allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ピンク・パンサー3(1976)

THE PINK PANTHER STRIKES AGAIN

メディア映画
上映時間104分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1977/03/12
ジャンルコメディ/ミステリー
遂に来た最新作!
ギャグもスケールも100倍にふくれて 日本列島が笑いの洪水に沈没します
ピンク・パンサー製作50周年記念DVD-BOX(6枚組) (初回生産限定)
参考価格:¥ 5,400
価格:¥ 3,852
USED価格:¥ 3,456
amazon.co.jpへ

 Photos
ピンク・パンサー3

【解説】
 クルーゾー警部の巻き起こす騒動によって、精神衰弱に陥ったドレフュス署長が精神病院に収容される。しかし、ドレフュスは病院を脱走、科学者を誘拐して物質消滅光線を作らせる。そして完成した消滅光線で、都市の破壊と引き換えにクルーゾー警部の命を要求する。破滅の危機に瀕した各国は、ドレフュスの要求に応じて、クルーゾー抹殺のための殺し屋たちを差し向けるが……。世界的規模の陰謀を能天気に解決するクルーゾー警部の活躍を描くコメディ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ピンクの豹(1963)シリーズ第1作
暗闇でドッキリ(1964)シリーズ第2作
ピンク・パンサー2(1975)シリーズ第3作
ピンク・パンサー3(1976)シリーズ第4作
ピンク・パンサー4(1978)シリーズ第5作
ピンク・パンサー5/クルーゾーは二度死ぬ(1983)シリーズ第6作
ピンク・パンサーの息子(1993)シリーズ第7作
ピンク・パンサー&クルーゾー警部(1980)アニメ版
ピンクパンサー(2006)リメイク版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
538 7.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:フェニックス投稿日:2007-07-25 22:35:20
よかれと思ってやったことが全て裏目に出、またそれとは別にまったく意識しない行動が思いもよらぬ事態を引き起こし、でも最終的にはうまく収めてしまう史上最強の警察官クルーゾー。本作でもその能力(才能?運?)が遺憾なく発揮され、狂人テロリストの陰謀を阻止する。宿敵ドレフュスが、クルーゾー警部を軽んじる自分の部下に対し「あいつはドジだ。だから恐ろしい」と戒めるセリフが印象的。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-07-23 18:39:35
が、名作「2」の続きを描くおバカ映画。
ざっくり、復讐に燃えたドレフュスが精神病院を脱走、悪の秘密結社作り、科学者を誘拐、最終兵器を盾に全世界にクルーゾー暗殺を要求〜各国から刺客が送られ……ってもの。
コメディーは、前作同様ぶち切れており、実に楽しめる。
うむ、これが「ピンクパンサー」なら「暗闇でドッキリ」も番外編とは言えないな。
…結局、エジプトの刺客が一番おいしかったのかも。
どんな破廉恥な事をするか、と思いきや…黒板拷問はナイス。まぁ一種の背筋を冷たくするサウンド、って事なのだが〜暑い夏にはお勧めだ。(ウソ)
投稿者:ダークリーママ投稿日:2006-02-11 10:44:49
おもしろいですよ。「チャーリーとチョコレート工場」のウンパルンパことディープ・ロイが出ていたのでびっくりしました。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:bond投稿日:2006-01-29 00:23:21
御馴染みではあるが、当時映画館で黒板の拷問シーンで大笑いした。
投稿者:若田部投稿日:2004-04-13 18:04:32
DVDを出すときは絶対に吹き替え版を出して欲しい。
もちろん羽佐間道夫と内海賢二バージョンで。
本当にくだらないが最高に面白い。
オマーシャリフがこんな映画で好演。(トップシークレットも良いが)
レスリーアンダウンは美の絶頂だった。
しかし「クルーゾーを殺すため世界征服」というむちゃくちゃな脚本を
よくアカデミー監督が真剣に撮るよな。
まあバカ映画を撮る監督が、アカデミーも取ったことがあるというのが
本当かな。おなじみの変装シーンも最高。
投稿者:ASH投稿日:2003-02-03 23:14:35
クルーゾー警部とドレフュス署長との対決が面白い、シリーズ屈指の爆笑作!
『3』となっているけれどこれはシリーズでは4作目なので間違えないように!
投稿者:4531731投稿日:2002-11-16 05:42:06
 問答無用。クルーゾーがドレフュスをイジめる(?)冒頭のギャグの応酬。基本に忠実で別に真新しいコトやってるワケじゃないけどいつ見てもハラかかえて笑っちまう。しかしあの事情聴取は勘弁して欲しい。盛り上げてどーする。
 あの城のセットはギリアムがかの「ジャバウォッキー」で予算がなかったため使いたかったらしいがエドワーズに断られ、スキを見て使ったらしい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞ヘンリー・マンシーニ作曲 Come to Me
  ドン・ブラック作詞
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION