allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビートルズ/レット・イット・ビー(1970)

LET IT BE

メディア映画
上映時間80分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1970/08/25
リバイバル→UA-73.12→UA-74.7→UA-75.6
ジャンルドキュメンタリー

【解説】
 ビートルズのとある一日を点描したドキュメンタリー。録音スタジオに集まった面々の、リハーサルや日常会話、パフォーマンス等を演出無しでそのままとりあげた作品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-15 21:12:51
さすがに曲は素晴らしいです。
ジョン・レノンにぴったり寄り添った
ヨーコが邪魔。
投稿者:FFF投稿日:2011-12-14 20:19:58
久々に観ました。昔は動いてるだけでありがたかったですがスタジオのダラダラがルーフトップでマジックに変わるとこはやっぱスゴいです。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2011-03-28 19:29:45
この映画もなぜかソフト化されませんね。不思議です。

権利関係とかいろいろいわれていますけど、でもほかはだいたいソフト化されていますからねえ。なぜなんでしょうか。

私はこの映画をはるか昔に見たことがあります。昔はテレビ放映だってされたこともあるんだけどね、なかなかいまは難しいかな。

ソフト化されればもちろん買います。ついでながら、最後のコンサートは、警察ともある程度話し合いはできていたみたいですね。当然といえば当然か。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-04 00:01:40
 「ドント・レット・ミー・ダウン」が1曲目だった。
 ロンドンのアップル・スタジオで彼らの真剣で時にはユーモアのある練習風景。その表情が見応えがある。

 狭いスタジオ内から屋上へとカメラが移った瞬間の開放感。
 屋上での演奏中、押しかけた警官たちに向かって唄っているように見える「ゲット・バック」

 楽器を手放す瞬間、映画は終わる。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-01-23 21:43:14
ビートルズ主演映画3作目は、ミケランジェロ・アントニオーニが監督するはずだったと。
どういう紆余曲折があったか、アントニオーニはビートルズ抜きで
イギリス・ロケの『欲望』を撮り、それにヤードバーズが出ちまったと。
(ザ・フー、もしくはベルベット・アンダーグラウンドが出る予定だったとの説もある)
映画スタジオで嫌々セッションするビートルズの、背景の色が照明でくるくる変わる。
なんだか色彩の乱舞が『刺青一代』あたりの鈴木清順の映画みたいだ。
タイトル曲「レット・イット・ビー」、ギター・ソロに入る瞬間にすかさず、
ジョージ・ハリソンの手元にぐいっとズームアップ。
この即物的なカメラワークがいいのだ、とっても。
『三大怪獣・地球最大の決戦』で、キングギドラが登場する瞬間のズームと同質の感動があった。
IMDbによると、オリジナルは3時間あって、ジョンとヨーコのショットが多かったらしい。
観てみたいから、早くDVD化しておくれ!


投稿者:月光蚊面は僕でした。投稿日:2004-08-19 20:12:44
Let it be のビデオが手元に有ります(字幕無し)むかーし、むかーし、CDが、メジャーになった頃ねレコード屋さんで、入手しました、このビデオを
DVDにダビングのやり方ってどうやって行うんでしょうねぇ?
投稿者:eddie投稿日:2002-04-17 11:04:26
それはコレクター的な欲求からで、映画としては、あまり気分のいい代物ではない。ポールとジョージのマジ喧嘩、ルーフトップ・セッションをめぐる警察とのこぜりあい、散漫なセッションなど、(ある意味)ヤバい場面の連続。憧れの彼女が自室でスッピンでだらしないかっこしてるのを見てしまったような気分になる。
それでも見たい、所有したいのがファンの性ってやつですが(^^;
投稿者:ASH投稿日:2002-02-10 00:32:57
【ネタバレ注意】

 ええと、「ソニー名作洋画ノーカット10週」なる深夜番組で、この伝説の音楽ドキュメンタリーを観たのが最初。βのテープに録画したのでもう永久に観ることはできないが、ただでさえ見る機会の少なかったビートルズが動いているというだけで感動した。ポールとジョージが口論したりとか、まぁ、すごいのなんの。

 思い出だけで「評価」を下しちゃいけないんでしょうが、多分、もう一度観る機会に恵まれたのならば、このくらいの評価は妥当でしょうから。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 音楽(編曲・歌曲)賞ザ・ビートルズ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION