allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パブリック・アイ(1992)

THE PUBLIC EYE

メディア映画
上映時間99分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1993/09/18
ジャンルサスペンス

【解説】
 『裸の街(NAKED CITY)』という写真集の傑作を生み出した写真家、アーサー・H・フェリグ、通称ウィージーの生涯を描いた映画。真実をとらえた自分の作品を一冊の本にするのを夢みている孤独なアーティスト、バーンジー(ウィージー)。しかし彼の写真を芸術と認めてくれる出版社はなかなか見つからなかった。そんなおり、高級クラブの未亡人オーナーに仕事の依頼を受けたのをきっかけに、彼はある大きな事件に巻き込まれてゆく……。よく練られた脚本、シブイ演出、まさに大人の鑑賞に耐えうる見応えのある作品。かと言って、決して堅い映画ではなく、映画本来の魅力十分のフィルム・ノワールの傑作。中でも、主役のジョー・ペシの演技は絶品もの。そして、この映画の作品世界を構築している40年代の雰囲気を再現している美術もお見事と、言う事ナシの1本。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-14 00:40:42
ジョー・ペシのファンなので中古ビデオを買って鑑賞しました。本作を見ていて何よりも感じたのは、ジョー・ペシってこんなにカッコよかったかな、ということです。真面目で真実をありのままに撮るカメラマンを本当に見事に演じていて、もう惚れ直しました☆それに解説が本作を褒めまくっているのもやっと分かった感じです。そして40年代の雰囲気は確かに見事ですね!美しいし、引き込まれました。
バーバラ・ハーシーもなかなか美しくて、バーバラを想うペシの表情や行動も感動的で深い愛も感じ取れました。後、スタンリー・トゥッチが素敵でしたね!まだ髪も多かった(?)し、少々可哀想な役にも感じましたが、やっぱ素敵でした!
ラスト近くでペシが命がけで写真を撮り続ける姿には感激したし、その後の彼の表情も忘れられないものとなりました。とにかくまたもや思っていた以上に見やすくて素敵な作品に出逢えたことが本当に嬉しいです。
【レンタル】
 【VIDEO】パブリック・アイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION