allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(1986)

HOWARD THE DUCK

メディア映画
上映時間111分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=UIP)
初公開年月1986/12/06
ジャンルSF/コメディ/アドベンチャー
ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,019
amazon.co.jpへ

【解説】
 遠くの天体を観測するために開発された高エネルギー砲。ところが思わぬアクシデントにより、遥か彼方の惑星から知的なアヒル、ハワードを呼び寄せてしまう。彼と出会った少女は、科学者の協力を得て、ハワードを元の惑星に送り帰そうとする。だが、ハワードと同時に、宇宙の深淵に封じ込められていた暗黒魔王もまた、地球に降り立っていた……。アヒルのハワードの活躍をコミカルに描いたSFアドベンチャーだが、G・ルーカスが携わった作品群の中では間違いなく最低ランクの出来。盛り上がりに欠けるストーリー&演出、笑えないギャグの数々、暗黒魔王のデザインの酷さなど欠点を挙げればキリがないが、何より主役のハワードがこうるさいだけの妙ちきりんなキャラクターがいただけない(TV版は所ジョージの吹替でまだ救われていた)。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
531 6.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-07-22 20:52:14
ストーリーを何一つきちんと覚えちゃいないけど、
人相の良くないアヒルが出てくる。

ジョージ・ルーカス製作総指揮。予算をかけてアメリカで大コケ。
ラジーをプリンス様と二分する結果に。

でも恐ろしいことに「ハワ〜ド・ザ・ダック♪」
この歌だけは今でも頭の中でリフレインしたりする。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-08 23:14:25
もの心ついて見直すと結構きびしい…。
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-22 14:02:14
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★
子供向け映画なのに無防備スケスケ下着姿!

リー・トンプソン
投稿者:william投稿日:2009-09-13 12:09:57
ルーカスとち狂ったのか!?とも思わせるけったいな作品。
そもそものところ、アヒルを主役に魔王と戦うストーリーに無理がある上、テンテコなSF描写が散見される。
作ってる途中、たぶん「やばい、失敗した!」と間違いなく思ったことでしょう。
投稿者:bread and milk投稿日:2007-09-24 02:09:47
TV放送で見ました。
所ジョージの声がハワードにピッタリでした。
動きも可愛かったです。
ただ性格・表情が生意気すぎ。チビの癖に。
リー・トンプソン、よくあんなの家に入れたもんだわ。
でも、あの倉庫みたいな部屋はアイデアいっぱいで、見てて楽しかったです。
リー・トンプソンのパンクヘア、頭でかく見えるけど意外に似合ってた。
下着姿には私も萌え。

これ、コメディですよね?
ティム・ロビンスの存在がそう主張してるように見えたけど。

ストーリーにケチつけてたらキリがないけど、ハワードとリー・トンプソンの会話が面白かったし、ラストのライブシーンがとても良かったので、後味は悪くなかった。

余談ですが、この映画、若かりしティム・ロビンスが出てるんですねー。
彼、若い頃、結構ハンサムだったんですねー。
彼が、アヒル語を喋るところもかなり笑えましたw
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-04-05 20:10:17
だいぶ前に一度見ていたんですが内容をまったく覚えていなくて、覚えていたのはハワードの顔だけでした。そして最近(?)久しぶりにテレビで放送していたので見ました。もっと面白かったイメージがあったんですが、見直してみるとそうでもなかったです。ラストに出てくる怪物とかあり得ません。でもリー・トンプソンも可愛かったし、ハワードの動きは最高にキュートだったのでそれだけでも満足です。ティム・ロビンスも面白い。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-06-14 21:22:44
ジャンルがよくわからん映画。
投稿者:fairlane999投稿日:2006-02-19 20:14:51
【ネタバレ注意】

好き嫌い、ということで「ダメ」「最低」と言っているのなら構わないけど、
評価、ということで「ダメ」「最低」と連呼している人が多いとしたら、
それこそ日本の衆愚をひけらかしているようなものですよ(笑)。

これって、ルーカスの小人趣味の極北でしょ。
R2−D2、イウォーク、ウィローときて、アヒルのハワード。
その源流にあるのが『サイレント・ランニング』のヒューイ、デューイ&ルーイ。
さらにその原点は『オズの魔法使』のマンチキン。
もともとアメリカ人は小人が好きで、マンチキンを演じた小人役者なんてVIP扱い。
R2−D2のケニー・ベイカーも、そういう背景の業界人気があるわけです。

まあ、そんなことはともかく、そういう個人的趣味で発生した作品で、それでコケたから、
ルーカスにとっては「恥ずかしい映画」になるんですな。
子供向けかと思ったら、艶笑コメディみたいな部分が多くてびっくりするのも、
ルーカスが小人を「背の低い成人」と見ていたからなんですな。
それくらい、ルーカスの小人趣味は本格的だったわけです。

でもその一方で「ちっこい奴が活躍する話」は全国共通のキッズ・アイテムで、
大人の趣味にその「キッズ」がいっぱい残っているのが日本で、
だから日本はぼろコケしないで済んだんですよ。

それで肝心の映画の中身はというと、これが結構面白い。
結局、アヒル小人のハワードだけじゃ保たないから、という構成の脆弱は認めるにしても、
それにつけても暗黒大魔王のバカバカしさ。
頼もしきジェフリー・ジョーンズの怪演は見ものですよ。
ジョン・バリーの音楽もそこはかとなく007していて腰を抜かすし。

ハワードの作りだって、ありゃ当時の最先端ですよ。
もう一度、見直してごらんなさい。
所ジョージの吹替がなくても、最後までイケますよ(笑)。

いまでも続篇が観たいくらいです。
そう、暗黒大魔王がわらわらと地球を襲っているのを、
ハワード君が大活躍でなぎ倒すやつ!

投稿者:メルモちゃん2号投稿日:2006-02-16 21:27:51
【ネタバレ注意】

この映画、アメリカでは大酷評&大コケだったけど、
日本だけそこそこヒットして、アメリカでも不思議がられて
ましたね。

今、見直すと確かにいい出来とはお世辞にもいえませんが、
当時は「ウィロー」や「ラビリンス」とともに、
けっこう夢中になったもんです。
中学生だった当時、リー・トンプソンの下着姿に
「萌え」てた自分がまだまだ青かった時代の作品です(^_^)。
ティム・ロビンスもバカまるだしでナイス・キャラっすよ。
アヒルがギター片手にロックするエンドクレジットでは
「燃え」ましたね。

そういった意味では「思い出深い」映画ですね。

DVDで出てないのは非常に残念なり。発売してけろ〜!

投稿者:shuuhei投稿日:2005-07-07 20:20:34
映画も面白くなく、魔王のデザインも最悪だが、なぜか許せるハワードに一本とられた作品ですな。しかしなぜこんな映画にティムロビンスがでてたのが不思議で仕方ない。
投稿者:型作投稿日:2005-02-07 23:04:37
結構低くみられていて、まぁそのとおりレベルの低い映画だと思いますが、こういう映画はこういう映画でいいと僕は思います。所詮ファミリー映画であるし(少々不適切なシーンはあるけど)正当に評価できないのはあたりですし。作品的にも最近の「ホーンテッドマンション」とかと比べたらチープでシュール(?)な世界が広がっているので面白いといえば面白いです。ラストのライブはたしかにあれですけど。
 ルーカスの本当の趣味はこういう映画なのかも、と推測してしまう作品。http://katasaku.hp.infoseek.co.jp/
投稿者:JES投稿日:2003-08-07 16:54:34
 まあどうにか鑑賞に堪えうるものの、ジョージ・ルーカスいささか悪乗りが過ぎたか?ぬいぐるみのハワードはホントにブキミだし、リー・トンプソンにも魅力が感じられない。しかしこの映画何が曲者かって、後半宇宙人に支配されてしまうジェフリー・ジョーンズが必要以上に目立ってしまい、ほかのキャラの存在がどーでもよくなってしまったことだろう。「アマデウス」に出演していた彼と同一人物とは思えないです・・・
投稿者:ゆうじ投稿日:2003-03-06 21:25:04
酷いところを挙げればそれこそ星の数程あるのだが、単純にバカ騒ぎしている作品として見れば許せないこともない。本作の失敗の最大の要因は、下の方でも散々述べられているようにハワードを実写化してしまったことだろう。
投稿者:ウッチャソナンチャソ投稿日:2003-02-10 03:18:26
ラジー賞獲ってたんですか?
今の今まで、いい映画だと思っていたんですが
何が駄目なんですかね。
びっくりしました。
投稿者:ASH投稿日:2002-04-13 18:26:34
【ネタバレ注意】

 アヒルのハワードに可愛げがないのはともかく、可愛らしく見えないのが致命傷なんだよな。ぬいぐるみがキショいのよ。技術的に「ロジャー・ラビット」みたくアニメとの合成が可能だったハズなのにねぇ。ドタバタした展開もかったるくって、暗黒魔王の造形に至ってはまるで三流SF怪獣映画並。しかし、不思議と嫌いにはなれないんよ。パワーポップ全開の歌がいいからなのかもしんない。

投稿者:つみ投稿日:2001-09-19 12:02:25
試写会で見たのでなかったら「金返せ」と暴れているところです。
それでも、どうしてこんな映画を見に行ってしまったのか、いまだに汚点です。
ティム・ロビンスなんて出てたのね…。
投稿者:くた投稿日:2001-07-20 23:35:10
偶然にリンクをたどってたらラジー賞をこの映画が受賞したとあったので
見てみてびっくり。映画館に小学生の頃観に行って中学生の頃にテレビで観た
けど楽しかった覚えがあったからだった。
今観たらやっぱつまらんのかな?
投稿者:パンの木投稿日:2001-07-17 22:35:41
子供の頃テレビで見たのですが、家族向け映画にしては、やらしいシーンがすっごく多かったという記憶が…。リートンプソンとアヒルのベッドシーンなんてエグすぎでしょう。家族向けなのか大人向けなのかよく分からない中途半端な映画ってことですね。
投稿者:JOSHUA投稿日:2001-07-14 05:00:55
出演者が揃って後悔したという逸話を持つ、ルーカス最大の汚点。
当初の計画では「ロジャーラビット」のようなアニメ合成で主人公を描く考えだったらしいが、
さまざまな事情により挫折。結果、デパート屋上のぬいぐるみショーみたいなヘボい着ぐるみ主人公になってしまった。
何とか見所を挙げるなら「バック・トゥ・ザーフューチャー」直後の若々しいリー・トンプソンと
今はアカデミー賞候補の監督にまでなったティム・ロビンスのブレイク前のダサい姿、
フィル・ティペットによる魔王の特撮くらいかな…
敢えてダメ映画を見たいと言うのなら、これは間違い無くお勧めです(笑)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ワースト作品賞 
 □ ワースト監督賞ウィラード・ハイク 
 □ ワースト助演男優賞ティム・ロビンス 
 ■ ワースト脚本賞ウィラード・ハイク 
  グロリア・カッツ 
 ■ ワースト新人賞アヒルの着ぐるみに入ってた6人の男女 
 □ ワースト主題歌賞 "Howard The Duck"
 ■ ワースト視覚効果賞ILM 
□ この10年ワースト作品賞 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION