allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

101匹わんちゃん(1960)

ONE HUNDRED AND ONE DALMATIANS

101匹わんちゃん大行進(初公開)

メディア映画 Anime
上映時間80分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(RKO)
初公開年月1962/07/21
リバイバル→RKO-67.7→東映-81.7→ブエナ-95.3
ジャンルファミリー
D23 Expo Japan 2015開催記念 ディズニー ブルーレイ・ベストセレクション Vol.1 (期間限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 19,440
価格:¥ 22,000
USED価格:¥ 19,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 トレスマシン、つまり手書きの動画をセルにコピーすることで作画を楽にする、今では当たり前の方法を採用することで、製作が可能となった、101匹ものダルメシアン犬の物語。作曲家ロジャーに飼われる犬のポンゴは、心優しいアニタという女性を主人に引き合わせる。そして、自分もちゃっかり、アニタの愛犬パディータと仲良しになり、15匹の仔犬をもうけるが、アニタの知り合いで毛皮フェチのクルエラに誘拐されてしまい、さあ大変。二匹の親犬は苦労の末、人里はなれた別荘に、他の84匹の仔犬と一緒に捕らえられた15匹を見つけ出す。総勢101匹となった彼らは、黒ぶちのお団子となって白い雪原を逃げ回る。15匹の見分けもつかないのに、他の84匹のキャラクタの描き分けなんかされたひにゃ気が狂ったろうなぁ。子供たちの嫌いなクルエラは、今となれば愛すべき悪役。彼女のテーマ“Cruella De Ville”も、ロカビリー歌謡(?)の名曲です。96年にはなんと実写版リメイク「101」が作られた。
<allcinema>
評価
【関連作品】
101(1996)実写リメイク版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-05 22:16:16
2匹のわんこがスパゲティをつるつる食べてって、
最後にチュッとして照れるシーンしか覚えてない。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-06-19 15:48:39
ディズニーの楽しい名作アニメーション。
101匹の愛らしいダルメシアンたちの活躍は見ていて微笑ましく、自然と物語に引き込まれていきます。
私は昔から何度も見てきましたが、今日改めて見てやっぱり良かったです。特に素晴らしいと思うのは、他の犬たちや猫、馬、牛、アヒルなどいろんな動物達が行方不明になった子犬たちを心配したり、応援したり、協力したりしてくれる所!もうこういった所は見ていて涙が出てきます。
そして確かにアニメーター達はこれだけのダルメシアンを描くのは大変だったでしょうね。気が遠くなります。でもその苦労は見事に実りましたね!素晴らしい映像です。何度見ても楽しめるし、40年以上経った今見ても古さをまったく感じません!
とにかくラストまで十分楽しめ、結構ハラハラドキドキします。悪役のクルエラも素晴らしいし、泥棒の2人組みも笑いをとってくれます!
96年の実写版もいいけど、特に泥棒の2人組みに関してだけはアニメ版の本作の方がいいですよ!
という訳で大人から子供まで楽しめるディズニーの名作アニメーションの一つです!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ アニメーション賞 
【レンタル】
 【DVD】101匹わんちゃん スペシャル・エディションレンタル有り
 【VIDEO】101匹わんちゃんレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION