allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

卑怯者の勲章(1964)

THE AMERICANIZATION OF EMILY

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1965/06/15
ジャンルコメディ/ロマンス

【解説】
 主人公のアメリカ海軍少佐は提督の命令で、イギリスの未亡人を招待することになった。彼女はアメリカ人が大嫌いだったが、少佐には惹かれるものを感じる。その後、少佐は妙な偶然からノルマンディーに一番乗りを果たす。そのとき、彼女はすでにアメリカ人的な物の考え方をするようになっていた……。軍隊を舞台にしたラブ・コメディ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2010-09-12 21:23:02
なんとジュディーアンドリュースがSound Of Musicの前にこんな映画に出ていた! 内容は、あの史上最大の作戦、すなわちDデーに無理やり映画撮影のために参加させられる米海軍ジェームスガーナー(彼の生涯最高の役だ)とその英国人の恋人アンドリュースの物語。単純なラブコメディーではない。エミリーのアメリカ化、という原題が面白い。知られざる傑作だと思う。
アンドリュースの歌はないが、テーマ曲は「いそしぎ」で有名なジョニーマンデル作曲のEmily。これがすばらしい!! 今では大スタンダード曲となっている。(ジュディーがこれを歌ったレコードあるのかな?)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞(白黒)フィリップ・H・ラスロップ 
 □ 美術監督・装置賞(白黒)Elliot Scott美術
  George W. Davis美術
  Hans Peters美術
  Robert R.Benton装置
  Henry Grace装置
□ 女優賞(国内)ジュリー・アンドリュース 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION