allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バロッコ(1976)

BAROCCO

メディア映画
上映時間108分
製作国フランス
公開情報劇場公開(シネマテン)
初公開年月1990/11/03
ジャンルサスペンス
愛は最も美しい犯罪の手段
バロッコ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 5,980
USED価格:¥ 2,639
amazon.co.jpへ

【解説】
 まだ初々しいアジャーニ、19歳の作品である。共演のドパルデューも若々しくほっそりしている。それぞれ、片や「アデルの恋の物語」で、もう一方は「1900年」で若き天才の名をほしいままにしていた頃だ。このセリ・ノワール(暗黒映画)はテシネのヒッチコキアンぶりを如実に示す凝った語り口で、赤い窓のアムステルダムを舞台に名匠P・サルドのスコアが画面を切り裂くように流れ、幻惑的なスリルを現出させる。
 選挙戦さなかのアムステルダム。ボクサーのサンスンは有力候補者との過去のホモセクシャルな関係をネタに、選挙妨害に加担、巨額の報酬を得るが、彼を追ってきた謎の男に殺される。恋人ロールは事件を追い、実は彼を殺した男が彼と瓜二つであると知り、めまいのような戸惑いを覚える……。
 濡れたような闇を捉えるニュイッテンのカメラ、豪華な助演陣も特筆すべき出来。ことに人のいい娼婦ネリーのM=F・ピジェは素晴らしく、彼女はこの役でセザール賞を受けた。
<allcinema>
評価
【関連作品】
アデルの恋の物語(1975)
1900年(1976)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Laetitia投稿日:2005-11-14 04:34:35
劇場で観ましたが、一緒に行った友人は途中で寝てました(笑)。テシネの映画は主人公よりもエキセントリックかつ生き生きした脇役のキャラクターたちが面白く、ここでもマリー・フランス・ピジェが印象的。ビデオを今度見直してみます。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演女優賞マリー=フランス・ピジェ 
 ■ 音楽賞フィリップ・サルド 
 ■ 撮影賞ブルーノ・ニュイッテン 「一番うまい歩き方」に対しても
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バロッコ2003/02/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】バロッコ2000/10/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】バロッコレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION