allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

春の珍事(1949)

IT HAPPENS EVERY SPRING

メディア映画
上映時間87分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1950/04/11
ジャンルコメディ/スポーツ
春の珍事 [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 3,998
USED価格:¥ 5,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 野球映画の珍品で、R・ミランドの化学教授が偶然に木に反発する薬を発見して、これをボールに塗ることで一躍名投手になり、からくりを知らぬ大リーグ・チームにスカウトされ、魔球を放る--と大評判になる。捕手役はいかにもごついP・ダグラスで、彼がその薬をヘアトニックと間違え、時々失敬していたことからおかしな騒動が起こる。ミラクルの力を借りた野球ものは数多いが、ここまで安直なのも珍しく、かえってすがすがしい。バットをボールが避けていく特撮が、今にすればチープで、とても笑える。監督はそもそもコメディアン出身で、ミュージカル・コメディに大いに腕を揮ったL・ベーコン。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2003-02-21 21:55:22
兎に角、面白い映画でした。ロイド・ベーコンの手腕もあると思いますが、レイ・ミランドもその役をうまく、こなしていました。この年、アカデミー原案賞にノミネートされたけれども、同じ野球映画の「甦る熱球」(ストラットン物語)が受賞したことは気が附きませんでした。教育的な意味では劣るかも知れませんが、私ならこちらに軍配を上げたい位です。
大分、前ですがプロ野球の、あまり強くないチームが春先に連勝した時、新聞に「春の珍事」と見出しに出たことがあって、忘れかけてていたこの映画の事を思いだしました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 原案賞シャーリー・W・スミス 
  ヴァレンタイン・デイヴィス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】春の珍事2013/12/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】春の珍事レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION