allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パリの大泥棒(1966)

LE VOLEUR
THE THIEF OF PARIS

メディア映画
上映時間120分
製作国フランス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1967/12/23
ジャンルサスペンス
パリの大泥棒 [DVD]
USED価格:¥ 5,790
amazon.co.jpへ

【解説】
 富豪の家に生まれながらも、腹黒い叔父の奸計によって全財産を奪われた少年が、長じてスゴ腕の大泥棒になる。彼は従妹と共に、叔父の財産を奪う計画を立てる……。犯罪ゲームをコミカルに描いた冒険活劇。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
418 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2008-11-05 10:00:36
とぼけた笑顔で物静かなベルモンドがいい。ある意味メインテーマはリベンジではなかろうか。ほとんどBGMが無いのが印象的。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-11-05 01:59:58
作品全体の雰囲気が大人びているのでコメディ色が弱い印象を受けました。
正直なことを言ってしまえば、それほど面白いと思える脚本でもありません(爆)
役者さんや演出は素晴らしいと思うのですが、全体的にもう一押し足りない感じなんですよ。

ジャン=ポール・ベルモンド扮する泥棒の洗練された身のこなし、それに似合わない大胆な手口は味があってイイのですが・・・あまりにもクールなので心情が全く伝わってこないのがイタイ(汗)
主人公を含め、もっと叔父さんや従妹、夫人などの思惑・魂胆を描いてくれていれば華麗な展開を楽しむ事が出来たかもしれません。
どこからが主人公の計画だったのか、どこまでが主人公の本心なのかがイマイチ掴みにくいんですよね。
折角ユニークな設定だった神父もほとんど見せ場がないし・・・。
面白みのある様々な人物(キャラクター)が登場するものの、全て軽く触れているだけなのが残念ですね。
やりようによっては、お洒落な復讐劇になったハズ。

派手さや緊張感は一切ありませんが、終始落ち着いたタッチで描かれる作風は悪くないので口惜しい気分です。

個人的難関:登場する女優さんは皆さんキレイで申し分ないのですが、いかんせん見分けがつきにくい(笑)
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-01-09 11:10:32
20世紀の初頭のパリを舞台に、泥棒という天職に目覚めたジョルジュ・ランダル(ジャン・ポール・ベルモンド)を描いた作品。
フランスで泥棒、といえばルパンが即座に思い浮かぶが、かつてはまさに“職業”としての泥棒があったようで面白い。目的はそれぞれ異なるが、胡散臭い男たちが不思議な連帯感を抱いて協力し合う姿は、まるで泥棒組合とでも呼びたくなる。

決して笑わないジャン・ポール・ベルモンドが、品位を失わない泥棒を好演。
暗闇の中で輝く宝石を見つけ、手にとったときの重みを感じたとき、生きていると感じる・・・と告白する主人公。だが彼は同時にそのあと虚しさのどん底に落ちる。富める者と持たざる者とが二極化する理不尽な社会のありようの中で、彼ら泥棒は「アナーキスト」のような存在だ。敢えて「ゲームの規則」を破る者たち。しかしその一方で彼は警察に簡単に射殺される泥棒仲間をも目の当たりにする。

タイトルからつい華麗なるアクションや義賊ぶりを期待してしまうのだろうか、公開当時は(いや、今でも)批評家からも観客からも酷評だったようだが、どうしてどうして私は面白く観た。反政府運動が激しかった60年代半ばのフランスの空気を反映していると思う。
敢えていうならもう少しハラハラ感があっても良かったとは思うが、説明を排し、BGMすら拒否したルイ・マルの野心が隠された作品だと思う。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-11-28 15:37:44
泥棒稼業がテーマなので一般受けはしないかも知れませんが、私は面白いと思いました。始めにジャン・ポール・ベルモンドが空き巣に入る所から始まり、すぐカットバックに入りますが、その内に現在なのか過去なのか良く解らない進行になります。それでも、ずっと盗みのシーンが続いているので、それはあまり関係ありません。
この作品で変わっているのは、BGMを一切排除していることで、それが雰囲気作りに寄与しています。中盤から多少単調な感じもしますが、盗みにだけしか生き甲斐を感じなくなった男をベルモンドが、うまく演じています。
投稿者:Bava44投稿日:2005-06-05 01:17:32
ルイ・マル自身「鬼火」同様自分らしい作品と言っているので商業主義への寝返りではないでしょう。
優れたスタッフ・キャストに対して、資金源のユナイトが自由に作っていいと言ったためできた秀作。
しかし、批評家受け、興行ともにコケたので今ではマイナー映画。

おかげで最近CSで見て、あまりの画像の悪さにショックを受けた。DVD出して〜。

追記
dvd購入しました。アリガト。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】パリの大泥棒2006/05/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】パリの大泥棒レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION