allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビートルジュース(1988)

BEETLEJUICE

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1988/12/10
ジャンルコメディ/ホラー
ビートルジュース 20周年記念版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 952
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos
ビートルジュース

【解説】
 マイケル・キートン主演による、ブラックなホラー・コメディ。ある日突然死んでしまった若い夫婦。彼らは自分たちの住んでいた家に引っ越してきた一家を追い出そうと、人間を退治する“バイオ・エクソシスト”ビートルジュースを呼び出すが……。本作は何と言っても、「シザーハンズ」や「エド・ウッド」など独特の世界観を造り上げる事では定評のある、監督ティム・バートンの色濃いブラック・ユーモアが見どころ。「バットマン」、「バットマン リターンズ」でも組むマイケル・キートンと一緒になってかなり悪ノリをして作った為か、彼の毒々しいユーモアがストレートに全面に出た仕上がりになっており、その筋の人々が見たらたまらない作品。彼の映画が体に“フィット”した人は、要チェック!
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15106 7.07
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-29 03:30:58
字幕の監修が所ジョージだった気がする。
投稿者:gapper投稿日:2012-10-09 21:42:32
 推定予算1,500万ドル、総収益約7,300万ドル(米)。

 メイクが濃くてビートル・ジュースがマイケル・キートンだと分からない。
 この翌年、暗い性格の「バットマン (1989)」のブルース・ウェイン役に出演と言うのは性格俳優というよりやり過ぎ俳優と思わず思ってしまう。

 ティム・バートン作品は、どことなくイギリスを感じるのだがこれもそうで「バンデットQ(1981)」の様なハチャメチャな所が似ている。
 「バンデットQ(1981)」もそうだが、見るものを選ぶ作品と言う感じだ。

 私は合わないタイプだが、それなりに楽しめたので合う人には堪らないのは分かる。
 ただ、ワイヤーで吊ってのアクションが結構出てくるが、吊っているのがもろ分かりでこの部分はいただけない。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-10-04 10:57:44
特殊技術は古めかしいし、畳み掛ける展開も無ければミュージカルにも徹して無いし、グロさもイマイチ。色んな点で中途半端な作品だった。
投稿者:こじか投稿日:2010-08-22 00:00:04
大好きだなぁ。
この物語でこのキャストとは、
ティム・バートンにしかできないとてもリスキーで未知の次元。
ノニーのかわいさと、全篇に漂う悪ノリ含めた全開感がバシッ!きました。
ダニー・エルフマンの旋律も歪みありません。

ただ、合わない人にはとことん合わなさそうです。
投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-04-29 02:26:54
いや〜ティム・バートンの作品を見て毎回感じるだんだけど、つまらん、この一言につきるね。まず全体的に意味がワカラン、僕の力量が劣っているだけなのかもしれないが展開の仕方、作品の雰囲気がオモシロくない。なのになぜこれほど人気があるのかワカラン。まあバットマンはオモシロかったけどね
ビートル・ジュースつまらん
投稿者:なちら投稿日:2010-02-03 23:54:05
バートンのテンポは、背後からの競歩って感じがするな。
ズンガッ♪ズンガッ♪ズンガッ♪ズンガッ♪走ってないのに迫られている。

ビートルジュースの言葉遣いが面白い。
「ちゃいまんがな」「完璧でヤンス ハイッ」…そのセンスが素晴らしい。
しかも、吹替えなら西川のりおだよ!M・キートンが西川のりおって!笑える。

バットマン新シリーズのジョーカーは、彼の風貌と少しカブってんのね…。
投稿者:きらきら投稿日:2009-07-07 19:42:23
ティム・バートンの映画は本作以外にも4,5本見ているが、いつも居心地が悪くなる。

妙にごてごてした衣装、セット、大仰な演技、演劇的な演出スタイル。
そのどれもが既視感をともなう。
たぶんバートン自身が、子供の頃に体験したカルチャーに負うところが大きいのだろうが、なんか手を変え品を変え、彼のアルバムを見せられているような気にさせられる(本編中でも主人公が箱庭作りに夢中だという描写があったが、あれとおなじだ)。

「大人になっても子供の心を忘れない」は褒め言葉であるが、彼の作品には子供っぽさしか感じられない。
要は大人にも子供にもなれない作品。

子供ってもっとでたらめができると思うな。
こんなこじんまりしてないですよ。
投稿者:ミリアム投稿日:2008-02-21 18:27:45
【ネタバレ注意】

「『ビートルジュース』が好きなの? あれって所詮は人生にドロップアウトした負け犬の話じゃない。」
こんな奴にあの裂かれた喉から粋に煙を吐く、シルヴィア・シドニーの良さなんかわかるまい。
負け犬にだってカリプソは歌える。

投稿者:ac投稿日:2007-12-15 05:12:02
ウィノナが可愛すぎて途中みとれてしまった。
黒衣装でカメラかかえてオカルト好きで・・ビンゴ。
ストーリーはまずまず。バートンの世界が好きだから
楽しめました。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-17 23:17:15
好き嫌いはくっきり分かれそうだがバートン・ワールドが堪能出来る。
個人的には大好き。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-10-07 22:09:50
とにかくエンターテイメント満載の映画。ノリもよくて個人的に大好きです。
登場人物、みんなクセがあるし。
幽霊体験をしたいとみんなが集まった晩餐の席でのバナナボートの替え歌はケッサク。
「胃と手!」という意味のない訳は最高でした。
ビートルジュースとバットマンが同じ人が演じていると思うと不思議な感じ。
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-05-10 22:46:36
悪趣味さが最高
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-03-26 21:44:57
ティム・バートンの世界そのもので何回見ても楽しめます。特にキレまくったすごいメイクのマイケル・キートンが最高!!他の出演者もアレック・ボールドウィンやジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラなど個性的な面々が揃っていて、皆の演技を見るだけでも見る価値あり!他にもバートンらしいキャラが続々と登場するが、中でも一番印象に残ってるのは頭がかなり小さな人(?)です!
投稿者:tomovsky投稿日:2006-07-07 23:16:42
【ネタバレ注意】

自分たちが死んだのが分からない幽霊なんて、いるのかな?でも、主人公にだけはバッチリみえるし・・・。しかし、なんと言ったらいいか住民登録所?役所?みたいな所で色々な幽霊たちが出てくるが、若夫婦の霊以外はまともなのがいないねー。でも、そこが一番面白い所かな。ストーリーは単純だけど、ビートルジュースはふざけた野郎でとんでもない事やるし、にぎやかだな。かたが凝らずに楽しめる良作だな。バートンの作品じゃ一番好き。

投稿者:じゃび投稿日:2006-05-24 20:37:57
ヨシモトのノリでとてもテンポよく最後まで楽しめる。特殊効果がちゃちさ加減もおかしいくてよい。ビートルジュースの吹替役の「西川のりお」が例のノリとギャグでしゃべりまくり最高!!。バナナボートの歌に合わせて踊るシーンは腹を抱え涙を流して笑ってしまう。この作品は、ゼッタイ日本語吹き替えで見るべし!!英語での日本語字幕では、サッパリおもろうないぞ。「西川のりお」もよかったが横山靖にもやらせてみたかったな。ともかく、息抜き娯楽映画としては最高のチョエイスだ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-11-19 12:09:07
僕もお勧めはしない、けど好き。と言われました。
ワルのりが楽しめる人には絶対お勧めですよね。
ファンタジーな設定が、素晴らしく、実に面白い。
そして役者達が最高だ。
あのバットマンが?…こちらが地なのかな。
「いい幽霊だと思ってたのに〜嫌いだよ!」ぶちきれる病的不思議少女〜ウィノナのキャラも最高だ。そして心からお互いを愛し合う夫婦…
あの干し首化する薬って…実に恐ろしい…
投稿者:ASH投稿日:2005-10-17 00:00:19
【ネタバレ注意】

 バートン関連、ちょっと盛り上がってるね。年内に2作が公開されるし、『バットマン』4部作が最強の仕様でDVD化されたりと。で、バートンのことだからこちらもメイキングなどのマテリアルが存在するはずだから、スペシャル版のDVD化を期待してるんだわ(北米でもまだ出ていない)。

 出来れば旧版の字幕を変えてもらいたいんだわ。「バナナ・ボート」のふざけた対訳とかね。

投稿者:ブルマ大帝投稿日:2005-04-26 23:56:13
彼女の出演作中じゃ、これのウィノナが一番好き。激カワイくて、適度に病んでて、空気が鬱積してて、非の打ち所が全くない。奇跡だ。特にクマがいい!しかし改めて観ても、マイケル・キートンすごい俳優だ。アレックも役イメージにピッタリはまってていい。ティム・バートンのセンスいい小物デザインもとても印象的。つーかバートン作でも、これが一番好き。フザけてて、ダークで、漫画的で、この頃のは“気取り”が皆無でイイ。
投稿者:すう。投稿日:2003-08-27 19:12:03
「すっごい面白いからみて!」と、友達には決して勧めることはない、それほどお勧めの映画ではないのですが、個人的には何故か大好きで、もう10回位は観てます(笑)使われてる曲もすっごく良いです。
でも、日本語版の場合、ビートルジュースの声を吉本興業の「西川のりお」がやってるんだけど、全然合ってなく、怒りを感じました(笑)日本語版はお勧めできませんね。
投稿者:4531731投稿日:2003-07-04 23:08:33
 暗いウィノナ。暗室云々とか、遺書を書くウィノナが最高にかわいい。やはりメンタル系なんだな。ゴシックな衣装もキマってる。フットボール選手のゾンビにコーチと間違われてキレる初老の女性、そして永遠に順番を待ってる待合室の連中が好き。さすがバートン。キャラ作りに一流のセンスを感じる。キートン演じるビートルジュースは問答無用のおもしろさ。
投稿者:カルリジアン投稿日:2003-03-20 18:52:16
字幕がひどすぎるなあ
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-28 01:02:47
【ネタバレ注意】

・・クモには正直驚きました。ぅを!?って。
俺は地縛霊になるのはゴメンです。でも商売の種にしたら、そりゃ受けるだろうな〜!屋号は「ベテルギウス・ホイホイ」、BGMはバナナボートだ!
ペタンコのメールボーイに7点。ブラックコメディは結構好きです。

投稿者:トリガー投稿日:2002-10-26 10:34:08
「スリーピーホロウ」「猿の惑星」と
悪趣味ながらも、その美術的センスで
魅了してくれた監督、ティム・バートン。
しかし、彼の初期の映画「バットマン」、
それにこの「ビートル・ジュース」。
どうも好きではない。
悪趣味な感じもしなくはないが
怖さと笑いのバランスが不安定すぎて
「ブラック」と呼ぶには程遠い。
それに美術センスもこのころは
単なるぬいぐるみ、コスプレにすぎない。
これらを観たあと最初に挙げた2本を観ると
彼の明らかな急成長がハッキリ伺える。
投稿者:月とスッポン投稿日:2001-10-02 00:55:09
この作品は今から5、6年くらい前に友達に勧められてみました。...が、面白かったことは何となく覚えてるんですが、内容がいまいち思い出せな〜い!!のでも一回見るか!ウィノナライダー出てたんですねえ..。しらんかった!!見ねば!!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-17 14:10:37
ですけど、これはつまらないです。
途中で観るのやめようかなーと二回ほど思いました。
投稿者:kn2投稿日:2001-08-16 01:07:06
 この映画の脇役のキャラクター達は一本の映画の脇役にしておくにはもったいないくらいいいキャラクターがそろっているとは思いませんか? ビートルジュース自身はそれほどとっぴというわけではないけれど、脇に脇に行くほどティム・バートンのオタクぶりがうかがえる凝りようになる。その当たりの細部に対する配慮が映画にとって生命線になっているような気がする。それはティム・バートン映画のすべてに通じて言えることでもあるような気はします。http://cinema-today.hoops.ne.jp/
投稿者:拷問美女投稿日:2001-04-10 05:43:19
むかし、みておもしろかったな。
W・ライダー可愛かった。(今もカワイイだろうけど)
投稿者:毬栗君投稿日:2001-03-16 09:51:47
これがバットマンことブルース・ウェインと同一人物とは思えない。
ウィノナといいバートンの世界といい最高に楽しくハッピー!!
投稿者:inres投稿日:2001-03-16 02:47:16
ティム・バートンの作品中では最も好きです。
ただし感動したい人向きではないので、悪しからず。

ウィノナ・ライダー...最高!
アレック・ボールドウィンとジーナ・デイヴィスも楽しそうに演ってるし、
キャサリン・オハラ...これまた最高!
マイケル・キートン...初めから終わりまでワルノリ。

ちょっと悪趣味なギャグの好きな人は必見!
投稿者:jesus投稿日:2001-01-25 14:10:48
この映画は、中学生の時に上映していて映画館で見たのですが、その時はあまり映画に興味がなかった年頃でした。しか−し、映画ってこんなに面白いものなんだと、感動した作品の一つです。今もティム・バートンの作品は必ずチェックしています。独特の世界を持っていていつもワクワクして見てます。あとは『猿の惑星』が上映されるのを待つのみです。 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ メイクアップ賞スティーヴ・ラ・ボート 
  ロバート・ショート 
  ヴェ・ニール 
■ 主演男優賞マイケル・キートン 「偽りのヘブン」に対しても
【レンタル】
 【Blu-ray】ビートルジュース 20周年記念版レンタル有り
 【DVD】ビートルジュースレンタル有り
 【VIDEO】ビートルジュースレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION