allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

いそしぎ(1965)

THE SANDPIPER

メディア映画
上映時間119分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1965/08/21
ジャンルドラマ/ロマンス
いそしぎ [DVD]
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 3,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 女流画家が、教師との不倫の恋を経て、精神的な自立を得るまでを描いた作品。ジョニー・マンデル作の主題歌(The Shadow of Your Smile)が、アカデミー賞を受賞。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
439 9.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-11-02 10:46:53
公開された当時の事は分からないが、
今観ると、突っ込みどころ満載である。
エリザベス・テーラーは、息子を社会と馴染ませたくないと言うが、
じゃあ、どうしたいんだ、
一生海辺の家に押し込めておきたいのか?と聞きたくなる。


そして彼女は人間が嫌いだと言うが、
その理由というのがふるっている。
12歳になった頃から、男たちが皆、自分をジロジロ見るようになって、
息苦しくなったんだと。
なんという自信(笑)。
いや、実際そうだとしても、それを口に出す女って少ないだろう。https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2011-03-29
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2011-12-28 12:31:10
NHKBSで鑑賞。

社会に溶け込もうとしない、性に奔放な女(テイラー)と敬虔な(はずの)牧師(バートン)との恋愛を描いたMelodrama。
この2人、Privateでも恋愛関係にあった頃だから、仕事しながらお金貰えて、乳繰り合えるとは羨ましい限り。

それにしてもこんな筋立てにして教会側から文句を言われなかったのか不思議だ。
映画そのものは取り立ててCommentする程のものではないが、やはり主題歌が素晴らしい。
流石Academy賞を受賞しただけの事は有る。

エリザベス・テイラーは既に肉付きが良くなり始めた頃なので、美しいと言うよりもかなりエロい。
オードリー・ヘップバーンと比較すると、崩れた感じがする分テーラーの方が魅力的だ(あくまでも私はだが)。
投稿者:william投稿日:2010-11-25 02:28:47
美しい光景が大切な人の手で永遠になる瞬間というものを感じる。
投稿者:ファルド投稿日:2010-07-07 21:03:23
ローラ(E・テイラー)は男性遍歴が多い女。何だか、E・テイラー自身にかぶるね。ローラが芸術家コス(C・ブロンソン)のヌードモデルをしている時のほぼ手ブラ姿が印象に残った。務めより欲、尊厳より野心。教育者というより実業家になってしまった司祭エドワード(R・バートン)。おまけに女におぼれて浮気して辞職という堕落した司祭。何だか宗教に対するアイロニーを含んだような内容だった。ローラがこぼした男尊女卑的な発言は時代を感じさせるね。
投稿者:Ikeda投稿日:2009-11-21 11:55:55
画家ローラ(エリザベス・テイラー)は無神論者で、自由気ままな生活をしていて、学校での教育が気に入らないと息子ダニー(モーガン・メイソン)も退校させて自分で教育していた。ダニーが鹿を殺しても、ローラは当然だという態度をするので判事がダニーを強制的にミッション・スクールに入れてしまう。その校長エドワード(リチャード・バートン)も放埒なローラに手を焼くが、次第に彼女に惹かれていき・・・。

ローラの強烈な個性が中心になっていますが、エリザベスも、よくこのような役に挑戦したと思います。エドワードが貴女は何故、男を閉め出すのだと聞かれてローラが、私は12才の頃から男に見つめられていて息苦しい思いをしたと答えるシーンがありますが、ここでエリザベス自身の若い頃を思い出しました。この映画が作られた時、彼女は33才で、まだ美人ではありますが、12才の時に出演した「緑園の天使」では、大人っぽい美人だったので、むしろ可愛げがないのが欠点かなと思ったくらいでした。
一方、リチャード・バートンの役もすごく、キリスト教の司祭が無宗教の女を恋してしまうというのは、私のようにキリスト教徒ではなくても、考えにくい事ですから、敬虔なクリスチャンには腹が立つストーリーではないかと思いました。
投稿者:サーボ投稿日:2009-06-20 01:47:09
印象絵画的な”いそしぎ”というタイトル、美しい海岸線、砕ける波、髪をなびかせる潮風、甘く切ない旋律、そして匂い立つリズ。。
この映画の魅力は、観た後ではなく、観る前のいいつくせない憧憬なのかもしれません。さらに欲をいえば、再生可能な”今”ではなく、VTRがない時代の「日曜洋画劇場」において、一夜限りの放映を観るといった”刹那的鑑賞”が、もっとも幸福な鑑賞といえるのではないでしょうか。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 歌曲賞ジョニー・マンデル作曲 The Shadow of Your Smile
  ポール・フランシス・ウェブスター作詞
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】いそしぎ2017/04/10\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】いそしぎレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION