allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フィメール・トラブル(1974)

FEMALE TROUBLE

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ケイブルホーグ=東映)
初公開年月1986/07/19
ジャンルドラマ/モンド
フィメール・トラブル [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 14,800
USED価格:¥ 6,900
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ピンク・フラミンゴ」が大評判となり、一躍カルト・クィーンの座についたディヴァインのワンマン映画。ドーン・ダベンポートという性悪女の転落の人生を熱演し、凄絶なラスト・カットまで、とにかく彼女の烙印がべったり押されている。反抗的な高校生ドーンは、60年のクリスマスに望みのプレゼントを贈られなかったことで両親を殴り倒して家出。ヒッチハイクで掴まった下衆野郎に犯されて妊娠。安宿で一人、ヘソの緒を噛み切る出産をし、それから7年の間は昼はバーガー屋、夕はゴーゴー・ガール、夜は娼婦とめいっぱい働いて、愛娘タフィを育てるが、学校はムダだから通わせず、お蔭か彼女も妙に反抗的。その頃には追いはぎを本業にしていたドーンだが、69年に美容師の青年を夫にする。ところが、その養母アイダは息子がホモになることを期待している、ドーンの上を行くプッツン婆さん。やがて、美容院の経営者ダッシャー夫妻の要請で彼らの“犯罪写真”のモデルになったドーンはアイダの手首を切り落としたりして、本格的に狂っていく。そんな彼女に耐えられないタフィは実父を訪ねてみたが、アル中の父は、実の娘に性的悪戯をしかけて、タフィはクリシュナ教に救いを求める。そして、夫妻におだてられショウに出演したドーンだが、夢中になりすぎて観客席にむかって無差別発砲し、遂に逮捕。形だけの裁判もむなしく、電気椅子送りとなるのである。他のウォーターズ作品のように笑えるか、というとそうでもない、苦々しく凶悪なコメディだが、見終わった後感じるむかつきを越えた清々しさは、“毒を喰らわば皿まで”を実践した者だけに与えられる栄誉だ。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ピンク・フラミンゴ(1972)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:堕落者投稿日:2004-03-13 15:12:10
主人公の女ディバインが男ディバイン(見事な一人二役 笑)に強姦されたり,スターになったり,殺人をしたり,とにかくやってくれる。ギャグもなかなか冴えて笑わしてくれるが,やはり本作でディバインはアメリカ映画界屈指の名女優?である事を確信したな。余韻が残る結末も感動的だが,あくまでもウォーターズの視点は冷静なのを見落としてはならないね。彼の作品は『マルチプル・マニアックス』,『ピンク・フラミンゴ』,そしてこの『フィメール・トラブル』の三作が最高の出来ですね。他はたいした事ない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】フィメール・トラブル2004/10/23\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】フィメール・トラブルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION