allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビバ!マリア(1965)

VIVA MARIA!

メディア映画
上映時間122分
製作国フランス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1966/04/22
ジャンルコメディ/西部劇
ビバ! マリア [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,020
USED価格:¥ 3,600
amazon.co.jpへ

【解説】
 フランスを代表する二人の大女優が同じマリアという名を持つ歌手兼踊り子に扮し、革命のメキシコを舞台に大暴れするミュージカル調コメディ。父親仕込みのはえぬきのアナーキストのマリア(バルドー)は、流浪の果てにたどり着いたメキシコで警官に追われ、旅の一座に紛れ込む。ちょうど一座の歌手が自殺してひと騒動の時で、彼女は身代わりに花形女優のマリア(モロー)とコンビで舞台に出ることになった。“マリアとマリア”で売り出して大人気の二人。が、アナーキスト・マリアが保守派の暴行略奪を目撃し怒り心頭、相方をしり目に派手にやった。そして、革命派の指導者(ハミルトン)に互いに惚れてしまったことで、退くに退けない恋と農奴解放の大闘争に参入していく……。マルが「地下鉄のザジ」で試みたスラップスティックを西部劇風に展開。コミック的には消化不良だが、二大女優のキャラクターの違うお色気はうまく出せていたし、ノスタルジックな雰囲気作りにも成功している。
<allcinema>
評価
【関連作品】
地下鉄のザジ(1960)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
420 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2011-04-16 16:46:09
子供の頃からアナキストの父と行動を共にしていたブリジット・バルドーが、父の爆死後旅芸人一座の歌手ジャンヌ・モローと知り合い、マリア・アンド・マリアのコンビで舞台で人気を博すが、二人とも革命運動のリーダーになっていくと言うのが面白いです。
中盤のラブロマンス的な進行は、二人の舞台が主体であまり面白くありませんが、最後の闘いになると、正に現代的なドタバタで痛快です。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-03-20 14:00:13
冒頭と終盤に用意されているアクション、旅芸人という設定を活かしたコメディ、テンポの良い音楽、アイルランドや独裁国家などの硬い題材、そしてちょこっとセクシー・・・とシリアスなのかギャグ映画なのか不思議なテイストの作品です。
ところどころ何のためのシーンか分かりにくい部分もありましたが、全体的には手品をする夫婦や曲芸グループなど登場人物それぞれが楽しませてくれています。

もちろんダブル主役と言える二人のマリアを演じたジャンヌ・モローとブリジット・バルドーの美しさや可愛い衣装に身を包んだ二人と爆弾・機関銃など色気の中にあるカッコ良さみたいなものもとても素敵でした。
特にブリジット・バルドーの魅力が全開でございます。
ただ・・・後半、マリアとマリアのパフォーマンスが観れない展開になってしまったのはチョット残念だったかな。

笑いに関してはドタバタでお馬鹿なモノからシュールでブラックなものまで用意されているので、爆笑は無理でも誰もがどこかでクスッとできるネタがあると思います。
ルイ・マル監督の洒落た遊び心やチョイズレなストーリー感覚が好きな方にオススメですね。

ブリジット・バルドーの心情が理解し辛いとかストーリーも練りに練られたという訳でもないのですが、タイプの違うフランス二大女優が息もピッタリに演じている様子を見るだけで結構満足出来ちゃう娯楽映画です。
投稿者:Tom投稿日:2005-06-30 05:04:27
女性が政治に係わっていくいわば目覚めのような映画だね。
ニュー・ジャーマン・シネマの天才時ファスビンターのお気に入りとしても有名な映画だね。政治家と聖職者がグルになっているという権力の構図にも注目したい。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-01-09 21:13:34
バルドーとモローが共演したなんとも楽しい映画。音楽もカメラワークも楽しさを演出している。フランス映画の機知とユーモアは伝統ですね。
投稿者:00777投稿日:2002-11-15 19:09:14
驚いた、(死刑台のエレベータ、地下鉄のザジ)を作った、気取ったヌーベルバーク野郎が、驚いた、ブリジットバルドーとジャンヌモローが共演、驚いた、なんと、マカロニウエスタン顔負けの、痛快娯楽映画、この映画は、60年代の映画では、5本の指に入る、娯楽映画、アクションもユーモアも色気もある、さあみんなで楽しもう。http://www.bonoru.com/movie22.htm
投稿者:ASH投稿日:2002-09-19 23:35:21
【ネタバレ注意】

 ヌーベルバーグの旗手として語られがちのルイ・マルだけど、実はこういう娯楽作もソツなくこなす職人監督だったんだねぇ。

 【My Cult Film】

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 女優賞(国外)ジャンヌ・モロー 
  ブリジット・バルドー 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ビバ!マリア2017/11/24\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ビバ!マリア2006/05/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ビバ!マリアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION