allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハネムーンは命がけ(1993)

SO I MARRIED AN AXE MURDERER

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1994/01/15
ジャンルコメディ
ハネムーンは命がけ [DVD]
参考価格:¥ 1,512
価格:¥ 1,129
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ウェインズ・ワールド」のウェインことM・マイヤーズが“結婚恐怖症”の独身男に扮する、ちょっとニューロティック・スリラーのパロディめいた奇妙なコメディ。シスコのJ・ケルアック通りのカフェでバンド演奏をバックに自らの詩を吟ずるチャーリー(マイヤーズ)は、親友の警官トニーに自分の女運の悪さをつくづく嘆くが、肉屋“世界のお肉(ミーツ・オブ・ワールド)”を一人で切り盛りするハリエット(N・トラヴィス)に一目惚れ。武道をたしなみ、ロシア語に堪能な素敵な彼女とだったら結婚も……そう思い連れてきた両親の家で母愛読のタブロイド紙を読んだ彼は驚いた。連続殺人鬼についてのその記事はハリエットに当てはまることばかり書いてある。まさか……と思いつつ疑心暗鬼の彼をトニーは被害妄想だと相手にしない。思い直した彼は得意の詩の朗読でプロポーズし、めでたく結婚。新婚旅行は田舎の古いこぎれいな小ホテルでムード満点。ところが風雲急を告げる嵐に、一転、不気味さがあたりを覆ってきた時、彼に危機が迫る……。明らかに見苦しいギャグと、先の読めるストーリーにも関わらず、どこか魅力的なのは演出(佳作「ミス・ファイヤークラッカー」のT・シュラム)のせいなのか。それも釈然としない。歴史的建造物に手を加え、ホテルに見せるなど、プロダクション・デザインにはセンスを感じた。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-12-25 02:45:40
大好きなマイク・マイヤーズの主演作なので前々から気になっていた作品です。やっと中古ビデオで発見し買って鑑賞しました。いやいや本当に面白い映画です!もうとにかくマイクが素敵!彼の爽やかで優しい演技と所々にある彼らしい笑いのセンスはとっても見やすくて、特に2役こなしている所には『SNL』時代の彼を思い出しました!
結婚相手というか恋人が殺人鬼かもしれないと悩みまくるマイクの姿がとっても可愛らしい。それに相手役を演じたナンシー・トラヴィスもやっぱり素敵で肉を切るシーンなどはちょっぴり怖かったりして見事!ラスト近くにはハネムーンで来たホテルでハラハラドキドキのサスペンスフルなシーンが登場し見応えたっぷり!でも見終わるとスッキリして後味も良いちょっと変わってて貴重なマイクのためのロマコメという印象でした。
最初のデッカイコーヒーカップはそんだけしか洗わないの?と思いつつ、そのカップの泡と共にマイクの元へカメラが行くのも好きだったし、その後にマイクが音楽に合わせ詩の朗読をするシーンもとっても素敵でした。ナンシーとマイクのデート場面も綺麗だったし、アマンダ・プラマーのちょっと不気味な雰囲気も良いです。
他にも『ホーム・アローン2』でハトのおばさんだったブレンダ・フリッカーがマイクの2役もあって彼の母親で妻という面白い役を披露しているし、後半にはあの素敵なチャールズ・グローディンがあの顔で少し登場してくれるのでもう涙が出るほど嬉しかったです。
何にしてもマイクが普通な感じで輝いた貴重で大変な“ハネムーンは命がけ”ロマコメ映画。なので彼のファンである私にはやっぱり嬉し過ぎる作品だったし、これからも何度も何度も見たい映画です☆
【レンタル】
 【DVD】ハネムーンは命がけレンタル有り
 【VIDEO】ハネムーンは命がけレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION