allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

パンドラの箱(1929)

DIE BUCHSE DER PANDORA
THE BOX OF PANDORA

G・W・パプストの パンドラの箱(ビデオ)

メディア映画
上映時間90分
製作国ドイツ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1930/02/
ジャンルドラマ
パンドラの箱 クリティカル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 24,800
USED価格:¥ 15,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 F・ベーデキントの同名戯曲の映画化で、ハリウッドからドイツに渡ったL・ブルックスに、その役名から“ルル”の愛称を与えた、官能的なメロドラマである。
 場末の踊り子であるルルは養父シゴルヒの手練で新聞社社主のシェーン博士の愛人となり、一流の劇場に出るようになり、別れ話を切り出す彼を逆に手玉にとり、結婚を承諾させる。彼には年ごろの息子で秘書のアルヴァがいたが、ルルは親子の仲を引き裂くのを楽しむかのように息子をも誘惑する。彼女の激しい男出入りに更にその決定的事実を知ったシェーンは、ルルを殺して自分も死ぬ--と迫るが、もみ合った末、彼女に撃たれる。しかし、一旦は捕らわれた彼女は養父やアルヴァの手引きで裁判中に逃亡を図り、愛人の力業師ロドリゴの紹介で港町の賭博船で享楽のうちに過ごすが、ロドリゴが売った彼女を求める持ち主との間で争いが起こり、ルルに養父、アルヴァの三人はロンドンに密入国する。スラムでの極貧生活にルルは夜の女となる決意をし、部屋に男を入れ、その間、男二人は表で過ごす。その優男が、評判の切り裂きジャックだとは知らず……。
 踊り子ルルのショウの舞台裏の活気ある演出、賭博船の怪奇ムード、貧民窟の妖しさ、そしてクライマックスの接写を駆使した猟奇場面。どちらかと言えば主題先行型のパプストが、ハワード・ホークスの「港々に女あり」の脇役だったルイーズに惚れ込んで、自分のミューズにと招聘した、その成果が充分に結実した傑作。
<allcinema>
評価
【関連作品】
港々に女あり(1928)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2011-12-04 20:06:52
魅力あふれる女優だったことがこの映画で分かる。黒髪、おかっぱ頭。(エジプトでのシーンはおかっぱでないが、同じ人と思えないほど感じが変わる! やはりおかっぱで先がとがっていないとこの人でない。)演技はそれほどうまくなくても、許せる。
アメリカ人なのに、本作を含めドイツで撮った三作が代表作品らしい。サイレント時代はセリフがないからこういうことも可能だったということか。
このあと数本に出ただけで映画界を完全引退。後年は学芸員!として著作も残したほどの才人だったそうだ。

本作の役の名前をLulu という。Lulu\'s Back in Town という曲も多分この映画がヒントになったにちがいない。
投稿者:Ikeda投稿日:2007-05-24 15:41:53
私は見ていませんが「倫落の女の日記」と、この作品でパプストの名声を一気に高めたそうです。これにはルイーズ・ブルックスの名演もあって、彼女が悪女と言うより無邪気な娼婦という感じの女性を演じて名演です。ディートリッヒが候補にもあったようですが、この役はやはりルイーズでなければならなかったと思います。
それにしても「パンドラの箱」とは良く付けた題名だと思います。それを開けたために起こる災いとしてルルの所行を映画化しているの思い切った命名です。この映画の法廷場面にもあるようにパンドラの箱を開けた彼女のもたらす災いがシェーン博士が、たまたま降りかかったのだという言葉は、ある意味では普遍的なのかも知れません。これは決して女性を悪と見ている訳ではなくて、男女を問わず人間の弱さを象徴しています。
映画としては結婚披露宴の後の展開がもの凄いですが、最後に「切り裂きジャック」とルイーズが会うあたりのシーンの迫力は圧巻で、これがパブストだと思いました。
なお、あまり顔を出していませんが伯爵夫人アンナ(アリス・ロバーツ)とルルの間柄は映画では初めてのレズ表現だと言う人もいるようで、言われて見ればそうかもしれません。
投稿者:ミュジドラ投稿日:2006-05-07 11:11:35
 ルルは存在するだけで、周囲の人間たちを不幸に陥れる女として描かれている。おつむが弱く、良心が欠落している彼女は、一見共感できそうにないキャラクターだ。それをおかっぱ頭のブルックスが演じるだけで無邪気で可愛い女に見えてしまう不思議さ。幼女のようなあのヘアスタイルは、ルルの精神的な未成熟さの表れであるように思える。
 モノクロでしか表現できない陰影を、これほど美しく捉えた映画もそうはないだろう。特に霧深いロンドンのシーンの不気味さは格別。解像度があまり高くない方が、この映画をより楽しめるかもしれない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】パンドラの箱 クリティカル・エディション2006/02/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】G・W・パプストの パンドラの箱レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION