allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フィフィ大空をゆく(1964)

FIFI LA PLUME

メディア映画
上映時間79分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1965/12/21
ジャンルファンタジー

【解説】
 コソ泥のフィフィが逃げ込んだ先は、サーカス小屋だった。彼はそこで働くうち、羽をつけて空を飛ぶことを覚える。空飛ぶフィフィが巻き起こす事件をあたたかく描いたファンタジー。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2012-02-11 14:52:38
高校生の頃テレビで見ました。空の映画ばかりを
撮っている監督の初期の作品。
このような個性的な監督がかつていたのですね。
フランス映画に感じる「自由」「歓び」の香りが際立ち、
人生への讃歌となっています。
空中撮影がすばらしいです。
投稿者:ARABEN投稿日:2004-05-23 12:47:04
アルベール=ラモリスは、本当に空を飛びたかったのだろう。近年見られるようなCGや特撮を用いたどんな映画よりも、自分自身の力で空を飛ぶ素晴らしさを実感させてくれる。映画を見ている人が空を飛べるような不思議な感覚になれる映画であり、まさしくファンタジーといえるのではないだろうか。TVで2度放映されたが、DVD化を待ち望んでいる。
ラストシーンを子供のころ見たときは意味がわからなかったけれど、、。
投稿者:トコロテン投稿日:2003-03-07 00:21:51
30年ほど前の子供の時分、テレビで放送されたのを観て、泣きました。それは温かい涙でした。
忘れることができず、もう一度観たいという願いもかなわぬまま20年経ち、やっと、1991年にNHKで放送された時は、再び泣きました。
でも、周りの人間は誰もこの映画を知りません。ビデオになっていないからなのか・・・。
どこか、この映画をDVDにしてください。
ラストシーンの感動は、たとえようもありません。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ フランス映画高等技術委員会賞アルベール・ラモリス 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION