allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハワイ(1965)

HAWAII

メディア映画
上映時間200分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1966/12/10
ジャンルドラマ

【解説】
 19世紀初頭、若い伝道師アブナーが、妻ジルシャーと共にハワイにやってきた。二人は疫病や貧困、白人資本の侵略と闘いながら、徐々に現地に溶け込んでいく。やがて宣教師としての任期が切れたとき、アブナーはハワイにとどまることを決意するのだった……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2018-06-11 23:38:40
信念に満ちあふれた、マックスフォンシドーの演技が秀逸。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-10-11 15:05:20
ハワイに関する映画は多くありますが、このストーリーはは1819年から始まっていますから、最も古い時代を描いた作品ではないかと思います。それもアメリカ西海岸のボストンから船で行きますが、まだパナマ運河も開通していないので、マゼラン海峡を通って航海するので、その風景も描写されています。
この時代、アメリカの宣教師が多くハワイに移住していたようですが、この映画もその一人アブナー(マックス・フォン・シドー)が主人公で、非常に謹厳なクリスチャンで、彼が異教徒の国で、その古い因習を打ち壊そうとする話になっています。
その風習の中で近親結婚が大きく取り上げられていますが、これが悪習ではあっても特にキリストの教えによるだけのものではありませんが、アブナーはすべてを聖書を元にして説くので、それを妻ジェルーシャ(ジュリー・アンドリュース)が、たしなめる場面も出て来ます。そのような事を含めてクリスチャンに取ってはあまり心地よい映画ではないかも知れませんが、白人による病気の蔓延や土地収奪を防ごうとする行動も強調されている作品です。
出演者としては、上記以外、医師ホイップル役のジーン・ハックマン以外は、あまり知らない人ですが、シドーの実子クラスとヘンリックが子役で出ていて、二人に取っては唯一の映画出演です。

なお、私の見たのはVHSでオリジナルの189分に対して155分にカットされていますが、これは現在、渋谷のTSUTAYAでレンタルされています。
投稿者:hirodes投稿日:2002-07-02 15:42:28
ビデオでもと 探しているのですが なかなか 出回っていないようで
廃盤のせいもあるのかもしれませんが どなたかビデオを持っていられる方
ダビングさせて下さい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞ジョスリン・ラガード 
 □ 撮影賞(カラー)ラッセル・ハーラン 
 □ 作曲賞エルマー・バーンスタイン 
 □ 歌曲賞エルマー・バーンスタイン作曲 My Wishing Doll
  マック・デヴィッド作詞
 □ 衣装デザイン賞(カラー)Dorothy Jeakins 
 □ 特殊視覚効果賞Linwood G. Dunn 
 □ 音響賞Gordon E.Sawyer Samuel Goldwyn Studio Sound Department
■ 助演女優賞ジョスリン・ラガード 
 ■ 音楽賞エルマー・バーンスタイン 
【レンタル】
 【VIDEO】ハワイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION