allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

イヴォンヌの香り(1994)

LE PARFUM D'YVONNE

メディア映画
上映時間90分
製作国フランス
公開情報劇場公開(デラ=ヘラルド・エース=フジテレビジョン=関西テレビ放送提供/ヘラルド・エース=ヘラルド)
初公開年月1994/12/23
ジャンルドラマ/ロマンス
イヴォンヌの香り HDニューマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 2,940
USED価格:¥ 4,530
amazon.co.jpへ

【解説】
 アルジェリア紛争の頃の南仏を舞台に、徴兵を逃れ貴族的蕩尽生活を送る主人公が運命の女(ファム・ファタール)に出会う。脚本がうまく書けていないルコント作品など見るに耐えない。そもそも、今デュヴィヴィエみたいな“フィルムで小話”的指向の監督さん。ちょっとトリュフォーを気取った三角関係(J=P・マリエル扮する初老の医師が絡む)を何やら思い入れたっぷりに描くのだが、人物造型がいつになく浅く、女にも男二人を虜にする官能(エロス)がない。ただひたすら登場人物のファッションばかりに目がいってしまう。『アンアン』の読者向け映画。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
429 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-10-31 15:09:30
ルコント監督の作品全てを観たわけではないけれど、
なんとなく、いつも、
男が女に振り回される物語が多いって印象で。
そういった趣味がおありなんだろうか(笑)。
私は嫌いじゃないけど。
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2013-07-17
投稿者:iiestreiiaii投稿日:2012-03-06 00:48:54
作品中監督が色々なアイデアでカメラアングルを模索している様子だったが、それが却って視聴しづらかった。内容は希薄で面白みがない。
ヒロインのセクシャルボディーに免じて点数1付加。
投稿者:pochiko投稿日:2012-01-07 23:04:00
フランス映画などこんなもの、と思うのでなんとも思いませんが、
オールシネマのコメントがかなり不快です。「人物造型がいつになく浅く、女にも男二人を虜にする官能(エロス)がない。ただひたすら登場人物のファッションばかりに目がいってしまう。『アンアン』の読者向け映画。」とは、映画がひどいだけでなくアンアンまでバカにする姿勢にひたすら邪悪なものを感じます。このコメント書いている人は何様なのでしょうか。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-01-07 15:00:06
残念というよりも情けなくなるルコントの失敗作。香り立つイヴォンヌといきたいところだが、美人だがまったく色香が匂わないサンドラ・マジャーニ。イポリット・ジラルドもイケてない。ベルギーの女王ゲイ老人の末路も唐突。1958年の時代色も感じられない。その日暮らししかできない女。奔放な女性を描き切った結末を期待したが見事に裏切られた。
投稿者:スティン・グレー投稿日:2010-10-08 07:54:03
「フランス映画ってモンはこんなモンですよ。」と映画史的無知蒙昧をさらけ出している人はメリエスからヌーヴェル・ヴァーグまでのフランス映画史できるかぎりを再見すべきだ。本作のようなこんなバカ映画はフランス映画史には残っていないから。あったとしても少なくとも映画史本には取り上げられていない。
この映画での男は、「貴族的駘蕩生活」というよりもニートに近い。ある種のデカダンス、ある種の世捨て人的な人物造形が無く、ただ暇なブルジョワ・ボンボンにしているから、ニートにしか思えなくなってくる。そもそも放蕩の意味を踏まえておくべきだ!
そもそも登場人物の衣裳が現代のものと思えるのに自動車のショーも含めて50〜60年代のクラシックカーを見せるシーンがやたら出てくるので、ただノスタルジックな画面上の美しさをとってつけたとしか思えない。
物語的必然性はまったくないのだから。
で、そのルコントらしい、まったくくだらない「情緒」的な恋愛劇がほんとうにどうでも良いとしか思えないのだ。暇な男と女は金にまかせてじゃれていろ! って感じかな。そこに絡む年配の男もあまり必然性なく骨董のクルマ同様、骨董の愛を持ち出すわけだ。フランス映画を貶めた最低の映画だと思う。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2007-11-25 10:32:01
面白味は感じなかった。全体的に希薄な感じ。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-11 15:45:57
貴族的な放蕩生活を送る主人公が運命の女(ファム・ファタール)に出会うことから始まる映画。
いかにもフランスの恋愛映画って感じで、ただただ官能的(=エッチ)ってだけ!?
投稿者:ポクスンア投稿日:2002-11-29 09:56:08
叔父さんの“努力しない女”と言う表現で俄然イヴォンヌちゃんに興味が
沸きました。彼女の危うい人生の方を覗いて見たいですが、それをルコンド
さんに求めるのは野暮というもの…。
徹底して男性からの視線のみで女性を描ききって、とてもルコントさんらしい。
投稿者:まっちゃん&リキ投稿日:2001-10-12 14:32:50
まぁ、いろいろこの作品に関しては言われてはいますが、フランス映画って
モンはこんなモンですよ。でも、私はこの作品そこそこ好きですよ。
特に冒頭の木陰での愛撫のシーンのカメラのアングルは最高でしたけどね〜。
まぁ、フランスの恋愛映画ってモンはホンマにこんなモンですからね。
だから、ちょっと大目に見てあげてくださいな。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】イヴォンヌの香り HDニューマスター版2010/09/03\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】イヴォンヌの香り2005/05/21\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】イヴォンヌの香り HDニューマスター版レンタル有り
 【VIDEO】イヴォンヌの香りレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION