allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バンドレロ(1968)

BANDOLERO!

メディア映画
上映時間108分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1968/09/10
ジャンル西部劇
バンドレロ! [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 880
USED価格:¥ 638
amazon.co.jpへ

【解説】
 ジェームズ・スチュワートとディーン・マーティンが悪党の兄弟を演じるアクション西部劇。南北戦争後に富と自由を求め西進する除隊兵の兄弟たちが窃盗と逃走を繰り返しながら保安官と熾烈な駆け引きを繰り広げるさまとその顛末を描く。
 メイスとディーの兄弟は南北戦争の元兵士。戦争終結後、彼らのような除隊兵は流れ者となり、新たな可能性を秘めた西部へ向け旅立っていた。そんな中、仲間と銀行強盗に及んだディーはジョンソン保安官に捕まってしまう。しかし、縛り首役人に化けたメイスが見事彼らを助け出し、とある牧場へ逃げて行くのだった。そして、マリアら牧場の関係者を道連れに、執拗に追いかけてきた保安官との銃撃戦を切り抜けながらメキシコへと向かうディーとメイスたち。ところが、メキシコの町へ辿り着いたのも束の間、ついに保安官に捕らえられる。すると、今度はそこへメキシコ盗賊の大群が現われるのだが…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2013-12-03 18:46:12
 ジェームズ・スチュワートとディーン・マーティン主演の異色西部劇。

 なかなか感じのいいタイトルで始まるのだが、ジェームズ・スチュワート、ディーン・マーティン共に個性があまり生かされておらず残念。
 アメリカの良心とも呼ばれるジミーが、首つり役人を騙り銀行強盗をするのはいいのだがディノの絡みがあまり良くない。

 ディーン・マーティンがシリアスに悪党であることに悩んだりするのが問題で、演技派でもないのにこれはつらい。
 結局、ラクエル・ウェルチが要になるのだが、その割に受け身で余り個性が生かされているとは思えない。
 ジョージ・ケネディもそうで妙に必死で彼らしくない。

 この作品は、西部劇も飽きられマカロニウエスタンが大ヒットしていたまさにその年に作られている。
 アンドリュー・V・マクラグレン監督は、いつもと違う彼らで作品を作りたかったのだと思う。
 敵役となるバンドロレが単なるマクガフィンとして無個性な出方なのに、題名にすると言うのも従来を打破しようとしたのかもしれないが失敗だと思う。
 当時は、行き詰まりを打破する最適な方法と思ったのだろうが、その後を見ると成功とはいえない。
投稿者:Ikeda投稿日:2012-08-16 11:22:42
ジェームズ・スチュアートとディーン・マーティンの競演というのも珍しいですが、それも兄弟で、それにジョージ・ケネディが保安官として出ているので、かなり見応えはある映画です。
マカロニ風の西部劇ですが、マーティンが殺した男の未亡人ラクェル・ウェルチを巡る話がかなりの部分を占めているのも、この作品の評価につながる所だと思います。それとは別にスチュアートが弟のマーティンを諭すシーンも多く出てきますが、これは兄弟愛を示しているとは言え、少々くどくて冗長な感じを与えていて、もう少し、すっきりした形で描いて欲しいと思いました。
投稿者:ロスマク投稿日:2003-11-02 20:04:37
兄弟強盗の西部劇。J・スチュアート&D・マーrティンのコンビもなかなか良い感じ。J・スチュアートが強盗には見えないが・・・。美女R・ウェルチに惚れた醜男ジョージ・ケネディに同情しちゃう。
【レンタル】
 【DVD】バンドレロ!レンタル有り
 【VIDEO】バンドレロ!レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION