allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ピラニア(1978)

PIRANHA

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1978/10/14
ジャンルホラー/パニック
ピラニア
参考価格:¥ 4,968
価格:¥ 4,968
USED価格:¥ 4,599
amazon.co.jpへ

【解説】
 山間部の立入禁止区域で若い男女が失踪。山に詳しい案内人と共に現地に赴いた女性調査員は、そこで奇妙な施設を発見、誤ってプールの放水バルブを開けてしまう。だが、その中には生物兵器として改良を施された特殊なピラニア群がいたのだ。河に流れ込んだ無数のピラニアは獲物を求めて下流へと向かった……。元日活の女優・筑波久子が、ロジャー・コーマンの元で製作した「JAWS/ジョーズ」の亜流だが、アイディアに満ちたJ・セイルズの脚本を得て、J・ダンテの演出は低予算をカバーしつつ視覚的に恐怖を表現させており、数多ある亜流作品の中では群を抜く面白さを誇る(ダンテとセイルズは「ハウリング」でもコンビを組む)。「燃える昆虫軍団」のB・ディルマン、「怪奇!吸血人間スネーク」のH・メンジース、「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」のK・マッカーシー、コーマン作品常連(この後、ダンテ作品の常連と化す)のD・ミラー、「血ぬられた墓標」のB・スティール等、キャストの顔ぶれもこの種の作品の王道を行くものだ。続編は「殺人魚フライングキラー」。95年の「ザ・ピラニア/殺戮生命体」はセイルズ脚本を基にしたリメイク(!)。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

月曜ロードショー(プロデューサー(TBS):熊谷国雄 台詞:矢田尚 効果:遠藤尭雄/桜井俊哉 録音:TFCスタジオ 調整:前田仁信 ディレクター:伊達渉 担当(TFC):安斎久司)
※このデータは放送当時の情報です。
羽佐間道夫ブラッドフォード・ディルマンポール・グローガン
小宮和枝ヘザー・メンジースマギー・マッキューン
阪脩ケヴィン・マッカーシーロバート・ホーク博士
上田敏也キーナン・ウィンジャック
池田勝ディック・ミラーバック・ガードナー
山田礼子バーバラ・スティールメンジャース博士
高島雅羅ベリンダ・バラスキーベッツィー
村松康雄ブルース・ゴードンワックスマン大佐
飯塚昭三ポール・バーテルデュモント
榊原良子メロディ・トーマスローラ・ディキンソン
滝沢久美子シャノン・コリンズスージー・グローガン
藤本譲
秋元羊介
山田栄子
広瀬正志
屋良有作
放送1982/03/15 TBS 月曜ロードショー
収録【DVD】ピラニア COLLECTOR'S EDITION <初回完全限定生産>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
534 6.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2018-10-20 07:19:15
【ネタバレ注意】


70〜80年代のB級映画は、
細かい事は言っちゃダメは、

投稿者:リベルタド!!投稿日:2018-09-20 21:25:32
ジョー・ダンテ監督&ジョン・セイルズ脚本の名コンビで描く、極上パニックホラー!さらに、音楽のピノ・ドナジオ、特殊メイクのロブ・ボティンを加えた四銃士は、後に「ハウリング」でも集結する。
「ジョーズ」が大ヒットしたからっていう、安易な企画だったのかもしれないけど、“あえて”B級に徹したことで、恐怖とパロディがジョーズにミックスされた愛すべき逸品に仕上がった!
この快進撃は「フライングキラー」へと続く!
投稿者:namurisu投稿日:2014-06-08 15:29:38
リメイクの勝ち。主役の女、きちんと脱ごう。
投稿者:ファルド投稿日:2012-07-21 08:35:10
冷水や海水にも強い変異種のピラニアが襲ってくるのだが、その描写がちまちましていると言うか、今一つ迫力を感じなかった。まあ、廃液を流しに川に潜ったポールが襲われるシーンはそれなりだったけど。それにしても、研究所のロバート博士は、転覆したボートの上に居る子供を助けようとする時、それほど切迫した状況でもなく、筏もすぐ近くまで行っているのに、何で危険な川に飛び込むの?と突っ込みたくなった。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-06-13 10:50:29
何がすごいってこのヒロインのキャラですね。こんな事態引き起こしておきながら絶対反省も後悔も謝罪もしないところ。排水を止めようとした博士の頭を水筒で殴る。しかも二度、三度(念入りに!)。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:なちら投稿日:2011-01-19 20:58:20
【ネタバレ注意】

この作品は、バカの連鎖反応により多くの人命が失われる物語。

第一のバカは、汚水処理施設かと疑いつつも、バカね☆と言い放ち
(己がバカだとは気付いていない)謎の池ではしゃぐカップル。

第二のバカは、カップルを探しに来た男と女。謎の池は軍施設と知りながら、勝手に侵入し排水。
バカなので止めに入った施設の博士を倒します。

謎の池のピラニアは放たれ、これらを殺す為に何でも死ぬという謎の廃液を川へ流します。
え?何でも死ぬ廃液を川へ…?

バカの連鎖は死の連鎖。笑いが止まらないね。

投稿者:bond投稿日:2008-06-22 19:02:18
当時の匂いプンプンで、懐かしい顔ぶれが観れた。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-03-03 23:51:34
米軍の秘密研究所に、一瞬現れる爬虫類系怪生物!
これはダンテの師匠格、ロジャー・コーマンが監督したポー原作『黒猫の怨霊』で、
ワインに酔ったピーター・ローレが見る幻覚のイグアナの再現ですな、きっと。


投稿者:らす投稿日:2004-10-23 11:11:13
飽きさせない映画でした。
特に自分が原因なのになんの反省も無いヘザーメンジーズが愛嬌たっぷりでよかったです。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-03-20 15:00:54
う〜ん、先にリメイク版で観ちゃったからストーリーとセリフがそのまんま、というところが一番印象に残るかな。
作品の出来栄えとしては・・・まあまあかな。そりゃ他のピラニア映画と比べりゃマシ。ちゃんとピラニアが画面に映ってるし、ストーリーもおもしろい。その点満足。
ただやっぱピラニアがシルエットとちまちましたアクションで終わっちゃうとこが悲しい。まあピラニアの襲撃なんてそんなもんかもしれんが(だからリメイク版のコメント欄に「映画にゃ不向き」って書いたんだ)。
若干技術の進歩があるせいかリメイク版の方が楽しめた。まあ技術で面白さが決まるとも思ってないんだけど。
ただこっちも結構楽しめた。スージーの死に様シーンはリメイク版、本作両方ともショッキングだ。
未だに続編「殺人魚フライングキラー」は観てない。観たいのだがなかなか見つからない!ピラニアが空を飛ぶという、ある意味素晴らしいアイデアをキャメロンが(途中まで)どう仕上げたのか。

とにかくこれは面白かった。
投稿者:ご飯投稿日:2003-06-30 08:25:05
ピラニアはシルエットだけという低予算映画らしいが、これはジョーズの亜流では出色の面白さ。今、改めて観るとスタッフ・キャストはこの手の映画の常連たちで固まっていることに、マニア向けの作品だったんだなあと納得。ジョー・ダンテ監督はこれで出世したけれど、違う路線も挑戦するスピルバーグと違って、今でもオタクぶりを発揮している。ティム・バートンでも少し変わってきたのに、彼はまったく変わらない。ピーターパンシンドロームに囚われているのは、スピルバーグよりもジョー・ダンテの方であった。kad26278@biglobe.ne.jp.
投稿者:ASH投稿日:2003-04-27 18:30:25
【ネタバレ注意】

 「ジョーズ」の亜流であることには間違いないが、あまたある亜流映画の中ではトップ・クラスの完成度を誇る秀作です。脚本のジョン・セイルズ、監督のJ・ダンテの素晴らしき才能の賜物と言い切ってしまおうか(あれ? チャコは?)。

 低予算のB級映画と片付けてしまうには勿体ないくらい迫力のあるモブ・シーン、水中を不気味な音を立てて襲ってくるピラニアの特殊効果ともなかなか見せる。ヘンなトカゲをストップモーション・アニメで撮る遊び心もダンテ監督らしくて楽しい。間抜けな兵隊さん役をJ・セイルズが演じているので見逃すな!

 【My Cult Movie】

投稿者:春夏秋冬投稿日:2002-10-12 14:58:31
本家ジョーズより面白い!
生物パニック系の映画では「スクワーム」「スラッグス」にひけを取らない面白さ。特に水中シーンが結構怖くていい!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-20 16:21:31
普通だった。もっと面白かったような記憶だったん
だけど。
ピラニアのアップが多すぎで飽きた。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ピラニアレンタル有り
 【VIDEO】ピラニアレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION