allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フェーム(1980)

FAME

メディア映画
上映時間133分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM=CIC)
初公開年月1980/12/13
ジャンル青春/音楽/ドラマ
フェーム [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,073
USED価格:¥ 1,065
amazon.co.jpへ

【解説】
 ダンサー、歌手、役者、ミュージシャンを目指して、ニューヨークの芸術学校に通う若者たちの姿を描いた青春映画。複数の登場人物が入れ替わり立ち替わりで現れ、それぞれのエピソードを展開させていく形式だが、各キャラクター、各エピソードともにユニーク。中でも、食堂で始まった小さなコーラスが、次第に仲間を増やし、最後は凄い人数で学外の通りまで出て歌い踊るシーンは圧巻。好評により一部のキャストそのままにTVシリーズ「フェーム/青春の旅立ち」が作られた。
<allcinema>
評価
【関連作品】
フェーム(1980)劇場版
フェーム/青春の旅立ち(1982〜1987)TVシリーズ
フェームLA(1997〜1998)TVシリーズ
Fame フェーム(2009)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
966 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2013-07-07 11:37:38
  反抗的・自由奔放・挫折・苦悩・叫びと、どこかステレオタイプにさえ見える犲禺堊瓩散りばめられた細かいシークエンスのそれぞれが関連があるような無いような繋がり方をしていて、シーンごとには良いものがありながらも演者の熱演ほどには観賞者を引き込んではくれません。  

  これは主軸となった物語が無いせいなのではないかと思うのだけど、ここが山場と考えたのであろう群集となって街頭で踊りまくるところのタクシーのスピーカーから流した音楽の作曲者と歌手、この二人の成功物語を太い主軸としてたらもっと全体が締まったのではないでしょうか。 音楽も細かすぎたせいかあまり印象に残らなくて、エンディングの10分間を盛り上げるためにあえて・・・だなんて思いがしたくらいです。  

  この監督作品の「ザ・コミットメンツ 」に「 ミシシッピー・バーニング」 に「エンゼル・ハート 」と面白かったし、それに好みの牴山敲瓩世靴函△なりの期待があっただけにちょっと辛めの評になってますんで、この作品が好きな人は気を悪くしないでください。 星の数7個のうちの1個はエンディングの10分間の働きです。
投稿者:sachi823投稿日:2013-03-29 19:33:05
登場人物とあまり年齢が違わない頃に
初めて見ました。画面から迸るような
強烈なエネルギーや躍動感に感動いたしました。
境遇の違う若者たちが名声を求めて
芸能学校に入り成長していく姿を
時には個人の内面にも踏み込み
ミュージカル的に描いています。
出演者もバイプレーヤーとして成功したり、
エイズで亡くなったりその後の彼らの行く末を知り、
さらに感慨もひとしおです。
劇中彼らのうち成功する者はほんの一握りでしょうが、
青春のすべてをかけて名声を勝ち取るために
努力する姿は美しく羨望を感じるのです。


投稿者:ジーナ投稿日:2010-02-20 03:09:33
現在でもNYに実際にあるダンス・音楽・演劇を中心にした学校の入学試験から卒業までをドキュメンタリー形式で構成した一風変わった作品です。
イイ意味で古さを感じさせる映像と心に残る音楽がすばらしかった。

4年間という青年たちの学生生活を描いた割にドラマが控えめで質素なのが物足りないですかね。
さすがに彼らの細かな変化は見て取れますが、ストーリーとして考えるとまとまりに欠けてしまったように感じます。
焦点を当てる人物を半分ぐらいにして、エピソードの数も絞って深く見せたほうが感情移入できたでしょう。
ちらばりすぎてしまったからか、どの人物にも惹きつけられませんでした。
ドラマ性がもう少し充実していれば、卒業式のステージでしみじみ出来たと思います。
それぞれの学科の授業風景は面白かったので、広がりすぎたドラマを紡ぐよりも授業内容をもっと見せていったほうが良かったかもしれませんね。

時間と彼らの移り変わりは自然で良かったですが、新人の役者さんばかりを起用したためか、、いかにもな演技で不自然に感じるトコロもあったのが残念。

時折挟まれる学生達の活力みなぎるダンスと歌は一見の価値ありです。
急にミュージカルっぽくなってしまうので戸惑うかもしれませんが、2箇所ある大勢でのダンスシーンはこの作品の見せ場と言って過言では無いでしょう。

重厚な作品では無いのでオススメはしませんが、若者の意気込みを感じられる青春群像ドラマは、鑑賞後爽やかな気持ちにさせてくれると思います。
確たるメッセージも統一性もございませんが、様々なものが入り交じった浅いドラマこそが青春なのかもしれませんね(爆)
投稿者:aaf投稿日:2007-05-25 23:44:00
27年も前の映画のようですがこの映画の圧倒的なパワーは
凄いです。ありあまるエネルギーをどこに向けたらいいんだ
みたいな。
今まで視聴しなかったのが存した気分です。
シナリオとか演技とかそう言うものをパワーで
押し切ってしまう。凄い国ですな
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-04 23:57:33
 いやはや、凄いアメリカン・ヤングのパワー。明日のスターを夢見て、様々な青春像が展開する。彼らは未知数の可能性を持っている訳だが・・・。
 しかし、そうは簡単にサクセスしていかないのがこの作品の巧さ。
 もちろん挫折してしまった若者たちも一杯いた。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-07-24 22:35:22
オーディションに来る奴が、既に変。スター(そして“Fame”)を夢見る理由もそれぞれ。
でも何か光るものはあるね。(ってか役者だし…)
入学したら結構アカデミックなダンス(バレエ)、音楽(クラシック)、演技指導…そんで英語の授業まで。
個性的な生徒達が色々と経験し、軽いのから重いのまで様々な事件を起こしながら、ある意味成長してゆく…
エピソードそれぞれが時に軽く下品、時にコミカル、時にシリアスで飽きさせない。
いや、楽しいよ。これは。
Hot lunch(食堂のおばさんソング)?…誰かが机をスティックで叩けば、ピアノを弾く奴が、バイオリンにサックス、そして唄い踊りまくる…好きなんだね〜親バカな親父がテープを流せば、交通を止めてまで?…踊る、踊る!
成功と挫折、夢と現実〜そう、学校なんて勝手に教えて昼食を食わせるだけ…
恋とドラッグ、妊娠に自殺未遂?…自信と不安、それぞれが抱えるシリアスな現実。
…で、アイリーン・キャラはマジで歌唱力アリ。
投稿者:ASH投稿日:2003-07-31 22:58:49
青春群像劇としては完成度は高いし、ダンス・シーンも圧巻だったと思うよ。
投稿者:スパンドゥ投稿日:2002-12-02 01:16:12
高校生の頃に見た時の強烈な印象を、いまだに覚えてます。若者達の力強いダンスとアイリーン・キャラの歌。人物の関わり方がいまいちでしたがLPレコードを発売日に買いました。ビデオも買っちゃいました。ERのロマノが髪ふさふさで(おでこはきてますが)出てます。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-10-12 17:41:11
ダンサーを夢見るリサ役の女の子がとてもかわいかった。
みんなそれぞれ生き生きしていて、楽しそうでいいんだけど
内容が薄すぎて退屈してしまった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 脚本賞クリストファー・ゴア 
 ■ 作曲賞マイケル・ゴア 
 ■ 歌曲賞マイケル・ゴア作曲『フェーム』 Fame
  ディーン・ピッチフォード作詞
  レスリー・ゴア作詞 Out Here on My Own
  マイケル・ゴア作曲
 □ 音響賞Jay M.Harding 
  Chris Newman 
  Michael J.Kohut 
  Aaron Rochin 
 □ 編集賞ジェリー・ハンブリング 
■ 歌曲賞マイケル・ゴア作曲 Fame
  ディーン・ピッチフォード作詞
□ 監督賞アラン・パーカー 
 □ 作曲賞マイケル・ゴア 
 ■ 音響賞 
【レンタル】
 【Blu-ray】フェームレンタル有り
 【DVD】フェーム 特別版レンタル有り
 【VIDEO】フェームレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION