allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハンター(1980)

THE HUNTER

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1980/12/13
ジャンルアクション
獲物は人間!!
ハンター [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 732
USED価格:¥ 309
amazon.co.jpへ

【解説】
 ラルフ・ソーソン、通称“パパ”は賞金稼ぎ。指名手配者を追っては西へ東への毎日だが、家に帰れば8年前から同棲していて、しかも今妊娠中の女教師ドティが待っていた。だが、ある日、彼に恨みを持つ何者かから脅迫電話が掛かってくる……。過去30年間に1万人もの犯罪者を牢に送り込んだという実在の賞金稼ぎ、ラルフ・ソーソンの実話を基にしたアクション映画。主演のマックィーンは、疾走するシカゴの地下鉄高架線のパンタグラフにぶら下がったり、トラクターとトランザムのチェイスを披露したり等のアクション・シーンはキチンと押さえながらも、仕事では厳しいが一旦家に帰ると人間臭い、いわゆるスーパーマン的ではないヒーロー像を人間味溢れる魅力で好演している。惜しくも彼の遺作となってしまった。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(制作:東北新社/台詞:飯島永昭/演出:春日正伸)
※このデータは放送当時の情報です。
宮部昭夫スティーヴ・マックィーンラルフ・ソーソン (パパ)
弥永和子キャスリン・ハロルドドティ
古谷徹レヴァー・バートントミー・プライス
永井一郎イーライ・ウォラックリッチー・ブルメンタル
村越伊知郎リチャード・ヴェンチャースポッタ
糸博
石森達幸
仲木隆司
玄田哲章
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1189 8.09
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-08-12 15:17:22
1作1作が輝いていたマックィーンも晩年は、
「民衆の敵」 (1978)は興行的に失敗し、
本人の思い入れの深さにほど評価も高くなく、
「トム・ホーン」 (1980)も西部劇でありながら
非常に暗い作品でした。
「ハンター」ではやや調子を戻した感があり、見たときは
ほっとしたものでした。まだまだ活躍できる場所が
ありながら本作が遺作になったのは、今更ながら
誠に残念でなりません。
本作はテンポ良く話が展開し、アクションシーンも
なかなかのもので、パンチングボールで相手を気絶させる
というのが誠に平和的でよかったです。
投稿者:gapper投稿日:2012-01-13 23:03:49
 スティーヴ・マックィーンの遺作アクション作品。

 スティーヴ・マックィーンが、2枚目半というより3枚目を演じている。
 「裸の銃(ガン)を持つ男(1988)」のレスリー・ニールセンの様に駐車のたびにぶつけるなどコントの様。
 1980年代らしいのだが、個人的には好きではない。
 クールで常に孤独感を漂わせるニヒルなヒーローが似合うマックィーンには、似合わない。

 既に病魔に冒されている筈だが、殆ど感じさせずアクションをこなしているのはさすが。
 ゲイリー・クーパーの晩年を思い起こさせる。
 同じく、最後まで役者として生きた人だ。

 内容では、トランザムとトラクターのトウモロコシ畑でのカーチェイスは、なかなか面白い。
 だが、凄腕の賞金稼ぎで運動神経抜群で銃の腕も確か(空間認識能力が高い)で車の運手が下手と言うのは、理屈に合わない。
 父親になりきれない男を演じているが、これも年をとりすぎ。
 せいぜい30代くらいの男で無いと不自然すぎる。
 将来の不安や遅すぎたことへの後悔といったものにした方が、遥かによかった。

 制作費800万ドル、1980年のアメリカだけで総収益約1,600万ドルは遺作になった為としか思えない。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-08-27 12:24:35
犯人役はどれもショボいし、地下鉄や駐車ビルを使ったアクションも無理やりで、自殺する刑事などサブキャラも活かして無いと、色々な点で散漫な出来。あとマックィーンの運転が下手な設定は何の為だったのか。
投稿者:scissors投稿日:2011-07-29 21:30:17
1980年作品ということだが、既に80年代らしい雑で安っぽい臭いが多分に漂っている。
スティーブ・マックイーンも病魔に侵されていたせいなのか窶れている。
どうにも残念な映画だった。
投稿者:ジェームス投稿日:2010-05-18 09:59:30
いかにもスティーヴ・マックィーンにふさわしい遺作。アクションシーン満載の中にユーモアもたっぷり。キャラクター設定も実に好感がある。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-25 11:55:06
スティーヴ・マックィーン
投稿者:黒美君彦投稿日:2009-03-05 01:57:51
【ネタバレ注意】

マックィーンの遺作ではあるが、世間の評判はさほど高くないこの作品。でもなぜか個人的にはとてもハマってしまった。
主人公がちっとも格好よくない(マックィーンだから格好よくないわけがないんだけど)というのが何よりいい。凄腕の賞金稼ぎなのに、車の運転がとにかく下手で、老眼鏡も必要だ。若い同棲相手を孕ませてしまったが、いまだに結婚する勇気を持ち合わせていない。ブリキの古い玩具を集め、ドティ(キャスリン・ハロルド)に「古いものばかりが好きなのね」とからかわれる50歳の男。どこか大人になりきれていない男をS・マックィーンが熱演。スタントなしでのアクションシーンも、切れがあるとはいえないが立派にこなしている。
そしてどこかユーモアを漂わせているのも好印象だ。捕らえられるまでは必死で抵抗する保釈逃亡犯たちも、捕まってしまうとしゅんとしてしまうのが可笑しい。個人的には分解魔のトミー(レヴァー・バートン)がもっと活躍して欲しかった気もするが。
弱さ故に堕ちてしまう旧知の刑事スポタ(リチャード・ヴェンチャー)のエピソードもほろ苦く、単なるアクションものとは一線を画している。

肺がんを患い、走るシーンも相当つらかったらしいが、彼の役者魂が込められた演技だと思う。相当ご都合主義であることは間違いないのだが、ラストシーンは確かに印象的だ。
繰り返しになるが、個人的にはストーリーも含めて結構好きな作品だ。

投稿者:tamut777投稿日:2007-12-23 11:52:36
マックィーンは当初、脚本を書いたハイアムズが監督することを嫌がり降ろしている。「ブリット」のイエーツも候補だったらしいが、逆に断られている。その辺りの事情の上で映画の出来を鑑みると残念。

この映画の彼は確かに老けているが、所々に初期の頃に見せたとぼけた魅力が見えていて、その魅力ゆえに多くの観客が彼を愛したのだと再認識させられる。そんな「人間性」に重心を傾けた作りにしたなら・・・とも考えたが、当時の我々は彼に格好良いアクションを求めていたのだから仕方がない。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2007-11-10 16:57:17
この映画が、マックイーンの遺作になってしまいました。さほど有名な俳優が出演しているわけではなく、彼の作品としては小品ということになるでしょう。数少ない有名俳優の出演者であるベン・ジョンソン(ほとんどカメオ出演ですが)がいい味を出しています。演出も、あえてマックイーンに老眼鏡をかけさせて、老いを表面に出していて、今後の彼の行く路を暗示しています(その行く路はなかったのですが)。が、すでに肺がんを患っているせいもあり、走るシーンなどはかなりつらそうです。見ていて私もつらくなってしまいました。コンパクトにまとまった作品ですが、ややこぎれいに整いすぎているなと感じます。なお、現在発売中のDVDは、内海賢二が声を担当している日本語版が収録されていますが、個人的には故・宮部昭夫の声のほうが(彼の吹替えの日本語版も存在します)マックイーンのイメージにあっていると思います。
投稿者:カナリア投稿日:2005-05-20 21:29:05
作品の内容としては、メリハリがなく決して褒められたモノじゃないが、マックイーンの遺作と知っていたので、惜しい俳優を早くに亡くし、そういった感情を持ちながら観賞できた。

面白かったのは最初のシーンの縦列駐車で、黒人の車に何度もぶつけて、
黒人「何をしてるんだ!!」
スティーブ「車を駐車したんだ」
黒人「あてるんじゃない!!」
スティーブ「わるい」とひょうひょうと答えるのが面白かった。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-05-14 22:57:54
スティーヴ・マックィーンは好きですが、それほどのファンではないので、映画としては、賞金稼ぎのシーンが並べてあるだけで、さほど面白くありませんでした。特に地下鉄でのシーンは見せ物的すぎる上に長すぎて、少々退屈しました。但し彼のアクションが最後だということもあって迫力は感じましたし、感慨は深いものがあります。
投稿者:やんこら投稿日:2005-03-03 15:51:44
妙に間延びしたアクションシーンとか家にいる仲間たちとかけっこうのんびりした雰囲気で楽しめる。ただマックイーンの遺作と考えるとちょっと寂しい。
投稿者:たまきち投稿日:2005-03-02 12:46:07
A級ライセンスを持ってて、レ−スにも出ている運転バリバリのマックィ−ンが、運転がすごくヘタクソなキャラクタ−を演じるというギャップがおもしろかったです。
こんなに格好良くて、人生これからって感じなのにこの映画が遺作なんて悲しすぎる・・。
投稿者:ブル510投稿日:2004-05-01 14:48:06
この映画を観る度に泣けてきます。必死なんだもの。
賞金稼ぎ(テレビの「拳銃無宿」)でデビューして、最後の作品が現代の賞金稼ぎ…。
今生きていたら、どんな俳優になっていただろう。
ラストで、生まれた赤ちゃんがクシャミして、マックイーンが一言「お大事に…」、あの時の笑顔…。
マックイーンよ、永遠に…。
投稿者:ASH投稿日:2002-03-14 23:38:54
一部では駄作と評されていますが個人的にはまずまずの出来の映画だと思います。
マックが列車の上で展開するアクションは結構迫力あり、見所のひとつです。
体を張ったアクションを見せるマックは流石に凄いの一言。全体的にユーモラスな味
付けのある映画で、ラストの赤ちゃんを見た時の彼の笑顔は最高です。
投稿者:tea-cup投稿日:2001-02-06 08:37:34
S・マックィーンの姿が痛々しかった・・・。撮影、大変だったと思う・・・。
あの健康状態でのアクションシーンには、何も言えない。
車の運転がヘタで、レンタカーのトランザムをくず鉄同然の状態で申し訳なさそうに返却するあたりの設定は新鮮で好きです。
新しい生命が誕生したところで、ストップモーションになるラストシーンは彼のメッセージだと思っています・・・。
【レンタル】
 【DVD】ハンターレンタル有り
 【VIDEO】ハンターレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION