知でしたらおしえてください。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-06 19:01:10
これって、コメディーだと思いますよ。
笑えるし、おもしろいです。
投稿者:カミソリ投稿日:1999-07-16 02:01:05
僕がこの映画を見たのは、小学生の時だった。
・・・・・・恐怖だったよ。
映画を見終わった後、「この世の終わりが来るんだ」と思ったものさ。

この映画をよく差せている物の一つに、音楽があると思う。
う〜ん。実に良い選曲だ。サントラが欲しいくらいだよ。
でもな〜、1回失敗したんだよ。この話しは「ペットセメタリー」でね。http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/8045/index.html
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION