allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト(1992)

BAD LIEUTENANT

メディア映画
上映時間97分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1994/06/25
ジャンルドラマ/犯罪
バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト 【デジタルリマスター版】 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 1992年のカンヌ映画祭で上映後にそのショッキングな内容から賛否が分かれた、ハーヴェイ・カイテル主演の問題作。血なまぐさい事件が続発するニューヨークを巡回する警部補のLTは、パトロール中に見かけた売人に麻薬をせびり、ノミ屋を通して巨額の金を野球の試合に賭けるなど、酒とドラッグに溺れ、毎日を悪徳の中で過ごす暴力刑事。今日も交通違反に引っ掛かった若い娘にワイセツな行為を働き、ジャンキーの愛人のもとに通いつめる毎日を送っていた。そんな彼がある日出会った1人の尼僧。暴漢にレイプされながらも犯人を許すと語る彼女のその言葉と眼差しに、彼は次第に混乱をきたしてゆく……。衝撃度から言えば、「レザボアドッグス」にはかなわないものの、本作でも絶望的なほど不道徳な世界の中で恐怖を乗り越えようともがく刑事の姿を、名怪優H・カイテルが見事に演じている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
レザボア・ドッグス(1991)
バッド・ルーテナント(2009)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:賭侠投稿日:2012-07-16 20:39:36
とにかくハーヴェイ・カイテルが凄い。
破滅に向かって暴走する狂気の男(刑事)を熱演しているが、こういう役をやらせたらカイテルの右に出る者はいない。

好き嫌いが別れる作品であるのは間違いないと思うが、カイテルの代表作であることは間違いないだろう。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-04-27 06:56:28
内容的には学生映画と変わらない。あとカイテルに大金を渡すアパートの青年とおばさんの設定がよく解らなかった。星一つ半。
投稿者:こじか投稿日:2010-09-27 00:20:27
個人的な感情ですが、こうもドラッグ絡みってのは観ていてつらい…。
おもしろい映画だとは思いますがまったく好きではありません。
ハーヴェイ・カイテルって不思議な人よね。
投稿者:孤狼投稿日:2008-12-29 18:52:34
ラストの思わせぶりな善良さは、確かに蛇足。
それでもアベル・フェラーラの演出とハーヴェイ・カイテルの熱演、充実一途の大傑作。
それにしてもDVD化の日はいつ来るのだろうか。どこのメーカーでも良いから、さっさとして欲しい。
リメイク版はニコラス・ケイジにヴェルナー・ヘルツォークか。こんな組み合わせなら、そこそこ期待できる。ニコラス・ケイジ、「リービング・ラスベガス」を超える名演を期待したい。
投稿者:b&m hooligan投稿日:2003-03-10 00:53:03
虫唾が走るような偽善と自己憐憫に満ちた最低の映画。主人公の悪徳刑事は
単に救いようのないダメ人間であるのなら、それなりな見所もあったのかもしれないが、
そんな自身を顧みず、教会に己の救済を求めるような図々しい男で、どんな
シンパシーも感じられない。H.カイテルの演技もしつこく大仰で鬱陶しい。
フェラーラに彼の力量の無さを忠告したい気にさせる作品。
投稿者:拷問美女投稿日:2001-06-12 06:30:08
↓でも書いたけどこの不道徳バカの愚行の数々に呆れてしまう人はホント呆れ返ってなんじゃこりゃっって興醒めするだけかも。悪党の中の悪党だけど、いわゆる大悪党じゃないし、ただのどうしようもないチンピラだし・・・。最後の泣きも情けないだけだしね。僕は好きですね。こういうの。僕もどうしようもないしね。
投稿者:拷問美女投稿日:2001-03-17 04:16:35
主演のハーベイ・カイテル凄すぎ。大酒喰らうわ、ドラッグやるわ、乱交するわ、野球賭博するわ、平気で万引きするわ、拳銃ぶっ放すわ、路上でセンズリかくわ・・・もう手がつけられん。究極の乱暴者。でもって家庭のよきパパ。で職業刑事。最悪!!最低!!嫌悪の極み!!
投稿者:投稿日:2001-03-07 00:05:18
スゲエ映画だ。マジ激やば!!絶望だ!!救い様の無い大バカヤロー!!!!!!
投稿者:北野投稿日:2001-01-27 02:51:54
主演のハーベイカイテル最高!!怪優だ!!
ボカシが邪魔だ!!オナニーがすごいっス!!
投稿者:親鸞投稿日:2001-01-25 07:06:35
ハーベイ・カイテル 最高傑作!!
主人公の刑事LT(ハーベイ・カイテル)はドラッグ、酒、賭博、汚職にまみれた最低な奴。吐き気がするほどの嫌悪感に悩まされる場面ばかり
そして、ある日カトリックの教会でひとりの修道女を襲うレイプ事件が起こり・・・

人間の嫌な部分をまざまざ見せつけられ最低最悪のどうしようもない映画です。
賛否両論分かれる映画だと思います。
そしてクライマックスのカイテルの魂を搾りだすかのような演技。絶望、葛藤、みじめさ。真の嫌悪感に値するクソまみれの中で私は魂を揺さぶられ感動して泣いてしまいました。乾いたラスト、虚しさ、切なく流れる歌。
涙と笑いの素晴らしい綺麗な映画ではありません。汚い映画です。ですがこの中に真の信仰とはなにか?赦すということなどいろいろなことをみつけました。ちょっと大げさになってしまいましたが皆さん一度この作品を観てください。


まさに魂の傑作です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 監督:アベル・フェラーラ
 □ 監督賞アベル・フェラーラ 
 ■ 主演男優賞ハーヴェイ・カイテル 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト デジタル・リマスター版レンタル有り
 【VIDEO】バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリストレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION