allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フライトナイト(1985)

FRIGHT NIGHT

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1985/11/02
ジャンルホラー/コメディ
フライトナイト [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,679
USED価格:¥ 1,291
amazon.co.jpへ

【解説】
 隣に越して来た男が吸血鬼だと知った少年は、バンパイア・ハンターの当り役をもつ恐怖番組のホストに退治を依頼するが……。名もない殺人鬼が銀幕に横行していた製作当時、忘れられていた吸血鬼にスポットを当てた正統的な恐怖映画。コメディ色が強いながらも吸血鬼映画のセオリーを守った造りには好感が持て、変身シーンを始めとしたSFXも上出来だが、本物の吸血鬼と遭遇しかつての役柄に自信を取り戻す落ちぶれた役者に扮したR・マクドウォールこそが何よりの魅力。
<allcinema>
評価
【関連作品】
フライトナイト(1985)第1作
フライトナイト2/バンパイヤの逆襲(1988)第2作
フライトナイト/恐怖の夜(2011)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
634 5.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:fairlane999投稿日:2013-09-07 18:02:10
公開当時、悪ダチたちと一緒にくり出した映画の一本。
彼女とか誘ってるやつがいっぱいいそうだから、
からかってやろうぜ、とかいう感じで。

それがあーた、映画が始まったとたんにマジ鑑賞しちゃって、
吸血鬼ハンターが、ささっと先回りして棺の蓋をバタンと
閉じちゃう瞬間なんか、周りのカップルと抱き合わんばかりの
大盛り上がり(あそこ、一瞬の無音の間が空くんだ、それが最高!)、
すっかり映画に満足しちゃって、みんなでラーメンすすって
帰ってきた映画だった。

そうか、あれから三十年近くも経ったんだな。

当時、この映画の“不吉なエド”や、『ホラースコープ』
『パニックスクール』なんかでちょっと有名だった
スティーヴン・ジェフリーズ君も、いまではすっかり
ポルノ男優で有名だとか(最近、ホラーに戻ってきたらしい)。

だから、というわけではないんだが、久しぶりに見直してみた。

とにかく、音楽が懐かしくて、鼓膜が先に感涙にむせんでしまった。
ディスコ場面の曲々なんか、もう、骨の髄まで染み込んでたね。

まあ、映画そのものもよかったんだが、あの、劇場での、
不意を衝かれたような、盛り上がりがなかったのは、
みんなが言うように、これが『スクリーム』的な映画の
ハシリだったからなのかも知れないな。一人でDVDで
観たんでは、あの興奮は戻ってこないのかも。

それでも、充分に面白かったんだが、ただ、あの主題歌、
J・ガイルズ・バンドの曲は、開巻早々から流れていた
気がするんだけど、誰か知りませんか?

なんか、DVDで見た限りでは、ディスコ場面までは、
ずいぶんと音楽的には、静かな映画という感想だった。

それとも、『スペース・バンパイア』みたいに、
日本公開版でいじくったのかな?

投稿者:gapper投稿日:2012-10-09 21:40:30
 推定予算900万ドル、総収益約2,500万ドル(米1985)。

 かなり異色の吸血鬼物のコメディであるが、結構面白い。
 パーティ好き社交性重視のアメリカ人にとっては、「ネイバーズ(1981)」などでも分かるようにお隣さんは気になる存在。
 そういった背景ありきであるから、この作品は面白い。

 ただ、それではたいした面白さではなく、子役から生き残ったロディ・マクドウォールが居てこそだ。
 この役どころと同じく、この時かなり落ち目でTVMの出演も多くなりダブって見える。

 初めがコメディ色が強く段々とシリアスが加味されテイク作りは、パターンだが見方を変えると基本を押さえた作り方。
 特撮は結構しょぼいし吸血鬼の従者は噛み付かれていない人間だからこそ吸血鬼に役立つのだが、その辺は都合よくいじっているが全体的に好感触。

【どうでもいい話】
 主人公の部屋には、パチンコ台が置いてある。
 ハッキリしないが、チューリップ台の様でどういった経緯でアメリカにあるのか分からない。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:なちら投稿日:2011-10-24 22:49:55
主人公の彼は元々アホ面の上に、頑張れば頑張るほどアホっぽさが増すなぁ。
パッケージのデザインが怖すぎて(ポルターガイスト風に見える気もする)、
意外とライトな内容とのギャップにちょっと戸惑うよ。

お隣がヴァンパイアってのは、吸血鬼ノスフェラトゥからの引用かな?
ホストの爺ちゃんちにノスフェラトゥのマスクが飾ってあったもんね。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-08-10 07:35:18
なかなかよくできた作品。出演者は皆いい。ただ、特殊メイクは安っぽく、残念。下っ端ヴァンパイアは安っぽくてもいいが、闇の王たる者は本性あらわしても威厳や優雅さを失わないで欲しかった。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-08-10 03:54:59
「スクリーム」に先駆けてたかも。ロディ・マクドウォールが作品を引き締めてた。トム・ホランドが脚本を担当した「処刑教室」でも一番強烈な印象を残したけど、彼の監督作に出たのは交流でもあったのかね。面白かった。
投稿者:uptail投稿日:2011-05-19 09:44:21
ロディ・マクドウォール
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-08-05 08:35:13
 
近所のビデオ屋にDVDが入荷したんで、20年ぶりぐらいに鑑賞。
80年代ホラー映画ブームの頃は、この映画のガバッと口あけた女バンパイアのスチルをいろんな本で観た気がするな。

お話は80年代っぽい、十代の主人公が隣家に引っ越してきた吸血鬼と対決するものだけど、吸血鬼が鏡に映らない、招待されないと家に入れない、指が長い、信心がないと十字架が通じないなどのお約束をキッチリ守った正統派というのがやっぱり面白い。
主役のC.サランドンがハンサムで傲慢で凶暴なバンパイアを見事に演じていてすばらしい。主人公の恋人・エイミーをディスコ(!)で誘惑するくだりの妖艶さ!途中からは特殊メイクの化物顔になっちゃうのが残念だけど、「現代の郊外住宅地に現れたクラシックなバンパイア」がこれほど魅力的でなかったら、この映画は本当につまらなかったと思う。
楽しそうにバンパイア・ハンター(役者)を演じるR.マクドウォールもよかったな。バンパイアと対決する武器がいちいち自前だったり、ホストを務める深夜番組のクラシック吸血鬼映画のユルさ・チープさが笑える。
恋人を救うべくバンパイアの屋敷に乗り込むクライマックスは、逃げた吸血鬼を追って棺のある地下室へ、というお約束の展開を含めて盛り上がる。バンパイアの奴隷ゾンビが溶けるシーンやバンパイアの最期など、SFXシーンも上出来。
ラストのヒキや、80年代っぽいテーマ曲にもニヤニヤしてしまった。

いやー面白かった。
投稿者:Edward投稿日:2009-09-06 01:06:52
20年ぶりにDVDで観た。
主人公の大げさな演技や、さすがに時代を感じさせる
SFXなど気になるところあったけれど、
やっぱり良作。
隣の家にドラキュラが引っ越してきた!なんて
あまりにお決まりなシチュエーションだけど
最初から最後まで、そんなお決まり感の連続で
裏切られずに安心して観ていられた。
また10年後に観てみたいな。
投稿者:Hans Chung投稿日:2007-06-11 23:35:36
ヴァンパイア役のサランドンと主人公の彼女エイミーとクラブで踊っているシーンやその後エイミーがヴァンパイアの棲家へ連れて行かれ、咬まれるまでのシーンはセクシュアルで情欲を感じました。何だかポルノビデオの題材にも出来そうな感じです。myspace.com/Hans10019
投稿者:やんこら投稿日:2007-01-31 17:12:57
なんとなく「スクリーム」のにおいを感じました。というか原型?ファンが楽しんで作ってる感があります
投稿者:gwynn投稿日:2007-01-26 23:07:47
脚本もよく、何度見ても飽きない作品です。金を掛けただけでたいして面白くなかったアンダーワールドと比べても、こちらが断然いいですね(R・マクドウォールが抜群にいい!)
投稿者:ぴっぴ投稿日:2006-08-09 17:09:47
 小さいとき劇場で見に行った。内容は今じゃあまり覚えていないが、当時私の部屋の机の引き出しに、映画のパンフレットをしまっていた。フライナイトのパンフは見開きに女のでか口を開けたバンパイアの顔の写真が載っていた。それが怖くて怖くて・・・。夜中になるとそのパンフが襲ってくるようで、両親の寝室に泣きながら「怖いからここに置かないで〜」と訴えに言った。痺れを切らした母が取りに来るけれど、また次の晩怖くなって起きると、やっぱり入っているんだな。そんな思い出の残っている映画です。
投稿者:bond投稿日:2006-05-09 12:28:25
なかなか、主人公の恐怖が良く伝わり、次はどうすんだろう?感が持続し楽しめた。構成に隙がなく、青春コミカルっぽく、見事にホラーしてる。ヴァンパイアとの緊迫した戦いがよく伝わる。名優ロディがいい。
投稿者:やすのり投稿日:2005-06-13 19:24:34
これは良い、話の展開も非常にスムーズで一切ダレないし、SFXも申し分ないし、部分部分の見せ方も心得ている。
かなり良質なホラー映画だと思います。
主人公の彼女がもう少し美人だったら、本当に「言う事なし」な作品です。
ホラーファンは是非是非、鑑賞して下さい。
投稿者:nehane215投稿日:2004-08-31 18:46:28
「ヴァン・ヘルシング」(未見ですが)よりも面白かったらどうしよう!?

 んなぁ〜ことはないよね。ね、ね、ね。
投稿者:ASH投稿日:2003-11-10 00:05:58
【ネタバレ注意】

 確かに、古色蒼然とした吸血鬼映画を求める向きにはSFX過多で子供っぽい映画だろうよ。でも、これはやはりティーン向けに作られているのだから、そこら辺は大目に見るのが正しいのかもな。いかにも80年代的なノリは悪くないし、青春ホラー映画としてはそこそこ楽しいよ。口裂け女と化したシーンは始めてみたときびっくりしたもんだよ。

 J・ガイルズ・バンド(ピーター・ウルフ抜き)の主題歌が好きッ!!

 【My Cult Movie】

投稿者:tomason投稿日:2003-05-01 07:13:42
クリス・サランドンの吸血鬼は個性的で良し。爽やか(?)に目覚めた氏がリンゴをかじりながら、犠牲者の悲鳴に楽しそうに口笛を吹く。バイ・セクシャルのようで、男性的。劇場での初見時は、久しぶりに面白い吸血鬼役者が出たと嬉しくなったのだが....最後がいけません、最後が。最近の悪しき傾向にもれず、お化け顔に変身してしまう。SFXで無理に派手にしようとして失敗している。喝っ!! 吸血鬼は人間のようで、人間じゃないから恐いというのを忘れなさんな。ストーリーは1950年代のティーンズ・ホラーに模したものだが、吸血鬼物のお約束もしっかり守られており、よく出来ている。まぬけな「ヴァンパイア・キラー」ロディ・マクドウォールは良い味です。しかし、この人もこの分野とは縁が切れませんねー。続編も小粒ながら好きです。
投稿者:長春投稿日:2002-08-28 17:42:05
吸血鬼役のクリス・サランドンは色悪という感じで魅力的。吸血鬼ものの約束事(招かないとその家に入れないとか)を面白く生かしていた。一度スカを食らわしておいて、驚かしたり、急に吸血鬼に変わったり、どっきりした。ユーモアもあり、面白かった。2度目見たときは、展開が分かっているので、ドッキリできなかった。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-24 21:40:24
一回目観た時笑えたけど、二回目に観た時はあんまおもしろくなかった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ダリオ・アルジェント賞 
【レンタル】
 【DVD】フライトナイトレンタル有り
 【VIDEO】フライトナイトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION