allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バンデットQ(1981)

TIME BANDITS

メディア映画
上映時間103分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1983/03/
ジャンルファンタジー/アドベンチャー
バンデットQ 製作30周年記念 スペシャル・エディション [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,027
amazon.co.jpへ

【解説】
 両親に相手にされない孤独な少年が、自分の部屋で出会った6人の小人に導かれ時空を超えた旅に出かける。シャーウッドの森からタイタニック号まで舞台は目まぐるしく変わり、人物もアガメムノン王(S・コネリー)から巨大な海坊主、悪魔、はては造物主まで登場する大にぎやか編で、ファンタジーの醍醐味がふんだんに味わえる。「モンティ・パイソン」一派のT・ギリアムが製作・監督した作品で、後の「未来世紀ブラジル」や「バロン」に通じる、ダークな雰囲気も味わえる。現在、入手できるビデオは全長版だが、劇場公開時には地方での2本立て(「幻魔大戦」)のからみで10分カットされた上に、作品の本意をないがしろにする編集が行われていた。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
636 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 03:42:26
ラストがかなり不気味。
投稿者:bond投稿日:2012-08-25 08:25:56
子供なら楽しめる、冒険活劇。
投稿者:gapper投稿日:2012-05-22 17:52:58
【ネタバレ注意】

 テリー・ギリアム監督によるブラック・ファンタジー。

 「ハリーの災難(1955)」は好きでイギリス風のブラックなユーモアは嫌いではない。
 モンティパイソンも好きなほうだが、これはどうかと思う。
 両親の死の場面において笑顔で立ち去るショーン・コネリーは、現代社会においてはブラックの域を超えている気がする。

 ”バンデットQ”のQは、クエストの意味か?

 制作費500万ドル、収益約4,200万ドル(米)。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2011-10-22 16:40:57
『ジャバーウォッキー』が見たいと思う。
しかし、Qってなに。なんで「タイムバンディッツ」じゃダメなの?
投稿者:こじか投稿日:2010-10-24 16:11:27
ずっとむかし小学生の頃、地上波で観たのが初体験。
ほんとにこれを子ども向けとして売り出していたんでしょうね。
ユーモアの質がピンとこない子どもゴコロには、
どうも気持ちの悪いファンタジーとしての印象が根強かった。
しかしモノゴコロついて観ると!
いや〜おもしろかった。ギリアム寓話、さすがだね。
笑いどころかどうかさえ一瞬悩ませてしまう感覚には脱帽。
投稿者:なちら投稿日:2007-11-13 19:14:05
これって、皮肉な物語だね。。。
S・コネリーったらウィンクして立ち去るけど、いやいや、笑えないって!
会えなくてもイイとは言ったけど、そうくるか。

でも、まだよく分からない感があるんだよね。
理解したいのに、出来ないこのモドカシさ。愛したいのに愛しきれない、みたいな。(ナニソレ)
この作品でギリアムは何を言いたかったのかな。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-02 10:34:27
同時上映やったんやな確か。
こっちのほうがおもしろかった。
ギリアム、「ロスト・イン・ラ・マンチャ」観るかぎり、
この時と変わらんセンスでうれしいね。
(デブの巨人をあおりで大きく映してたりね)
だれか予算あげてよギリアムに。
再チャレンジしてるらしいけど
ラ・マンチャ
投稿者:イドの怪物投稿日:2005-12-06 22:06:19
実に良く出来たファンタジーだと思う。
この時代のものは実写が多くて実に楽しい。
リメークしても通用するかも知れない。
投稿者:福島秀人投稿日:2005-06-11 05:59:37
この作品に興味を持ったのは十数年前にTV放送された時。
不思議と印象に残る味わいがあり、DVD発売と同時に即買いしちゃいました。
今でも耳に残るエンディングテーマも最高です!
投稿者:ちゃき投稿日:2004-06-18 16:45:11
久しぶりに古い作品を見た。テリー・ギリアムの映画は12モンキーズしか観たことがなかったけれど、ぶっ飛んでいてちょっとダークで普段はあまり見ないジャンル。

私はいまいち真意が掴みきれてない気がする。どうして最後両親がああなってしまったのか。それが分からない。超駄作だとも取れるし、ものすごい作品だとも思う変な映画。でも私が生まれたあたりにあれだけの規模の映画を作ったのはやはりすごいのか。

ショーン・コネリーはようやく最後で、アガメムノン王だったのだと分かった。あーでもここの感想を読んでみて、やっぱり真意が掴み切れていない感が拭えない。くやしいけれど・・・。(06/18/04)http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1980/
投稿者:higeoyazi投稿日:2003-06-09 06:55:19
 子供の教育上よくない!!文部省が決して推薦しない!!各種団体からも見放される!!ものすご〜くイイ映画なのだ。大好きだじょ〜〜〜〜
投稿者:ASH投稿日:2003-03-02 16:39:56
 しかし、この脈絡のなさはいったいどーよ?! 主人公のケビンと同じく、観客も何がなんだかわからないままお話がどんどん進むもんだから、ついていくのが結構、たいへん。おまけに小人さんちがワサワサとせわしないもんだからさぁ。

 まあね、コレはギリアムのイマジネーションの洪水を愉しむという、それを前提として鑑賞に臨む必要のある作品なんだろうね。いちいちストーリーを追っかけるもんではないと。つまり、ギリアムの世界観が好きな人には堪らないもんがあるんだろが、そうでないとちょっとキツイと。僕は割りと前者な方なもんだから、そこそこ楽しむことができたよ。
投稿者:TOMO投稿日:2002-12-26 18:05:03
【ネタバレ注意】

「バンデットQ」を見て「TIME BANDITS」を見たと思っている人はかわいそうだ。一番カットしてはいけないところをカットした罪は大きい。。オープニングとラストでさらりと流れてしまうのであまり気に停まらないけど、それらのシーンがあるとないでは全体の意味ががらりと変わるのだ。なぜアガメムノン王が消防士と同じ役者なのか?なぜ両親は消えてしまったのか、それを考えただけで、少年の身に現実に起こったことはかなり深刻であり、涙無くしてはみれないということに後で気が付くような設計になっている。そうしてみると巨大な海坊主や造物主などすべて象徴的な意味があったんだろうと思う。単なるファンタジーのようで実は意味深。電子レンジが不調だったのとか、少年の部屋から分かる趣味趣向などがポイントかな(コネリーの笑顔は素敵だ) やっぱり凄い。 「G」ハリソン。

投稿者:猫亭投稿日:2001-08-25 22:00:56
公開当時、映画館で観て(解説にもあるように2本立ての1本として。ただし私はこちらが目当てでした)、その後友人宅で英語版のビデオを観て(日本語版発売前)、
「えーっ! 絶対こっちの方が面白いじゃん……映画館で観た人間馬鹿にしてる?」
と思いました。
映画館で観た時に感じた疑問や矛盾?が、一切感じられませんでしたから。本当に、面白い映画だったんですよー。変なカットと編集のせいで、ちゃんとした評価を(映画館で観た人たちに)得られなかったとすれば、その責任は大きいんじゃないでしょうか<配給会社

でもとりあえず、昔のことはいいのでDVD化していただきたいです。
【レンタル】
 【DVD】バンデットQレンタル有り
 【DVD】バンデットQ 製作30周年記念スペシャル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】バンデットQレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION