allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

発情アニマル(1978)

DAY OF THE WOMAN
I SPIT ON YOUR GRAVE [米・98分]

悪魔のえじき(ビデオ)
女の日(TV)
発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978(リバイバル時)

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(グローバル)
初公開年月1979/06/30
リバイバル→『発情アニマル』上映委員会-2012.6.16
ジャンルサスペンス/エロティック
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ アンソロジーBOX [DVD]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 7,248
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:メイル・ザルチ
製作:ジョセフ・ズビーダ
脚本:メイル・ザルチ
撮影:ユーリ・ハヴィヴ
編集:メイル・ザルチ
出演:カミール・キートンジャニファー・ヒルズ
アーロン・タボールジョニー
リチャード・ペイスマシュー・ルーカス
アンソニー・ニコルズスタンリー
ガンター・クリーマンアンディ
アレクシス・マグノッティジョニーの妻
タミー・ザルチジョニーの娘
テリー・ザルチジョニーの息子
【解説】
 避暑地の別荘を訪れた女性作家を4人の若者が襲う。凌辱の果てに彼女は血みどろの復讐を決意する……。70年代半ばから増え始めた“女性レイプ復讐”ものの中でも際立つ残虐さで、かの喜劇役者バスター・キートンの姪にあたるカミールの熱演と、拙い演出がかえって異様な迫力を生んでいる。はじめ「サマータイム」の題で公開待機していたが、いつのまにか「発情アニマル」の題となりポルノ映画扱いでひっそりと劇場公開された不遇の作品。
<allcinema>
評価
【関連作品】
発情アニマル(1978)
悪魔のえじき2(2001)
アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:賭侠投稿日:2013-07-29 01:15:48
変に不気味というか、嫌悪感を抱きそうな作品だった。

1回見たら十分かな。


ただ、カミール・キートンの熱演には脱帽。
この作品自体はともかく、彼女はもっと評価されてもいいような気がする。
投稿者:こじか投稿日:2013-06-01 18:27:36
【ネタバレ注意】

ハサミのインパクト。

投稿者:さとせ投稿日:2013-01-26 06:14:26
K・キートンは夏の合間に別荘を借りて執筆活動に専念するがそこへ若者たちがチョッカイをかけてレイプしてしまう。怒りと絶望に震えるキートンは男たちに復讐を開始する・・・。

昭和の時代に徳間ビデオから「悪魔のえじき」の名でソフトがリリースされていたがスタンダード。
悪評高きJVDよりDVDがリリースもビスタの非スクイーズで普通画質だがヘア無修正版とあるとおり該当シーンは殆ど見えないが一応カミールのヘアが見える。
今回、アルバトロスよりリリースされたDVDは何とビスタのスクイーズ収録に加え高画質版という素晴らしい代物。また原題もビデオ版とアルバトロス版とでは違い内容は変わらないと思えるがランタイムが若干、長くなっているのが嬉しい。残念ながら該当シーンはボカシが入っているのが目立ち、JVD版には収録されていたオリジナルトレーラーが未収録の為、手放せない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-07-09 17:15:56
リメイク版を先に観たからか、本作では復讐の前にもう一度野郎たちに体を開くのに違和感が残った。ヒロインのキートンは良かった。
投稿者:ghost-fox投稿日:2011-11-23 22:26:50
私的にはメガネが最悪
投稿者:nightwing投稿日:2011-02-14 23:37:32
レイプシーンが悲惨なだけに、復讐劇はもうちょっとひねって欲しかった。
確かにお風呂のシーンは最怖だったけども・・・・・・汗。。。
で、その血まみれの死体を階段下に捨てたワンカットは、まさにホラー映画。


投稿者:ビジョン投稿日:2011-01-23 00:55:46
主人公が無防備なビキニ姿でいた所を捕まってモーターボートで連れ回され、レイプまで行く一連の流れは、個人的には所謂オカズ目的としてはかなり秀逸でした。
その後凄惨な復讐シーンへと続いていく訳ですが、下の方も言ってるように、あのメガネの店員まで残虐に殺害したのはちょっと首を傾げざるを得なかった。

しかし森の中で主人公を追い掛けまわす時の2人の男の姿を見てると、人間は猿から進化した生き物なんだなぁ、としみじみ思ってしまう事請け合いです(笑)
発情アニマルとは良くいったもんだ。
投稿者:LEMO子投稿日:2005-08-28 04:43:21
英語字幕無し版で見たので多少わからない部分があったけど
なかなかおもしろかった。
作家のお姉さんの迫真の演技が良いです。

メガネの奴っていつも損な役回り。
投稿者:ファルド投稿日:2004-05-23 21:06:11
まず、草むらでレイプされ、山中を全裸で帰る途中にまちぶせされて、またレイプ。やっと別荘へ辿り着いて部屋に入ったところで、またまたレイプ。四人の男に時間差輪姦攻撃?をくらうC・キートンが泥まみれになってガンバって?いましたね。というか、何と言っていいやら無茶苦茶でした。まあ、その後復讐するわけだが、ジョニーの殺され方がエグかったなー。C・キートンは美人という感じではないが、美乳の持ち主ですね。
投稿者:theoria投稿日:2003-03-11 21:47:51
虚しくも『悪魔のえじき』で検索してみたところで、この純ポルノ的タイトルから逃れられないようだ。でもこれは製作者の実直な取り組みを慮ると少々気の毒。見目麗しきカミール・キートンにも似つかわしくない。私は知らないが、彼女はポルノ女優と兼務でもしていたのだろうか?バスター・キートンの姪という上の解説を読む限り、そんな筈はなかろうにと思いたい次第。本作、プロットもクソもない、男女が存在する限り、何時でも何処でも有りそうな安直で如何わしいレイプ事件とそれへの報復を材料としている訳だが、前半は、ジョニーというスタンドを経営する妻子持ちの男と、その手下でもある三人の野郎どもによる、一方的なジェニファー(C・キートン)への輪姦と殴る蹴るなどの残酷場面を繰り広げ、美人で謙虚でもある彼女を地獄の苦しみへと追い遣って「こ、こんな非道な!」と観る者をゲンナリさせる。男なんて皆「野獣なんだ〜!」と。確かにココだけで判断すれば、そりゃ、男達は「発情アニマル」だ・・・。が、しかし・・である。後半の“巻き返し”は一体何事か。あれは度が過ぎる。第一、犯ることができなかった抜け作の御人好しスーパー店員マシューまでも殺ることはなかろうに。しかも最初に。死に際に昇天させてやったから「ありがたく思え!」という美女の驕りか。その後は当然に主犯格のジョニー以下、アンディ、スタンリーと惨殺してしまう。ジョニーなんてナニの辺りを・・・本当の痛みは後から襲う!の典型。酷すぎる。殺す前に教会で「お許しを!」なんて十字を切ったって、ありゃいくら何でもやり過ぎだ。ジョニーが拳銃で威嚇射撃された時の「挑発的な態度を見せ付けるからだ!」との言い訳にも“然もありなん”と同情せざるを得なくなってくる。従って、あの執念深くかなり不自然な復讐劇を鑑みると、このオンナ、「魔女」としか言いようが無い。あの男達の行為にはヘドが出るのは確かだが、所詮はただの「野獣」。それに引き換え彼女は「魔女」。野獣の始末は簡単だが、魔女は狡猾なのでそうはいかない。“ウーマン・リブ”とは昔よく流行った言葉だが、それを思い出させる。女性を卑下するつもりなど毛頭に無いのだが、女を矢鱈と優位に立たせる社会的風潮には腹が立つ。アメリカはその元凶(欧州の発想とはまるで異なる)だ。そして民族の相違も弁えずに猿真似で極東アジアの日本人がそれに追従した。どうやら女性を“思い遣る”ことと“のさばらせる”ことの区別がつかないらしい。この映画を観て、五分と捉えるか、とことん女に味方するか、それとも男ドモが浮かばれないと捉えるか・・・。この裁断を余儀なくさせてしまう本作は、お下劣な現実性を引提げている分、ある意味で人間社会に於ける性差という普遍的なテーマに、文字通り肉迫しているとも解釈できるのではないだろうか。クダラナイなりに面白い。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-12 23:47:12
ポルノじゃないです。レイプされた女性の復讐劇。レイプ犯の殺され方が非常に
エグい。バスタブでのシーンは要注意!ボートに乗って斧を振り回すシーンがとて
もカッコいい。復讐のシーンは殆どホラー映画。
投稿者:レッド投稿日:2001-10-01 02:12:12
レイプシーンはかなり酷くて可哀想だが、後の復讐に説得力を持たせるには
これぐらいやったほうがいいのかも。ただ、最後の2人に対する復讐はもう少し
ひねりが欲しかった。内容的に退屈はしない。
見る前はもっとヒドイ出来の映画かと思ったが、予想外にまともな映画だった。
この監督、意外と真面目に演出している。
【レンタル】
 【DVD】悪魔のえじき <ヘア無修正版>レンタル有り
 【DVD】発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ1978レンタル有り
 【VIDEO】悪魔のえじきレンタル有り
【広告】