allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

花嫁のパパ(1991)

FATHER OF THE BRIDE

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1992/08/08
ジャンルコメディ
パパにとって、 娘は最後の恋人なのです。
花嫁のパパ [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,365
USED価格:¥ 2,114
amazon.co.jpへ

 Photos
花嫁のパパ

【解説】
 「花嫁の父」のリメイク。原題はオリジナルと同じなのに、40数年たつと、邦題は“パパ”になっちゃた。日本語が乱れてるんでしょうか。ま、それだけ内容が軽くなってる気もしますが。
 “パパ”に扮するのは、近頃妙に落ち着いてきてつまらないS・マーティン(好演ですがね)。スポーツ靴メーカーの経営者で、娘をローマ留学に出す余裕があるんですから、まずはお金持ち。奥方(D・キートン。彼女は見事にプチブル・ママの雰囲気)にもいい衣装を着せています。そんな設定に白けちゃうんだけど(嫁入り道具を揃えたりする所も最早“夢”を感じさせるワケでもないし)、可愛い娘(本作でデビューのK・ウィリアムズ)が帰ってきて、いきなり結婚宣言。マーティンの動転ぶりがまずやや愉快。相手は非の打ち所のない資産家の好青年。周囲は大乗り気でパパもしぶしぶ了承。そこからが大変……というのはオリジナルとほぼ同じ。専門のコーディネーターを雇い(これが妙なオカマだけどセンスは確か)、自宅での式に向け着々準備を進めていく張り切りママ。パパはそんな大げさじゃなく、身内だけで気の置けぬ雰囲気で……と考えているのだが、あっさり否定されてしまう。オリジナルにも増して女は強し!という気にさせます。彼らには娘より大分年下のクールな息子がいるのだが、それをマコーレーの弟K・カルキン君が演じています。役者はいいけど演出に特筆するものがないタッチストーン映画って所かな。
<allcinema>
評価
【関連作品】
花嫁の父(1950)リメイク元
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
537 7.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-04-03 13:58:11
【ネタバレ注意】

ちょっと大げさに花嫁のパパを好演するスティーヴ・マーティンが面白い。  可愛い娘が留学から帰ったら、出合って間もない男性と結婚するなんて、、どんな父親でもショックと疑心でいっぱいになるだろう。  父親の愛情をたっぷり感じられる作品。  登場人物がみんな個性的で良いキャラばかり。   結婚式前夜の父娘の語らいは一生でも特に大切な時間だろう。

投稿者:Ikeda投稿日:2007-11-28 11:39:21
パパ役のスティーヴ・マーティンが熱演ですが、やはりオリジナルのスペンサー・トレシーとジョーン・ベネットの名演があるだけに、とても前作には届きません。しかし、ずっとコミカルな演出にしているのは、そのつもりで作っているのでしょうし、それなりの面白さはあります。そのために父親の心情の描写が薄くなっているのは事実ですが、これも時代の流れかもしれません。
オリジナルを見たのは50年以上前ですから私も独身でしたが、その後、娘の結婚式も経験しました。勿論、こんな大袈裟な披露宴をやる訳もありませんでしたし、それほど感情がどうこうと言うことはありませんでした。ただ、娘に早すぎるとか何とかブツブツ言われながらバージン・ロードを歩いた事だけ覚えています。
投稿者:irony投稿日:2007-11-23 10:33:30
結婚式の主役はやっぱり女性 結婚する男なんてただいるだけだな、やっぱり。娘を持つ父としては手塩にかけた娘がよその男に…ってのは分かる気もする  マーティンにもうちょっと弾けて欲しかった。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-05-28 14:12:30
スティーヴ・マーティンの映画の中で、この『花嫁のパパ』シリーズが一番好きです!スティーヴ演じるパパの気持ちは痛いほど分るし、結婚する娘の気持ちも十分伝わってきます。なので見ていて涙が溢れるし、見終わると幸せな気持ちにもなれます。スティーヴ映画の中でもとてもハートフルでほのぼのとした笑いなので彼が苦手な方(そんな人いるかな?)でも見やすいと思います。そして何と言ってもウェディング・コーディネーターのフランツ(フランク?)役で登場するマーティン・ショートが最高!彼のオカマしゃべりに笑わない人はいないと思いますよ!マーティンにピッタリの役だし、とてもキュートで憎めない役です!そしてスティーヴの娘役を演じるキンバリー・ウィリアムズはとても可愛いし、妻役のダイアン・キートンもホント素敵です。そして息子役のキーラン・カルキンもまだ可愛かったです。
 私はDVDも買って家族皆でよく見るのですが、何度見ても飽きません!そして笑って感動も出来るスティーヴ映画の中でも最高傑作だと思います。まだ見ていない人には是非オススメの映画です!後、続編もかなり良いですよ!
投稿者:bond投稿日:2007-03-08 11:22:29
オリジナルのスペンサートレーシーに比較して現代風のパパで合っている。僕は息子だけだけど、娘の父親って複雑だろうなー。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-17 12:00:52
オリジナルは観たことないし、花嫁の父の経験もないが、
父親の気持ちが分かる気がした。コミカルでそれなりに楽しめた。
投稿者:ひとりの夜投稿日:2006-04-29 03:43:24
俺の中のone of the bestに入る。古いほうのやつは見たことないからよく知らんけど、スティーブ・マーティンは見事に動揺する花嫁の父を演じていると思う。

すごい、上の解説を見て腹たった。思うんだけど、解説ってもっと客観的に書かれるべきじゃないか?どうやったら解説って書けるの?上のは完璧に自分の主観が入ってる。面白くないというのは自由だけど、解説には書かないでほしい。まだ、見たことがない人がいたらどうしてもつまらないんだという先入観をもってしまうし。
投稿者:だいちゃん投稿日:2006-04-28 03:57:35
オリジナル版に忠実でありすぎて、ぜんぜんつまらない。
展開や台詞、家の構造も同じだなんて。
オリジナルをなぞれば、スペンサートレイシーとエリザベステイラーに勝てるわけないじゃん。
もっとスティーブマーチンを、弾けさせてほしかった。
投稿者:黒騎士投稿日:2005-10-31 20:59:29
【ネタバレ注意】

久々に笑って、久々に泣けた1本でした。
確かに父親にとって娘(娘に限らず、子供)は、何時までたってもおチビさん・・・それが何処の馬の骨とも知れぬ輩にさらわれていく・・・想像しただけで馬鹿親の私はどうにかなりそうですね。
披露宴の終わった我が家で、父はどんな思いだったのか・・・深く考えれば考えるほど・・・自分の将来が怖くなる・・・

投稿者:まさのば投稿日:2003-09-08 00:12:37
スティーヴ・マーティン の映画は1本見るとフアンになると思います。
良きアメリカ人というか、とにかくいいです。そんなにアドベンチャーしているわけでは無いのですが、ハラハラしますね。切れてぶちこわしにしてしまうのではないかと。こうゆう他愛ない内容で見せるのはホント実力がいると思います。チャンスがあればぜひみてください。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ブレイクスルー演技賞キンバリー・ウィリアムズ 
 □ コメディ演技賞スティーヴ・マーティン 
【レンタル】
 【DVD】花嫁のパパレンタル有り
 【VIDEO】花嫁のパパレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION