allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バルスーズ(1973)

LES VALSEUSES

メディア映画
上映時間119分
製作国フランス
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1975/10/18
リバイバル→ケイブルホーグ-95.5
ジャンル青春/ドラマ
どのみち人生 男と女!くどくど言わずやるこたぁひとつ-- そこから生まれた真実だけが俺たち〈人呼んでキ○○マ野郎〉が求める青春だ!
既成のモラルを根底からくつがえしたこの鮮烈な生き方に大人たちは真っ青!本場フランスでは「エマニエル夫人」と人気を二分した衝撃の話題作!
バルスーズとはフランス語で“睾丸”すなわち男性のキ○○マを意味するスラング
バルスーズ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 5,100
amazon.co.jpへ

【解説】
 奔走なI・ユペールの肢体を、逞しいドパルデューを日本のファンにも決定的に印象づけた、ヌーヴェル・ヴァーグ以後、最も衝撃的なフランス映画。実際、あの「禁じられた遊び」のB・フォッセー演じる若妻が列車内で強姦される場面や、長い刑務所生活で生理も終り、絶望の中、主人公らと交わった後自殺する(それも凄い方法で!)J・モローの中年女など未だ鮮烈に脳裏に刻みつけられている。題名は睾丸を意味する隠語で、本能の命じるまま、気の赴くままに放浪生活を続ける二人の男をドパルデューと'82年に自殺したP・ドヴェールが演じ、ミュウ=ミュウが彼らと行動をともにする不感症女に扮している。ユペールの役は旅の途中出会う反抗期の少女で、自ら彼らとのセックスを望む(淫らにワンピースを着こなしほとんど半裸であっけらかんと迫るのだ)。監督ブリエはこの頃に較べれば、ごく穏当な映画を作るようになった(時代が追いついたのか?!)。S・グラッペリの軽快なジャズ・ヴァイオリンも印象的である。
<allcinema>
評価
【関連作品】
禁じられた遊び(1952)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
324 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-01-13 22:14:32
【ネタバレ注意】

多分、死ぬんじゃないか?
女性がどうの…ってんじゃなくて(そもそも脅しか金か嘘[サービス…逆な意味でも]か好奇心[反抗?]だろ?)、人を呪わば穴2つ…ってか…コイツらそもそも何か人が価値を認める事を成して、その価値に等しい報酬を得るという発想がない。
自業自得な境遇も全て他人のせいにして常に不平を感じてるだけ…でないと犯罪者にはなれないのかもだが。
アイツらと関係のない所で不感症が治った女(散々ひどい仕打ちをしてるが)に、ここで別れよう、などというちょっとした感情(良い娘だと解ったので「不運」な俺たちに巻き込まないでおこう)は持ち合わせてるかに思えるが…そもそも不運でもなんでもないのだが。
彼女が絶頂を知って池に投げ込まれるシーンが楽しいっちゃー楽しいかもだね。

ラストのファミリーは、名前からして多分そうなのかね?(正にお嬢様であった訳だ)〜って計画のない行動による偶然の関連〜そして結果、因果応報ってか、ラストのカーブの多い道路を走ってる彼等をぼんやり観てたら「!〜あっ、シトロエンかっ!」ってなった…いやそうだとハッキリ描いてないのだが。なので多分…ってわけ。ドラマはトンネルに入ってブラックアウト…先は解らないっていえば、解らないんだけどね。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-06-14 05:07:57
随分と女性をバカにしてる映画である。大抵の女は二人の男に惜し気もなく股を開くが、個人的には全然のれず、30分ごとに休憩を取らなきゃ最後まで観れない位退屈だった。よって無星。列車内でオッパイを吸われるB・フォッセーの表情は確かにそそられるが。
投稿者:ファルド投稿日:2004-01-07 21:36:26
個人的にはなかなか面白い作品でした。ただ、かなり下品なのでダメな人はダメでしょうが・・・。悪タレ二人組のチン道中という感じだが、結構下ネタのジョークが笑えましたね。エロシーンも多くあるが、列車で乳をやっている女(B・フォッセー)に絡んでいってジャン・クロードに乳を吸わせ、吸われている内にだんだん感じてきてしまう彼女が結構エロかった。でも何と言っても不感症女役のミュウ=ミュウが絡んでくるエロシーンがいいね、彼女可愛いし。不感症の彼女相手に男二人が交代でガンバルところやジャックがしたら感じたなんて辺りは会話と共に可笑しかったです。
投稿者:ほへ投稿日:2002-12-02 18:07:48
いい映画だなあと思うけどひょっとしたらあのメランコリックな音楽にダマされてるのかも。内容はかなり無茶苦茶です。
フランス映画らしい大胆な性描写とハリウッド映画的なスタイリッシュで分かりやすいコメディセンスがうまく融合してると思う。それでも鑑賞者を選んでしまう映画かな。ちょっと勿体無い気もする。
投稿者:プリズム5投稿日:2002-11-15 04:53:35
フランスにいるとき何気なくテレビ(国営のFRANCE2だった気がする)で見ましたら結構衝撃的でした。「俺たちは天使だ」のビデオのCMのドパルデューを思い出しましてよりショックでした。けど好きな映画です。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-23 00:22:59
ドパちゃんが若い!おまけにスリム!不良青年2人の珍道中。米版DVDで観たため
台詞は仏語、字幕は英語。だから、ストーリーはすべて理解できなかったけど。
ミュウ・ミュウ(猫?)が凄く良いです。あと、B・フォッセーも美しい。
ジャンヌ・モローは流石に大女優の貫禄で、印象的でした。
投稿者:ルミちゃん投稿日:2001-11-01 15:01:05
男と女(男と男も)Hしたかったらいっぱいしよう.
でもHすること自体には何の価値もない.
何か価値があるとすれば、好きになって互いに互いの幸せを願うこと、
皆の幸せを願うことにある.
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バルスーズ2005/08/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】バルスーズ1998/10/25\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】バルスーズレンタル有り
 【VIDEO】バルスーズレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 バルスーズ/カルモス 【DSDリマスタリング】
新品:¥ 2,160
2新品:¥ 2,145より   2中古品¥ 1,396より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION