allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

無頼の谷(1952)

RANCHO NOTORIOUS

メディア映画
上映時間89分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(映配)
初公開年月1955/05/12
ジャンル西部劇/ドラマ
無頼の谷 [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 4,020
USED価格:¥ 2,308
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
645 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノブ投稿日:2010-05-25 13:34:43
【ネタバレ注意】

「無頼の谷」(監督:フリッツ・ラング 89分)
話の内容は婚約者を殺されたカウボーイが復讐の旅に出る話。
キスシーンから始まるオープニングが良かった。
復讐の旅に出て、賞金首と床屋で殴り合いのケンカをするシーン・演出が良かった。(保安官に賞金首を引き渡したので、賞金をもらったが、その賞金は殴り合いで壊してしまった床屋の主人にあげるという演出も良かった)。
酒飲みながらピアノを弾いてるオバサンのピアニストが良かった。
回想のシーンで男が馬になり女がその上に乗って競馬するという演出がバカバカしくて面白かった(太った女を乗せた男は倒れこんでしまうとか色々な障害物を乗り越えたりとか最後はお互いに足を引っ張ってゴールさせない演出など)
マリーネ・デートリッヒが酒場をクビになるシーン演出が良かった(歌っている時に身体を触りに来た客に蹴りを入れる。クビと言われて、色々経費を引かれて最後の給料20ドルをもらったらそれをルーレットにかける演出、イカサマルーレットでボロ勝ちする演出など)
マリーネディートリッヒとメル・フェラーが夜の街を歩くというちょっとしたシーンでも、二人の奥にある家の窓からダンスするカップルが見えたり、撮り口的にオモシロかった。
メル・フェラーが牢屋にいると聴いて、アーサー・ケネディが酒場で銃を売って後ろにある酒瓶を壊して暴れ、メル・フェラーのいる牢屋に入れられるという演出が面白かった。(汚職政治家のデブ三人も牢屋に入れられてるのがコミカルだった。その三人の政治家がお金で保安官を買収してウィスキーの瓶に牢屋から逃げる為の道具を入れ
させるという演出も良かった。メル・フェラーが政治家の為に用意した馬で逃げる時に、後から来た政治家三人に(あんたらは太りすぎだから)「走って逃げた方がいいよ」という演出も面白かった。)
無法者達の隠れ家チャック・ア・ラック(牧場)が二人の眼下に広がるシーンが良かった(絵みたいだったけど)。
トランプゲームをするマリーネ・ディートリッヒがタバコを吸い酒を飲むシーン・演出が良かった(イカサマをした男がいたが、イカサマしていると知って前もってその男の金時計をマリーネ・ディートリッヒが盗んでいるという演出も良かった)。
荒くれ者の男達に囲まれて、マリーネ・ディートリッヒが「若い男」の歌を歌うシーン・演出・音楽が良かった(若い男はバカだからイヤみたいな歌)
アーサー・ケネディがマリーネ・ディートリッヒにキスしたら、マリーネ・ディートリッヒが往復ビンタする演出が良かった(「俺は1回しかキスしてないのに、ビンタは往復2発。割に合わない」というセリフがカッコよかった。)
荒馬ロデオのシーンもあり面白かった。
銀行強盗のシーンはアッサリ撮られていた。(強盗が銀行内に既に入っているシーンから撮り、アーサー・ケネディをライフルで狙撃するシーン、逃げていく強盗と銃を撃つ保安官・銀行員達のシーン(高い所から銀行の出口を撮っている固定ショット)など)
マリーネ・ディートリッヒがアーサー・ケネディにお金をとらせに行った間に、アーサー・ケネディがみたいと言っていたドレスに着替えたのに、アーサー・ケネディはブローチの出所を聞き出したら、態度を豹変して悪態をついて金を渡して出て行ってしまうという演出が良かった。
最後のチャック・ア・ラックでの撃ち合いも面白かった(後ろからライフルが狙っていて、メル・フェラーをかばってマリーネ・ディートリッヒが撃たれて死ぬという演出も良かった)。
全般的に
演出がとてもオシャレで面白い。シーンも牧場で牛追いをするシーンや夕暮れや闇世の荒野を一人で馬で殺人犯を追うシーンは西部の広大さも出ていた。全編に溢れる歌も良く、マリーネ・ディートリッヒの気の強い女役もとても良かった。アクションシーンも面白く、ニコラス・レイの「大砂塵」に匹敵する娯楽西部劇の大傑作だとボクは思った。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 17:17:33
アーサー・ケネディ&マレーネ・ディートリッヒ&メル・ファーラー
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2007-12-14 12:22:04
滑り出しはテンポよかったんだけど、ディートリヒが出てくるころから超だれるね。ラングもこんな駄作撮ってたんだあ。

主演の大根役者ぶりも強烈であった。
投稿者:wild bunch投稿日:2007-08-17 08:19:07
男まさりのデートリッヒも、メル・ファーラーを守ってあげ撃たれてしまう。西部劇などにあいそうにもない、メル・ファーラーの精悍さがいい。保安官だったのに、デートリッヒに惚れ、強盗になってしまう。部屋にでかいメキシコ国旗がかざられていた。反USA派であったのが解る。たんなる無頼の強盗ではないのだ。フィルム・ノワール、ラングならではの「夜」のシーンが多い。フィルム・ノアールと西部劇は、同時に撮られていき、映画を映画ならしめていったのである。
投稿者:天網恢恢投稿日:2005-09-15 21:23:21
ディートリッヒには似合わないと思うが、この大女優にはモンローも手を上げるでしょう。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】無頼の谷2006/12/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】無頼の谷レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION