allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ファミリービジネス(1989)

FAMILY BUSINESS

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1990/01/27
ジャンル犯罪
90年ニューヨーク、これだけ揃えば何かが起る!
ファミリー・ビジネス [DVD]
参考価格:¥ 1,000
価格:¥ 4,490
USED価格:¥ 748
amazon.co.jpへ

【解説】
 ニューヨークに根をおろした犯罪一家3世代が繰り広げるファミリー・ドラマ。犯罪のスリルに血をたぎらせる永遠の快男児、祖父のジェシー・マクマレン。そんな彼を見て育ってきた息子のヴィトーは、真面目な生き方を選び、息子のアダムにも真面目な人生を望んでいた。ところが、アダムはジェシーに首ったけ。そしてこの2人は、止めにかかったヴィトーをも巻き込んで、ついに100万ドル新製品強奪を企み始める……。自由奔放で楽天家のジェシーを演じるコネリーと、真面目で神経質なヴィトー演じるホフマンの演技合戦が面白い。2人共名優であるがゆえの、見事な演技で魅せてくれる。娯楽的な面白さよりも、親と子の共感と反発、望みとくい違い、そこにある信頼感等の家族としての物語にその重点が置かれており、それらを時には可笑しく、時にはしみじみと描いてゆく、キチッとした人生ドラマ。劇中、『ダニー・ボーイ』が流れるシーンは思わず胸が熱くなります。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2011-11-15 08:29:20
渋いキャスティングだが、結末がう〜ん。何を伝えたいのかよくわからない。やっぱ、犯罪はあわないって事?
投稿者:scissors投稿日:2011-07-08 22:22:40
ひたすら自分のカッコつけ優先の爺と、それに釣られる愚かな息子、振り回されるばっかりのダメ親父。
葬儀のシーンで誤魔化されちゃうけど、結局最後までその関係は変わらずに終わる。
胸が熱くなるどころか、ナニコレ?としか…。
人種や宗教の話も出てたから、自分には理解できてない部分があるのかとも思ったけど、米国でも大コケかつ悪評のようなので違うみたい。

マシュー・ブロデリックが出てる映画ってどうも合わないな。
投稿者:jordandas投稿日:2007-10-11 18:18:27
親子3代で泥棒やって「親子の絆を確認」なんて、説得力ないでしょう。盗みに入るのに、大の大人が3人も揃って道具ばかりそろえて下調べが出来ていない。泥棒としてはアホすぎる。ショーン・コネリーはこの作品を履歴から消したいのでは?と思える駄作です。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2007-05-27 19:24:49
シドニー・ルメットが好きな監督なのとショーン・コネリーとダスティン・ホフマンの競演が奇抜で見ましたが、内容はかなり無骨でやや切れに欠けるかなと思います。出来がいいとは思いませんが、しかし好きな映画です。たぶんコネリーとホフマンの親子愛(年齢的に親子を演じるのは無理なんですけどね)に心をひかれるからでしょう。逆に、マシュ―・ブロードリックはちょっとさえなかったと思います。この辺は、役者の格の違いが出てしまいました。
投稿者:なちら投稿日:2007-04-25 23:36:04
好きな映画です。三世代の親子愛がいい。
投稿者:映子投稿日:2007-04-25 23:25:23
コメントも少なく、なんとなく評判が悪いというかあまり見向きもされない作品のような感じですが、私は結構好きな作品です。
ダスティン・ホフマンはちょっと地味めな役柄で、ショーン・コネリーがやたら目立つ作品ですが、それだからこそラストの方で大柄なコネリーが留置場にぽつんと座ってるシーンなどに哀愁が漂い、ちょっと胸が痛くなります。
解説でも酷評されてるんだろうな〜と読んでみたらそうでもなく、「ダニー・ボーイ」に胸が熱くなるとのコメントが嬉しかったですね。

悪い事をカッコよくこなすというのは若い頃はとかく憧れるものですよね。
楽してお金を儲けるという事も。
親の気持ちからすると、健全に生きて欲しい、悪い事は絶対にして欲しくない、自分のことは棚に上げて。・・・

全然関係ありませんが「寅さん」の映画でも甥っ子の満男(だっけ?)は妙に寅さんに憧れてるのに、周りのみんなから大学を出てちゃんと就職しないとおじさんみたいになってしまうよ・・・とたしなめられたりしていましたよね。
寅さんもそれを言われても仕方ないという感じ、だけど満男にはなにかとえらそうに諭している。・・・あの雰囲気を思い出してしまいました。

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-03-23 12:59:08
マシュー・ブロデリックにダスティン・ホフマン、ショーン・コネリーという大スターが揃ってるのにまったく物語りに引き込まれるものがなかったです。パッとしないしね!とにかくもう見たくないかもです。
投稿者:ASH投稿日:2004-02-01 20:04:38
いくつかは笑えるシーンもあるんだけれど、僕もそれほど出来のいい映画とは思わない。遺骨を撒くシーンは割りとシンミリさせるけれど。S・コネリー、M・ブロデリックはイイんだけれど、D・ホフマンは久々の映画出演の割にはイマイチ(手抜きか?)。ユダヤ系の2人にスコティッシュのコネリーがあ混じるのも妙!
投稿者:沙弓投稿日:2001-04-26 17:42:15
中学生のとき見ました。そのときはダスティン・ホフマンやショーン・コネリーを名優と知らずに見たのですが、すごくインパクトが強くて、今でも覚えています。また見てみたいと思う作品です。
【レンタル】
 【DVD】ファミリービジネスレンタル有り
 【VIDEO】ファミリービジネスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION