allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

PNDCエル・パトレイロ(1991)

EL PATRULLERO
HIGHWAY PATROLMAN

サウス・ボーダー/ハイウェイパトロール(ビデオ)

メディア映画
上映時間103分
製作国日本/アメリカ/メキシコ
公開情報劇場公開(M.Mエンターテインメント提供/ケイブルホーグ)
初公開年月1993/07/03
ジャンルドラマ/アクション
amazon.co.jpへ

【解説】
 警察訓練学校を出たてで、理想に燃える青年のハイウェイ・パトロールマン、ペドロ。しかし彼は、メキシコ・シティの学校を出て荒れ果てた北部の砂漠地帯で職務についてはじめて、現実は学校で習ったようなものではないということを知らされる。そして彼は、否応なしに汚職に手を染め、売春婦相手に浮気をし、アルコールに溺れるようになってゆく……。A・コックスは、本作をあくまでもリアリズムに徹して映像化している。クローズ・アップなどは使わず、ほとんどがワンシーン・ワンカットで撮影されたそのフィルムは、最長のカットで6分近くにも及んでいる。本作は、そういった意味ではこれまでのコックス作品とはがらりと変わったスタイルの作品ではあるが、その姿勢を保つ事により、映画にドキュメンタリー的な率直さが得られ、結果彼の意図であるメキシコの現状をえぐりだすのに見事に成功している。そして勿論、強烈な皮肉とブラックなユーモアは全編に渡ってキチンと生きており、メキシコに対する彼独特の視点が描かれている。快作である。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Marie&Marilyn投稿日:2014-11-06 22:40:59
1993年8月21日から9月3日まで上映。
大阪映画サークル第795号<映画時評>川口敦子、批評あり。
投稿者:william投稿日:2010-07-13 03:55:47
ほぼワンカットの撮影法で、徹底したリアリティに拘った作品。流石は鬼才という感じ。
投稿者:shichiten投稿日:2001-06-19 23:44:19
現時点でまともな評価に値するコックス監督の最後の作品でしょうな(苦笑)
個人的にはかなり好き。「ウォーカー」の次ぐらいに好き。
どうしようもない汚職警官が、深い理由もなく麻薬組織の壊滅に乗り出していく様は、男の執念以外の何物でもありません。
「ガルシアの首」以来の破滅男ドンパチ映画の傑作です。

それにしても、ビデオのタイトルはなんとかならなかったのか(笑)
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION