allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

遥かなる大地へ(1992)

FAR AND AWAY

メディア映画
上映時間140分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1992/07/18
ジャンルドラマ/ロマンス
それぞれの夢を追い求めて 二人は旅立った…
遥かなる大地へ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,373
amazon.co.jpへ

【解説】
 クルーズ夫妻が共演したことでも話題を呼んだ作品。19世紀末、西アイルランドの農家の主が地主へのデモに巻き込まれ死亡する。敵を討つべく単身屋敷に乗り込む無鉄砲な息子だが、そこで美しい娘と出会い、いつしか二人は自らの土地を手にいれるためすべてを捨て遠い国へ旅立つ。開拓時代のアメリカを舞台に、移民してきた二人の愛と夢をR・ハワード監督が美しい映像と共に詩的豊かに描き、忘れられたアメリカン・ドリームを彷彿させるサクセス・ロマン。
 19世紀末、西アイルランドの片田舎で家族とつましい生活を送る青年ジョセフ。ある日、農家たちによる地主への激しいデモが起こり、彼の父がその騒動に巻き込まれた末に命を落としてしまう。ジョセフは地主のもとへ復讐に向かうが、そこで美しい娘シャノンと出会い、やがて2人は自らの土地を手に入れるためアメリカへ渡るのだった。行く先々で様々なトラブルに見舞われながらも夢に向かって歩み続けるジョセフとシャノン。そしてジョセフは、いよいよ土地獲得をめぐるランドレースに挑むのだが…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
961 6.78
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2014-08-23 09:45:11
【ネタバレ注意】

 でも、馬に乗って駆けるシーンは、音楽と映像のマッチングに心が震えて、泣いたわ(安上がりなヤツ)。BD化、待ってたぜ!

投稿者:sachi823投稿日:2013-09-08 13:29:21
アメリカの西部開拓史は、アメリカ史の原点であり、
フロンティアスピリットを感じさせる秀作が多く、
本作も、そのような古典の香りを
感じさせるムードがあります。
子どもの陣取りゲームのような開拓競争があったのを
改めて知りましたが、主演2人が魅力的で
ロン・ハワードの演出も快調、娯楽作品として
上手くつくられていると思います。
獲得した土地は実はネイティブのものじゃないのか
というような疑問はあまり考えないほうがよいでしょうか。
投稿者:ローランド投稿日:2012-11-01 07:21:26
  オープニングのアイルランドの風景に、これは映画館の大画面で観たかったなって思わせられたのだけど、その後のボストンの街の雑踏や終盤に差し掛かってのオクラホマの壮大な景観に、そのなかでの土地獲得競走の迫力など、CGとは無縁の映画ならではの映像にジョン・ウイリアムズの音楽も効果的で、早い者勝ちということなら幌馬車なんぞを帯同しないで馬だけで行ったほうが有利なのにとか、言う事を聞かない野生馬が一発殴られただけで従順になるのはどうかな?とかの疑問もチラと浮かんだものの、それが些細なことと気にならなくなってしまうほどに雄大な作品です。  

  物語も良くて、富豪の愛娘でありながら冒険心に富み、ピアノ演奏を所望されてベートーベンのソナタを弾き出すがそれがいつの間にかラグタイム風な音楽になっしまう犹笋魯皀瀬鵑塀だからモダンなところへ行くの瓩反契こΔ鯡椹悗慌聴Δも気丈なニコール・キッドマンの、どうせ女の腕まくりとの軽視を覆す苦役に挑む役どころも良かったし、その父の憎まれ役であるはずの地主もどことなく愛嬌を感じさせる大らかで包容力のある人物で、見かけこそ違えど似たもの親子だなって思わせられるのだけど、娼館の女達や酒場の男達など、ほかの脇役陣もなかなか良くて作品に深みを与えています。  

  トム・クルーズとキッドマンは逢った始めから惹かれあっているのに、どちらも鼻っ柱が強くて優しい態度に出られなく、兄と妹と偽って一部屋での同居生活になってもなかなかに男と女の関係になれないのだが、思い余ってキッドマンが犹笋辰独しい?瓩汎罎鬚けてもトムのほうは精力を発散するために殴り合いに出かける始末で、 挫折して宿なしとなって寒空の下で死ぬかも知れないほどの惨めな目に遭い、留守の家に忍び込んで一息つくところでようやく牋Δ靴討い襪錙∈能蕕鵬颪辰燭△瞭からずっと瓩帆把召砲覆谿Δ鮓鬚錣修Δ箸垢詁鷽佑世韻鼻△修海眥匹錣貊討之發燭譴董ΑΑΑΔ函波乱万丈刺激的、それでいてユーモアもあり退屈な場面は一切なく物語りが進行します。  

   始まって間もなくニコール・キッドマンが、怪我をして裸でベッドに横たわるトム・クルーズの股間を覗いてオオゥとでも言うようなニッとした嬉しいような、さすがは役者さんだと思わせる表情をするのだけど、何のことはない、この当時は夫婦だったんで、何度もリハーサル済みというか日常やっていることなのではないか・・・・(笑)。
投稿者:nabeさん投稿日:2012-09-16 20:38:21
T.クルーズ、N.キッドマン夫妻主演の西部開拓史である。
アイルランドの貧しい男と、裕福だが落ちぶれた女がアメリカに渡って一攫千金を夢見るが、そうは簡単にはいかず、幾多の試練が待ち受けている。二人はそれを乗り越え強くたくましく成長し、やがてアメリカン・ドリームを実現する・・・という物語に、T.クルーズとN.キッドマンはぴったりはまっている。やっぱりこのような雄大な作品には、トップスターが不可欠なのだ。
アイルランドからアメリカの西部にわたる景色がとても美しく、ロマンチックである。ラストの土地獲得レースのシーンは、奇兵隊の合戦さながらの迫力だ。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-11-15 02:38:29
1800年代後半、アイルランドから渡米した若者の姿を描いた恋愛ドラマです。

兄妹と偽り同居する事になる二人のやり取りがイチイチ面白かったですし、じれったい恋愛模様も可愛くて微笑ましいですね。
農家の息子と地主の娘という身分の差を使った設定はベタですが、育ちの違いを上手く生かしていてクスクスできました。
二人が惹かれあっていく過程も無理がなくて好感が持てます。
貧困や差別といった当時の実情や過酷な生活を描いたドラマ部分とロマコメのような軽さのバランスが絶妙でした。
土地争奪戦も興味深くテンポも速いので、2時間超えの作品とは思えないほど長さを感じずに鑑賞できました。

若盛りのトム・クルーズは感じが良く、頼れる男っぷりも魅力的ですしボクシングシーンは心酔モノです(笑)
でも、一番のお気に入りは荒馬を乗りこなすトムクルの勇姿ですかね。
やはりイイ男には馬が似合うのでしょう。
ニコール・キッドマンもゴージャスですし、洗練された魅力はお嬢様にピッタリでした。

アイルランドやオクラホマの景色など自然の雄大を味わえる映像も要チェックです。
衣装やセットだけでなく生活スタイルに時代感を感じさせる演出も素晴らしかったですね。
アイルランド時代のことを伏線にしたようなお茶目な演出もGOODでした。

開拓時代を描いた作品特有のスケール感と娯楽性が融合された作風なので、それほどインパクトのある作品では無いですが観て損なしだと思います。
ラブストーリーに関しては王道パターンですが、嫌味じゃない爽快感がなんとも心地よいですよ。
とりあえず、トムクルが大好きな方にはオススメです。
投稿者:bond投稿日:2010-10-24 19:33:44
成る程、こうしていろんな移民がアメリカに来たのね、マア、スタンダードな冒険ドラマね。
投稿者:uptail投稿日:2010-05-10 18:19:33
ニコール・キッドマン
投稿者:namurisu投稿日:2010-03-02 10:24:42
このカップル、身長が不釣合い。
投稿者:gapper投稿日:2010-03-01 19:44:49
 西アイルランドからオクラホマの土地獲得レースへの物語。

 最初の舞台は1892年の西アイルランドの痩せた土地でスコットランドの音楽に似た音楽で始まる。
 主演二人の性格描写がここで行われて、後の展開の布石となる。
 二人は別の理由で”遥かなる土地”を目指しアメリカへ旅立っていく。

 なかなか良いのだが、ジョセフ(トム・クルーズ)が領主ダニエルを殺しにいくというところやシャノン(ニコール・キッドマン)のおてんばでモダン好きの性格など説明的というか”作られた”とか”用意された”という感じがあり一級品というのには少し抵抗がある。
 着いたボストンでの出来事もありきたりといえばありきたりだ。
 「新スター・トレック」や「スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン」、「スターゲイト:アトランティス」などのTVドラマで知られるコルム・ミーニイが出ている。
 悪役で演技の幅を広げているのは、ファンとして嬉しいところだ。

 風景の取り方もよく「去り行く男」を思い出す。
 色味が自然すぎて、好みとしては落ちる。

 監督のロン・ハワードは、俳優から監督、製作、ナレーションと幅広く活躍する人だがあまり意識していなかった。
 もっと評価すべきと反省する。

 「三悪人’26」でも土地獲得レースがあったが同様に激しいものだ。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-04-13 18:04:17
【ネタバレ注意】

主演が豪華で見ごたえもあるし、開拓時代のアメリカへ掛ける夢、希望を泥臭さと共に魅せてくれる。   アイルランドから出てきた世界を知らない二人の若者の鼓舞奮闘振りにワクワクしてしまう。   自分の土地を手に入れる大きな夢を見ながらも手前の強欲に飲み込まれそうになるジョセフ。 お嬢様なのにストッリプをしてまで気丈にそんなジョセフに現実を突きつけるシャノン。   人生山あり、谷ありとはまさにこの事で、浮きつ沈みつラストには念願の土地を手に入れる。   丁寧に作りこまれた感のある面白い作品。

投稿者:アインスタイニウム投稿日:2009-03-18 17:20:53
作品ですね。ニコールはめちゃかわいかったです。二人の新天地への期待がよく描けているというのは共感できます。また、最後の馬のレースシーンは迫力があってよかったです。その前にいきなり8ヶ月もとばしちゃうのには少し抵抗がありましたが。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-07-22 11:57:50
前にテレビで何気なく見た作品です。結構面白かったです。
この頃、夫婦だったニコール・キッドマンとトム・クルーズの共演という時点で何とも素敵な作品です。2人の息はピッタリだったし、物語も素晴らしかったので、最後まで十分楽しめた記憶があります。
それにしてもニコールはマジで綺麗ですね。もう本当に美女としか表現のしようがありません!
投稿者:とろりん投稿日:2006-09-07 09:30:51
中学?の時にこの映画を見てすごくよかった記憶があります。二コールキッドマンがほんと綺麗だった…(この時はそこまで有名じゃなかったかな)
役者個人というよりもこの映画全体のストーリーがよくできてるな〜という印象があり、見終わった後とてもいい感じが残りました。今の映画と比べれば技術的にいろいろ劣るのかもしれないし、ありきたりなのかもしれないけれど当時とても好きな映画でした。

素直に見てよかったな〜と思える作品でした。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-27 21:32:17
・・人間、気が大きくなってくるのは古今東西を問わず大差ないようで、この作品、2人のためのアイドル映画?となっております。
若気の至り、ここに見たり!
2点。新天地への期待の大きさは、よく描かれていたと思います。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト音楽賞 「Book of Days」
□ アクション・シーン賞 オクラホマの土地獲得レース・シーン
 □ コンビ賞トム・クルーズ 
  ニコール・キッドマン 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION