allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バロン(1989)

THE ADVENTURES OF BARON MUNCHAUSEN

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COLTRI)
初公開年月1989/06/24
ジャンルアドベンチャー/ファンタジー
ブルーレイ2枚パック  バロン/フィッシャー・キング [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 2,210
amazon.co.jpへ

【解説】
 『ほら男爵の冒険』として知られる、ミュンヒハウゼン男爵の奇想天外な活躍を描いたファンタジー。T・ギリアム、E・アイドルといった“モンティ・パイソン”シリーズの面々が、シュールなギャグに乗せておくる。中世のドイツ、少女にせがまれた男爵が、襲い来るトルコ軍を撃退するために、昔の仲間を探しに旅立つ……。あまりに巨額の製作費の為、ギリアム作品としては「未来世紀ブラジル」に続いて興行的に大失敗に終わった作品だが、そのユニークな絵造りと面白さは稀有なものだ。美しい映像の中、繰り広げられる奇想天外の様々な冒険。月への冒険や、巨大な貝殻の中から出て来たユマ・サーマン扮する美しい姫との幻想的なロマンスなど見どころは満載。韋駄天、怪力、千里眼に耳の秀れた小人など、家来たちも個性いっぱいでひたすら楽しい。派手なスペクタクルも描かれ豪華さが最後まで絶えない最上の夢物語を作り上げている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
未来世紀ブラジル(1985)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A未来世紀ブラジル (1985)
[002]Aフィッシャー・キング (1991)
[003]Aシザーハンズ (1990)
[004]Aアメリ (2001)
[005]Aファーゴ (1996)
[006]Aロスト・チルドレン (1995)
[007]A時計じかけのオレンジ (1971)
[008]Aパルプ・フィクション (1994)
[009]Aデリカテッセン (1991)
[010]A12モンキーズ (1995)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19146 7.68
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ringoringo投稿日:2015-10-07 16:35:26
【ネタバレ注意】

壮大な法螺話を映像化していて面白い。
現実、芝居、空想の世界を滑らかに転換する様は素晴らしい・・・

少女役の子がとても可愛らしい。

ヴィーナス役の人は綺麗だなぁ〜と思ったら、ユマ・サーマンだったのですね・・・

興行的にヒットしなかったのが、不思議です。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 03:48:17
普通のファンタジーで終わらせない所が良い。
投稿者:scissors投稿日:2014-08-30 07:19:25
公開当時、宣伝に釣られてわざわざ片道一時間かけて見に行ったけれどもあまりのつまらなさにガッカリし、帰り道、子供心に「映画なんて映画館まで行って観るもんじゃねぇな」と思ったのを覚えている。
映画の内容は全く覚えていない。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-24 18:43:03
すんごい世界なんだけど結構“軽い”作り。
笑えて嫌いな作品ではないんだけどね、
映画としての重みがちと不足したかなぁ。
ロビン遊びすぎ。ユマはきれい。
投稿者:なちら投稿日:2009-12-30 17:26:57
ギリアムだから覚悟して挑んだのに、なんか普通だな。

バロンが大砲に乗って行って帰ってくるギャグや、
バートホールドの活躍が誰にも見えてなかったギャグなんて素直に笑える。
モンティパイソンは見てないのでそれ以外の映画に限っての事ですが、素直なギャグが盛り込まれている事に驚き。
仕組まれた悪魔的退屈感を想像してたが、これなら子供も見られそう。

英雄は目立つから処刑だなんて凄く面白い。そういう皮肉をもっと引っ張って欲しかったかもしんない。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2009-02-14 16:21:40
「バンデットQ」「未来世紀ブラジル」の後を受けて、いよいよギリアムはその集大成ともいうべき大作を作り上げた。
ロトゥンノのキャメラ、ダンテフェレッティの美術・・・こうしたイタリアのマエストロによって展開される映像美は正にフェリーニ的な壮大さで息を飲む。しかし、肝心のシナリオの散漫な蛇行振りに輪をかけて、こうした作品には何よりも必要とされるはずの強靭な演出力・統率力がギリアムに欠けており、どうにも中途半端になってしまった。
ケイメンのスコアは躍動感にあふれて聞き応えがあった。
演技陣。ネビル・ポーリー・アイドルらを吹き飛ばすようなウィリアムズの怪演に爆笑!後はリード・サーマンも悪くない。
投稿者:irony投稿日:2009-01-13 23:29:35
サラ・ポーリーの子供時代はこんな感じだったのね ユマ・サーマンはクールビューティー 
投稿者:ジーナ投稿日:2009-01-13 03:15:02
冒険家バロンを描いたファンタジーですが、もちろん監督はテリー・ギリアムですから単なるファンタジーではありません。
とても斬新な映像世界と不思議な懐かしさはテリー・ギリアム支持者なら満足できるハズだし、もしかしたらテリー・ギリアム作品BEST1になるかもしれませんね。
ブラックな笑いや一部下ネタなど想像以上にフザけた内容(パッケージからフザけてますが)でしたが、映像へのこだわりはヒシヒシと伝わります。
おそらくこのストーリーを他の監督さんで映画にしたら、恐ろしくつまらないと思いますよ。
そこがテリー・ギリアム監督の凄いトコロですよね。

バロンと少女のやり取りも、時に大人で時に子供っぽくて愉快でした。
この妙に口元が気になる少女は誰なんだ?!って思ったらサラ・ポーリーだったのね。
納得です(爆)
他にもスティングやらロビン・ウィリアムズやら豪華な出演者でしたが、正直彼らに気づける方は少ないと思います。
役者まで映像の一部にしてしまうとは、やっぱりテリー・ギリアムさんですね。

最後に・・・ファンタジー映画ではありますが、テリー・ギリアムさんですから言うまでも無く大人向けです(笑)
もちろんテリー・ギリアムさんですから万人受けも難しいでしょう(爆)

余談;バロンのキャラが「ラ・マンチャの男」を連想させた。
投稿者:ろめお投稿日:2009-01-12 22:04:32
【ネタバレ注意】

ちょっと前の「ブラザーズ・グリム」にも似てる。子供向けファンタジーのようでいて、実はエロくてシュールなタッチは大人向け。プロデューサともめようが、自分の撮りたいものを撮る。そんな監督はテリー・ギリアムとジョン・カーペンターしかいないのでは。ヴィーナス誕生のシーンは、バロン男爵でなくても、みんな見とれてしまう。後で知ったが、キル・ビルの女優と同一人物だったのか。バロンのときが数百倍いい。

投稿者:まくらK投稿日:2008-04-10 17:11:40
この作品が中途半端に終わったのはギリアムのせいではない。
プロデューサーのトーマス・シューリーのせいだ。
ヤツの導きで、費用が浮くとだまされ(実際はぼったくられた)イタリアでの慣れない撮影に望み、構想の半分も実現できなかった。
あげく途中で逃げだしたヤツのデスクには未払いの請求書がタバになって詰まっていたそうな。
ギリアムの夢をメチャクチャにしたこの最悪野朗はいまもノウノウと高額ギャラをもらって映画業界に生きています。信じられないですが。
ヤツこそ、万死に値するクソ野朗だ。本気で死んでほしい。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-03-17 22:48:57
【ネタバレ注意】

巨費と優秀な美術スタッフを動員して、子供っぽい上に話に整合性の無いアドベンチャーを作り上げたギリアムの人騒がせな情熱は、「天国の門」を撮った時のマイケル・チミノに通ずる物がある。前半の、男爵の部下がウィーンへワインを取りに爆走するシーンで、観るの止めても良かったんだけど、女の子が男爵の旅のお供になる予感がしたので最後まで観る事にした。
クライマックスの男爵ご一行の大活躍はカタルシスが得られたが、最後に男爵が死んだと思わせて、舞台オチ?になるドンデン返しは手抜きにしか見えない。最後の最後にまたガッカリさせられた。男爵が冒険をすると若返る設定はいいんだけどね。あと隠してるけどユマ・サーマンの美乳も(笑)。

投稿者:もりたまん投稿日:2007-10-07 16:52:44
こういう映画を論じる時、やれCGがどうだとか、テリー・ギリアムの他の作品と比べてどうだとか、しか語られないのは哀しいです。ジョン・ネビル演じるバロン男爵、そしてその家来たちの悲哀に集中して観ると、この映画は「老い」「老いること」に関して痛烈なメッセージをはらんでいることが分かります。誰だってジジイ・ババアになって死に近づいていく、誰もが避けられない時の流れをファンタジーにまとめあげている。その功績は凄い!。その上で、アナログな造りにこだわった作家魂を、私はリスペクトしたいです。劇場で観るのが一番!なんだけどね…。
投稿者:tomovsky投稿日:2007-06-10 23:02:58
「バンディットQ」の方がいいな。どうも、俺には理解出来ない世界観だ。キレすぎてる。笑おうにも笑えなかった。これで、120分観つづけるのは、少々退屈だったな・・・。この作品、本当の所ターゲットは子供? 大人? どっちだったんだろう? どっちにしても、ホームビデオ作として観るにはいい感じだが、映画館で観る程じゃない気がするな。セットや俳優陣は豪華だが。
投稿者:chida442g投稿日:2007-05-12 17:49:45
僕の直前の方のコメントが意外なものだったので、つい一言申したくて。ロビン・ウィリアムズにはまっていた、そういうあなたなら、そういうあなただからこそ、彼がこの映画に出演するときの喜びの深さを知ってほしいと思います。俳優としての彼、この映画にはまらずして何にはまるかってぐらいのもんなんです。俳優冥利に尽きる役じゃありませんか。しかし、テレビで見たって書いてあるのでしょうがないんでしょうが、この映画こそ、大画面と大音量のシュビドドゥビドゥ〜っって感じじゃないと活きないからなぁ。ま、しょうがないか。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-27 16:08:49
だいぶ前にテレビで見たんだけど私には全然ダメだった。こういうファンタジー・アドベンチャーってとにかく好きではない。ではなぜ見たのかと言えば当時はロビン・ウィリアムズの大ファンで彼の映画を見まくっていたからだ。でもロビンの役は変だったし、少ししか出ない。主役の人も良く分からんかったしね。ひどすぎるけど私の中では『バロン』という映画の題は禁句になっている。
投稿者:ASH投稿日:2006-07-13 22:18:19
 この頃のユマがいっちゃん好きだという人は、意外と少ない。
投稿者:イドの怪物投稿日:2005-12-05 23:08:12
思い続けた恋人の様な思いで漸く見ることが出来た。
結果は満足。
本当に楽しいファンタジーに仕上がって、CGでちゃらちゃらした画像が全盛の現在にあって実写の質感がしっかり出ていて、展開も良し、満足!
投稿者:Cinema Fan投稿日:2005-10-13 20:57:51
すばらしい映像。アメリカには無いヨーロッパ的ユーモア感覚。
同じ頃、フックが公開されていて、フックの方が観客を集めたのではないかと思うが、出来は大違いです。
DVDを何回も見ました。
昔、ハンス・アルバートの「ほら男爵の冒険」と言う映画がありましたが、残念ながら見る機会がありませんでした。
ギリアムの映画では最高の作品。グリムに期待しています。 
投稿者:Tom投稿日:2005-09-01 14:19:36
何気に凄いキャストだね。ヴァレンティナ・コルテーゼ、ロビン・ウィリアムズ、オリバー・リード、ユマ・サーマン、エリック・アイドルとか。みんないい。でも前歯の抜けたサラ・ポリーが最高だな。可愛過ぎる。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 14:29:36
ギリアムらしい。
投稿者:やんこら投稿日:2004-08-18 22:14:38
すごく力の入ったギャグシーンもそうだし、テリー・ギリアムの形容しづらい世界観といい、一度はまるととことんはまってしまう。
個性的な家来たち、ノリノリのロビン・ウィリアムス、息が止まるぐらい美しいユマ・サーマン、どれをとっても最高に楽しい。
このどこか絵画のようなファンタジー世界、ギリアム作品の中でも一、二を争うくらい好きな作品。
投稿者:並平凡投稿日:2004-05-23 15:06:48
高校生だった頃、船員の父が、海外でダビングして持ち帰ったビデオで観たのが最初。
当然字幕は入ってないので、セリフは理解不能。しかしまあ、「ほらふき男爵」の話なので、オーバー気味の演技とシンプルな展開で、あらすじは分かった。なにより凝りに凝った映像の「ほらふき」に没頭した。
映画全体の構造的なしかけも、セリフが分からないぶん、衝撃的だったかもしれない。とにかく楽しくて何度もビデオを見返したもんです。
ギリアムの映画はイギリス人らしいブラック・ユーモアがキツくて、素直に楽しめるのは、これと「フィッシャー・キング」くらいかな。
映画史上に残る大コケして、プロデューサーは泣いたでしょうが、至福の映像体験を味わわせてくれたギリアムに、私は感謝したい。
あと、前歯の抜けてるサラ・ポーリーはかわいいですね。「ゾンビ」のリメイクなんか出ちゃってますが。
投稿者:napalm投稿日:2002-12-17 22:41:09
私は映画に詳しいとういわけでは無いんですが、映画は好きです。
その私がこの映画を観たのは、たしか私の住んでいる地域の地方放送局で山城新吾さん(名前の漢字に自身が無いんですが)が夜の10時ぐらいからやってらした映画番組でした。今はもうその番組は無くなってしまいとても残念なんですが、と関係無い事をつらつら書いても意味が無い。
とても綺麗でした。
そしてとても面白い、幻想的な映画だと思いました。
あと、ちょっとでも世界史をかじっていらば面白さが倍増すると、ちょっと思います。
映画と言うか、海外の俳優さんを殆ど知らない(有名どころしかわかりません)私は、その映画に出てらっしゃった俳優さんの中で、ロビン・ウイリアムズさんぐらいしかわからなくて、「ほお、この人はこういう役もするのか!」と思ったものでした。
まあ無知は今もで、今回もあのバロンという映画は一体何やったんやろうと検索したわけです。
そして検索した今も、「おお、あの人がジョン・ネヴィル!」という有様です。
まことに恐縮で、とまた話が脱線してしまったんですが、まあそのような私がこの映画について言えることは、綺麗だったと、面白かったと、そのような月並みなことぐらいなんですが、一つ解らないのは何故あの映画が世間に知られていないのかということです。。(私が知らないだけで、この映画は物凄く有名だったりしてたら、そこらへんは素人の愛嬌ということで、笑ってやってください)
世間に知れることが良いと、全てであるというわけでは無いんですがはっきり言って、この映画はそこらの大々的にCMで宣伝される大量生産映画よりも面白い・・・筈です。
あと私が言えることは、この映画を紹介してくれた山城さんに対する感謝と、テレビの洋画劇場、ひいては地方放送局も捨てたものではないですよ、ということです。
どうも関係無いことばっかり書いてしまったな・・・
投稿者:4531731投稿日:2001-10-18 04:16:28
 アイディアいっぱいの豪華絢爛な世界が楽しい。まあ、この完璧な童話の世界の再現、実在しない世界をリアルに作り上げんとする為の試行錯誤、金銭問題の苦労等。どんなに大変だったかが「バトル オブ バロン(メイキング)」を見れば分かります。見てる分にはホントに楽しいのにね。きつそうです....
 メルヘンチックなイメージが楽しい良心的な「バロン」。少々重い「未来世紀ブラジル」よりは大人しめだが、そこはギリアム。細かいトコへのブラックな気配りはやはり忘れていない。グリム童話とかを映画化するならこうあるべき、という見本だな。ディズニーは話にならん。
 役者がまた皆一流ぞろいで、彼等の演技を見てるだけでも楽しい。ギリアムの僚友アイドル、オリバー・リードにJ・プライス。特に子役のサラが印象的でこの映画をさらに魅力のあるものにしてる。演技力は大人が顔負けするほど確かだし、そんな利発なトコを見せながらも子供らしく、表情がゆたかで可愛らしい。
 そんな彼女も今や成人して2本の映画(10分程の短編)を監督しちゃったんだから時間の流れの速さを感じさせます。「スィート ヒア アフター」でアトム・エゴヤンと仕事した関係からATOMFILMSというエゴヤンが取り仕切るサイバーシネマ系のサイトでインターネット上で監督デビューを果したのでした。
 まぁ女優としての活動が主なんだろうけど。最近でいえば「イグジステンス」にも出てましたね。最初は誰だか分かんなかったよ。
 ギリアムは個人的には「バロン」で終わったな、って感じですね。「フィッシャーキング」以降はどうもギリアムらしさってのが消えてしまったようで。後の2作もギリアムじゃなくても他の誰でも良かったんじゃないかって感じですか。
 あのキューブリックが泣いて喜んだというフレーズを頂いたギリアム初期の傑作「ジャバウォッキー」。金はなくともアイディアしだいでいいモノは出来るんだ!みたいな気合が感じられたあの頃が懐かしいっす。なんか今は金かけりゃいいみたいだもんな。モンティにいた頃の反骨精神はどこへやら。
投稿者:的木真矢投稿日:2000-05-03 07:14:20
ギリアム作品の中では、私のお気に入り上位に位置する作品です。あまり語られることのない作品ですが、ユーモアタッチのファンタジーとしては今のところ最後の作品で、「バンデッドQ]の好きな方にはおすすめです。「12モンキーズ」を求めると、ちょっとつらいですが。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 美術賞Francesca Lo Schiavo 
  ダンテ・フェレッティ 
 □ 衣装デザイン賞ガブリエラ・ペスクッチ 
 □ メイクアップ賞Fabrizio Sforza 
  Maggie Weston 
 □ 視覚効果賞Kent Houston 
  Richard Conway 
■ プロダクションデザイン賞 
 ■ 衣装デザイン賞 
 ■ メイクアップ賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】バロンレンタル有り
 【DVD】バロンレンタル有り
 【VIDEO】バロンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION