allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ピンク・キャデラック(1989)

PINK CADILLAC

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1989/11/11
ジャンルコメディ/アクション
ピンク・キャデラック [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 578
USED価格:¥ 850
amazon.co.jpへ

 Photos
ピンク・キャデラック

【解説】
 最近はこうしたお気楽作品を作らなくなってしまったイーストウッド。在分に芸術家である姿勢を認められたことや彼のスターとしての衰えもあろうが、ファンとしては淋しい所だ。B・ピータースといういつまでも少女のようなショウビズ界の大立者をヒロインに迎え、トボけたユーモアを絡め、プロの賞金稼ぎと彼に追われる偽札犯を夫に持つ田舎町の主婦のロマンスを、のんびり描いた本作の出来は必ずしも上々とは言えない。しかし、偽札と思いきや本物を奪っていた妻が男を巻き込んでのんきな逃避行を題名にある車で続ける物語は肩が凝らず、ラスベガスで二人がギャンブルに興ずるシーンなど(お約束だが)印象に残るシーンも幾つかあって、まずは楽しめる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
633 5.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2017-02-28 13:14:46
公開当時は気づかなかったけど、ブライアン・アダムスが一瞬だけ出演していて驚いた!!
投稿者:bond投稿日:2017-01-27 22:25:53
ゆる〜い、ぬる〜い展開。ラストもアッサリ。
投稿者:domingo投稿日:2016-01-12 12:10:44
【ネタバレ注意】

はずれですかね。27年前封切のときに旅先の松本市で見て以来。出だしのギターだけは覚えていて、今回も「うおー」という感じだったが、あとは尻すぼみ。邪推では、映画の暗黙のお約束である、結局出てくる人は綺麗どころ、をあえてせずにできるとこまでやってこましたろ、的な感じではなかったかと思うが、やっぱきつかったみたい。

投稿者:uptail投稿日:2009-08-18 23:56:57
クリント・イーストウッド
投稿者:kinenchyu投稿日:2008-05-03 19:28:17
クリントイーストウッドらしい雰囲気がある作品。ラストのカーチェイスはなんとなくしょぼく少し残念。娯楽作品として十分楽しめるでしょう。
投稿者:んじょも投稿日:2005-08-25 16:29:43
単純に楽しめました。さすがイーストウッド。いまいちなヒロインも、イーストウッドが恋をすればカワイく見えるし、イーストウッドが運転すればピンクキャデラックが見ていてほしくなる(…のは言いすぎか?)。理屈ぬきで強い!賢い!!よくかんがえると妙に強引な演出すら許せてしまう!!! そんな映画です。
投稿者:オメガ投稿日:2005-06-28 10:04:29
赤ちゃんを奪ってはまた取り返し、赤ちゃんの近くで発砲するわ
怒鳴り散らすわ、挙句の果てにはカーチェイスに同乗。
まだヨチヨチ歩きもままならない赤ん坊を、映画とはいえ無理に
使いすぎ。可愛そうで見ていられず・・
投稿者:william投稿日:2005-06-06 13:47:52
「ダーティ・ハリー5」に引き続き、バディ・ヴァン・ホーン&クリント・イーストウッド作品にジム・キャリーがチョイ役で出演しているのに注目。この時やったプレスリーの物真似は彼の十八番だが、後の傑作「マン・オン・ザ・ムーン」に繋がっていく事を考えると、この監督は早いうちから彼の才能を見いだしていたのかな?

2010.02.01
改めて見ると、結構悪くない感じ。アクションとか安っぽいけど、のんびりムードの作品はもうイーストウッドはやらないからね。
投稿者:さち投稿日:2004-07-01 08:47:14
イーストウッド変わらんな
投稿者:dadada投稿日:2003-10-28 19:41:15
DJ、ピエロ、カジノの呼び込み、飲んだくれハスラー...と、賞金稼ぎのイーストウッドはターゲットに近付くために七変化。しかし、どれも似合わねぇー。とにかく、緊張感の無いのんびりした映画。イーストウッドだから、良しってとこか。クライマックスの銃撃戦なんて適当な事このうえなく...思わず苦笑です。この監督が、イーストウッドのもとで撮った三本の映画は、みんなこうだったよなぁ。
投稿者:ASH投稿日:2003-04-20 20:10:45
珍しくC・イーストウッドによるコメディだが、共演のB・ピータースとの掛け合いは爆笑するまでには至らず、題材が面白そうなだけにチト勿体ない。コメディ・パートはバーナデットに任せて、イーストウッドはいつもの苦虫を潰したような表情だから、それがつまらんという向きもあるでしょうが、イーストウッドの映画だからね。チョイ役で登場するジム・キャリーを見逃すな!
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION