allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

意志の勝利(1935)

TRIUMPH DES WILLENS

メディア映画
上映時間110分
製作国ドイツ
初公開年月1942/03/
リバイバル→メダリオンメディア=是空-2009.8.1
ジャンルドキュメンタリー/戦争
意志の勝利 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,500
USED価格:¥ 2,034
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
312 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2012-10-04 01:30:19
レニ・リーフェンシュタールがこの作品を30歳そこらで撮り上げたのにはただただ驚嘆。ナレーションを入れずに、構図とカッティングにより盛り上がっていく様子は映像表現において一種の教科書にもなっているんでしょう。
理想を謳う総統の演説はどうもフルじゃないし、各演説者が引き立て役として描かれているあたり、これはかなりの映画です。集会でのエレベーターを使った俯瞰ショットの壮大さはやんごとない。この人数をこの規模で撮影できたのはナチス以外には今後ないでしょうな。そういう意味でも貴重な作品。
プロパガンダ映画なので評価云々は非常に難しいですが、ナチが崩壊して半世紀以上たった今、セリフが演説だけの映像を二時間飽きさせない作りは、素晴らしいといっていいでしょう。この監督が戦後自由に映画を撮れたならば、映画史は変わっていたかもわかりませんね。
投稿者:popcorn投稿日:2009-12-19 21:21:43
16台のカメラにより撮影された、60時間にを超えるとされる素材。そのスケールは、現在の基準に照らしても、並のドキュメンタリーではない。

多用されるカットバック、フェード・アウト、オーバーラップ、印象的なシルエット、ルイトポルトハレ公会堂において、ナチ党(国民社会主義ドイツ労働者党)幹部を紹介する凝ったテロップなど、本作は技巧の宝庫だ。

アドルフ・ヒトラーの、「まず 平和を愛することだ」といった白々しい演説に嵐のような歓声を上げる党員の映像は空恐ろしいが、やはり、ヒトラーは演説の名手。(でも、よく観察すると、チラチラと演台のカンぺに視線を落としているのが確認できる)。民族差別的な発言も聞かれず、ハデな身ぶり手ぶり、独特の抑揚には、思わず引き込まれる。

ニュルンベルグ旧市街での、SA(突撃隊)や、SS(親衛隊特務部隊)の一糸乱れぬ、グースステップによる、大パレードは整然としており、成程、これを観た多くのドイツ人は誇りと憧れを、外国人は、畏怖の念を抱くであろうと想像するに難くなく、プロパガンダとしての効力を実感させられる。(しかし、クライマックスにしても、少々、長過ぎてダレる)。

レニ・リーフェンシュタールは、本作により、ナチズムの協力者とのレッテルを貼られてしまったが、オープン・カーでパレードするヒトラー、熱狂する民衆のカットバックの中に、無関心な様子で窓辺で横たわる猫、無表情な人物の姿もあり、レニ・リーフェンシュタールの姿勢の現れと受け取れないこともない。

それはそうと、ヒトラーのアホ毛と、副総統、ルドルフ・ヴァルター・リヒャルト・へスの繋がり眉毛が気になるのは僕だけ?
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-09-22 21:56:52
ヒトラーを扱ったドキュメンタリー番組ではほぼ100パーの確率でこの作品の映像が使われています。それだけこの大胆かつ大仰な映像はインパクトあるからです。冒頭の飛行機によるヒトラー到着から、オープンカーに立って市民の歓呼の声を受けるシーンは、ヒトラーを救世主に見せかけた、プロパガンダならではの異様さに溢れています。
彼等の演説を聴いてるとあまり反ユダヤの言葉は聞こえて来ませんが、オリンピックを控えてたので、外国の映画祭に出品する為にカットしたのかもしれませんね。
私が観たのは輸入版でしたが、やはり国内版を発売して欲しいです。需要が無さそうですが。

追記 12-12-23
入手した国内盤DVDを初めて観賞。短編「自由の日」も入ってたのが良かった。
投稿者:Bava44投稿日:2005-11-18 21:52:42
ヒトラー、兵隊、老人、子供、民族衣装を着た人、若い女、鉤十字等を上手く配置しており、
ナチス好みの「健康で美しい」ものがたくさんある。そして行進するナチスの圧倒的な格好良さ、
魅力。それに対して笑顔で栄光を祝うように右手を挙げる一般の人々。スゴイ!・・・
投稿者:Longisland投稿日:2001-02-11 00:01:24
ナチの党大会の記録映画です、ナチの引き起こした残虐行為・狂気はもちろん知っています、ヒットラーについても同様です。
しかし、映画・映像として美しく白黒の持つシャープな映像、巧みな編集は純粋に映像芸術としてトップクラスの作品ではないでしょうか。
映画・映像作家の思想(レニはナチではないと思うけど)を取り上げる人がいることも、そのような映画に対するアプローチがあることも十分に理解しますが、この作品の美しさは否定できないと思います。
とは言いながらも反論恐いな・・・・・
変なメール送ってこないでね。(でも自分の意見だからアドいれとこ)
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】意志の勝利2010/01/29\4,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION