allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フォース・オブ・ジュライ/その日を忘れない<未>(1978)

WHEN EVERY DAY WAS FOURTH OF JULY

メディア映画
上映時間96分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルドラマ

【解説】
 「ある夏の日々」に続く。
<allcinema>
【関連作品】
ある夏の日々(1980)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:本読み投稿日:2005-10-12 02:19:59
【ネタバレ注意】

町の人にスノーマンとあだ名されバカにされている失語症の男が殺人で現行犯逮捕されます。その男が善良で優しい(しかも第一次大戦の英雄で失語症もそのため)ことを知っている唯一の友だちである少女が、弁護士である父親に彼の弁護を頼み裁判が始まります。裁判は、被害者が「サッコとバンゼッティ事件」の証言者であり、検察側が殺害動機としてそれを挙げたために、メディア注目のものとなります。裁判経過は徐々に検察側不利となっていきますが、少女のことを快く思っていない陪審の目撃情報によって、裁判はひっくり返されます。

ダン・カーティス監督はTVシリーズを多く手がけた人ですが、単体作品である本作では、敵側である検察側も、汚い手段を使うことへの良心の呵責を感じている点を描写するなど、極端な描写を避けた好感の持てる作品に仕上げています。

【レンタル】
 【VIDEO】フォース・オブ・ジュライ/その日を忘れないレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION