allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

IT/イット(1990)

IT

IT/恐怖の殺人ターゲット・復讐の悪魔(TV)

メディアTVM
上映時間188分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー/サスペンス
イット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,100
USED価格:¥ 1,119
amazon.co.jpへ

【解説】
 S・キング原作によるTVムービーで、“IT”と呼ばれる何者かに付け狙われ恐怖に陥れられた男女数名の物語を、幼年期の前編と、約束の時を迎え再び再会した大人期の後編により構成。同じくキング原作の「スタンド・バイ・ミー」を彷彿させるようなストーリーとなっている。ITを神出鬼没に登場させ素直に恐怖を演出した前半は、映像的に心理的恐怖を煽り見応え充分。だが、物語の収拾にかかった後半は、やはりつじつま合わせに無理をきたしたか、突然、キング原作作品の定番とも言える訳の分からないモンスターを登場させ、強引に結末づけて大いにしらけさせる。三時間も引っ張られてこれでは納得できず不満がつのるばかりである。
<allcinema>
評価
【関連作品】
スタンド・バイ・ミー(1986)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
946 5.11
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2016-04-12 06:15:18
一人娘が何者かに殺される。
図書館員のマイクは現場でジョージーという少年失踪のチラシを拾い、イギリスに住む監督のビルに電話をする。
実は幼少時代にビルは弟のジョージーが失踪し謎のピエロに襲われていたのだ。
NYで建築家をしているベンの元にもマイクから連絡があり、幼少時代に苛めら
れ戦死した父がピエロの姿へ変貌したのを思い出す。
服飾デザイナーのベヴァリーも電話を受け、子供の頃に洗面台の排水口からピエロに誘拐された子供たちの声が聞こえたのを思い出す。
NYで母親と二人暮らしのエディーも電話を受け、幼少時代にシャワーを浴びている時に排水口からピエロが現れ友達を連れておいでと呼びかけられたのを思い出す。
カリフォルニアでコメディアンをしているリッチー。
彼も昔、ボイラー室で狼男に襲われピエロが現れたのを思い出す。
アトランタで妻と幸せに暮らすスタン。
子供の頃に7人で下水道を探索しているとピエロが現れ、7人を待ち伏せていた不良の1人を連れ去って行く。
フランクは浴槽で死亡、鏡にはITと血文字で書かれていた。
皆はマイクの元へ集まりピエロを倒す事を誓うが・・・。

あの超長編ITを映像化。
監督はT・ウォーレスなので期待するがDVDの前編は子供時代の回想、後編で今後どうするかを描いているので喰い足りない部分が出て来るのは仕方なし。
そもそも何故ピエロが大人になった7人に拘って出現するのかもこのTV映画を見ていて分からなかった。
出演者にあのO・ハッシーが居るのは嬉しかったが・・・。
ビデオはワーナー・ホーム・ビデオから2巻に別れてリリースされていたが、DVDとなり両面に収録されしかもビスタサイズのスクイーズ収録、監督やキャストのコメンタリーも収録されている。

原作「IT」(スティーヴン・キング・文春文庫・評価)は4冊からなる大作だが、これを3時間余りで映像化するには無理があった。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-07 22:27:20
ティム・カリー、おまえだったのか!!
投稿者:こじか投稿日:2010-05-23 22:45:13
【ネタバレ注意】

これは点数付けづらいなぁ。
途中までは「スタンド・バイ・ミー2-ホラー篇-」くらいの勢いで
普通に楽しんでたのですが、やはり虫さん登場は理解に苦しむ…。
ティム・カリーの勇姿が素敵な分、さらに残念。

投稿者:やすのり投稿日:2008-11-02 09:58:07
前後編通しての感想は下の方々と同じで、前編○で後編は×といったとこです。合計で3時間以上あるのでとにかく疲れた……。
下でも散々言われてはいるが、ラストの辺の盛り上がらん展開はもっと何とならなかったのか?いくら友情パワー(?)に弱いとはいえ、あまりにITが弱すぎる。それに最初はやっぱりピエロ形体で出てきて戦って欲しかった、初っ端からあんなカニさんみたいなのにヌッと出て来られてもねぇ……。
投稿者:ac投稿日:2007-12-17 13:20:30
前半は本当ーに面白かった。心底恐怖でピエロ=イットでトラウマになったほど。しかしラスト、やはりクモに拍子抜けしてしまった・・。ピエロの恐怖が強烈だったからかな。それだけ子供の頃感じる恐怖は大きかったということで同情します。くわえてキング小説の世界って改めてすごいですよね
投稿者:jordandas投稿日:2007-09-30 16:26:56
何ですか?からかうのは止めてください。ラスト、適当に時間合わせするために「やっちゃい」ましたか!?それにしても、ゴムのパチンコで退治できるITって、それも観る人をバカにしきってる感じ。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-06-29 14:39:14
前に録画して見た作品です。前編後編で3時間以上あるので、2日にわたって放送されていました。まぁTVMなので感想の方は“普通”という感じですね。私は別に期待していなかったので、それなりに楽しむことは出来ました。まぁラストは微妙ですし、それほどの恐怖を味わえる作品でもありません。でもまたそこが良かったし、いつも通りのスティーヴン・キング作品を見ているという感じでした。
後、ティム・カリーのピエロ姿は似合ってたし、今となっては貴重なジョナサン・ブランディスの姿も見れるので、そういった意味では大切な作品です。
投稿者:たのきゅう投稿日:2006-10-06 15:58:04
神出鬼没のITの正体が最後に明かされると御覧になったあなたは驚愕の事実を知らされるだろう。それがこの作品の最大の恐怖(笑)。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-05-23 00:15:08
【ネタバレ注意】

この映画の構成については、他のコメンテーターと同じ意見です。ついでに言わせてもらえれば少年時代に「ラッキー7」として団結したんだから、その中から死人を出す必要はなかったのでは?
S・キングの原作で他にも登場するみたいですが、社会的に軽視の対象になりがちな子たち(イジメられっ子、肥満、低所得家庭、人種違い、病気による虚弱、障害等)でラッキー7は構成されており、みんなで団結して不良(マジで粗暴)と戦うのが少年時代で微笑ましかったです。いっそその時代に怪物退治をしてしまえばよかったのに、と思う。
大人になって、それぞれ社会的に成功した人もいるが、何かしらの悩みを抱えていて、それを描くことで「大人になるのは大変なんだよ。」と言いたかったんだろうか?

投稿者:irony投稿日:2005-09-28 03:42:48
 私もこれ、12、3年前ぐらいに見ました。ピエロであるそれは大変恐かった記憶がありますが、終盤はオイオイって感じでそりゃーいくらなんでもって感じでがっかりしました。やっぱりキングですから〜しょうがないか。 因にピエロ殺人鬼のモデルはジョンウェインゲーシーです。
投稿者:アリエアー投稿日:2005-09-27 23:25:36
【ネタバレ注意】

ピエロからなぜに甲殻生物にバトンタッチ??と、そこは誰もが突っ込まずにはいられない。
奴にやられてあっさり死んでしまう童貞男があまりにあわれ。
どうして30年ごとにピエロが現れ、殺りくを繰り広げるのか。
昔この町で何が起り、この忌わしき悪霊が生まれるに至ったのか。
理由は明かされないまま。

投稿者:ふじこ投稿日:2003-12-19 15:28:10
うん、前半と後半であんなに評価が分かれてしまう作品ってのも珍しいのでは。一生懸命見てたのですが最後あいつが出てきた瞬間、今まで見てた3時間近くどうしてくれるんだーって思った。ピエロのほうが断然不気味。
投稿者:ASH投稿日:2003-10-17 23:43:16
【ネタバレ注意】

 結局、あのラッキー7を散々怖がらせていたペニーワイズって一体何だったのさ? キングの原作を読んでいない人は置いてけぼりなのかね。とはいえ、ノスタルジーとホラーが絶妙にブレンドされたあの雰囲気はは決して悪くはない。前編はホラー映画版「スタンド・バイ・ミー」だわな(月並みな表現だなぁ)。あの怪物の正体も、キングのB級感覚からいえばああいうのが登場するのは何となく理解できるものだしね。

 それにしても、全米中に散りじりになった同級生をたった一言でほぼ全員集めたあの人に、同窓会幹事を任命します!

投稿者:PrcoRosso投稿日:2003-09-28 11:04:55
なんかあのクモみたいな怪物が正体表したあたりで、こんなのあり?って感じでした。小説は今読み途中なんですが、なかなか面白い。ってか、怖い…さすがホラーの帝王スティーヴン・キングです。。しかし映画でもあのピエロは変に怖かったな。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-22 18:37:45
前編はいい。後編はダメ。
投稿者:4531731投稿日:2003-01-26 13:29:10
 いっそのこと前編だけにすればよかった。風に揺れるシーツの間から見えるピエロの図は悪夢的で大好きだし、大人達の回想、つまり子供達がいい。実際意気投合してるんじゃないかな。マジックを感じる。あの子達が演じる友情とか冒険とか初恋のドラマが楽しい。ノスタルジック。疲れてる人が見たらたちまち惹かれるでしょう。確かあのうちの何人かフルハウスに出てましたね。ロリマー関係からか。前半はそんな感じでいいんだけど、後半パッとしない。怪獣とおやじ達の戦いが緊張感に欠ける。あれでいーのかな。残念。オリビア・ハッセーが絡む展開はいらない感じだな。
投稿者:nr-akiko投稿日:2002-12-30 19:57:27
【ネタバレ注意】

NHKの番組で深夜に見ました。前半は面白かったので、後半を期待して待ったのに・・このサイトのみなさんのコメント通り、ITの正体がわかった瞬間の驚愕はあまりにも・・なぜボスキャラがカニ道楽なの?じゃ、あのピエロはなんだったの?それにしても、スティーブン・キングは自分の分身を登場させるのが好きなんですね。「スタンド・バイ・ミー」しか見てないのでなんとも言えないけれど・・

投稿者:quadrant投稿日:2002-12-29 14:49:39
【ネタバレ注意】

・・凄くいい!のに、ありゃりゃ?
「恐怖は自らの内にある」事の描き込みが緩いので、どうしてボスキャラがあんな物になったのか、分かってもらえない可能性高し!
4点です。キングネタは、映像化が難しい。

投稿者:BIGWAVE投稿日:2002-08-16 22:06:02
私は、登場人物と同じ10歳の時に初めて見て、ハンパじゃない衝撃を受けたのを覚えています。この映画以来、いまだに私にとってピエロはどこか怖い存在。18歳になった今、久しぶりにまた見たのですが、観なければよかった…と後悔しています(笑)ホラー大好きな私が、今までに見たホラーのなかで一番怖かったのにやっぱり子供向けだったのかなって。ちょっと原作を読もうと思っています。でも、子供が心を許す大好きなピエロが子供を狙うっていうのはすごい設定ですよね!!やっぱ脚本なのかな。でもでもティム・カリーのペニーワイズわ今見ても最高!!!
投稿者:フルハウス投稿日:2002-02-10 10:09:11
友達と何年前かに観ました。みなさんのコメント同様、『IT』の正体がわかったとたん笑った記憶があります。ほんとにやられた〜!という感じでした。電気を暗くして雰囲気満点で観ていたのがみょーにむなしかったです。(笑)子供がみたら『あれ』も怖いんですかね?既出のピエロのほうが何十倍も怖かった気が。。
投稿者:レッド投稿日:2001-09-21 22:02:38
原作読めばわかるんだけど、クライマックスを映像化するのは
非常に難しいし、映画向きでない。仕方なくあのラストになった
と思うが、それにしても拍子抜けなのは確か。思い切ってモンスターの
正体を原作からかけ離れたものにした方が良かったかもしれない。
前半は素晴らしい。喘息薬で誓いを立てるシーンは最高に良い場面だと
思うが、原作にはあのシーンはない。傑作になりそこねた惜しい作品。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-09-05 18:12:13
前編観てる時は、おっこれはなかなかかな と思って
観てたけど、後編やばくなってきたと思ったらラスト
やっちゃった?
でも、みんな同じ風に感じるものなんですねー。
投稿者:zula投稿日:2001-09-04 05:01:05
minnano itteru last ga dokodaka wakannaikedo charinkoni notte modottatoki so-to- naketayo!!
投稿者:ハラ軍曹投稿日:2001-06-10 04:25:55
なんなんでしょう、あのラストは。勘弁してください。他の皆さんはラストの不満からか、前半に関しては合格点のようですけど、前半もちょっと長すぎると思いますね。同じパターンを何人分も見せられても・・。ふりに1時間半は長過ぎる。そしてあの落ちでしょう。勘弁してください。設定はいいもの持ってるんだから。あんなにピエロを怖く見せる描写はなかなかのものだし。最後までまじめに作ってくださいよ、ホントに。勘弁してください。
投稿者:ヒロ投稿日:2001-06-09 11:14:00
解説とafronさんのコメントと同様、ラストはほんとにがっかり。
前編はめちゃ面白かったのに・・。でも好きな映画。
投稿者:PEL投稿日:2001-03-28 07:30:31
↓まったく同感です・・・
スティーヴン・キング原作は当たり外れが激しいなぁ。
投稿者:afron投稿日:2000-11-11 23:28:53
と、叫びたくなるラスト。

ああ〜前編はよくできてたのに〜。前編だけでいい〜。
ジョナサン・ブランディスが泣かせます。前編だけね。
【レンタル】
 【DVD】IT/イットレンタル有り
 【VIDEO】IT/イット <前・後編>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION