allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

プリティ・ベビー(1978)

PRETTY BABY
LA PETITE [仏]

メディア映画
上映時間109分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1978/10/07
ジャンルドラマ
プリティ・ベビー [DVD]
参考価格:¥ 1,429
価格:¥ 1,065
USED価格:¥ 1,039
amazon.co.jpへ

 Photos
プリティ・ベビー

【解説】
 1917年、ニューオリンズのストーリーヴィルを舞台に、娼館に生まれたため12歳の幼さで肉体を売ることになる少女ヴァイオレットの運命を描く。ルイ・マルが初めてアメリカで撮った作品で、興味本意のアプローチを廃し風俗ドラマに徹した造りが効を奏しており、20世紀初頭の南部の景観を切り取ったS・ニクヴィストのカメラも美しい。だが、それに負けず劣らず光り輝いているのはヴァイオレットを演じるB・シールズ。演技がどうのという次元を越えて、少女娼婦という難しい役どころにぴったり符合している彼女の魅力こそ本作の象徴と言える。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
530 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-04 23:32:32
ブルック・シールズの美少女ぶり。
今なら児童ポルノ禁止法にひっかかりそうですが、
フランス人監督の大らかさとニクヴィストの映像が
美しく印象的です。
本国では興行的には成功しなかったそうですが、
レベルの高い作品かと思います。
投稿者:gapper投稿日:2011-12-15 21:41:25
 ヌーヴェルヴァーグのルイ・マル監督がアメリカを描く。

 やはりブルック・シールズだが、かすんでしまっているもののスーザン・サランドンも結構がんばっている。
 ブルック・シールズの使用は年齢的な部分でかなり取りざたされていたと記憶している。
 規制の厳しくなった今では、作れなくなった作品だろう。

 ブルック・シールズは、フルヌードもあり美しく娼婦館が舞台だがいやらしいものではない。
 だが、1時間30分頃のブルック・シールズが乾板を割るシーンでは前張りが映ってしまっている。
 その前のシーンで映っている物が封印され、それは映ってはいけない物だったのかと思わせる。
 トリミングなど当時でもそれほど難しい物とは思えず、残念だ。

 特にメッセージなどを持たせない、そういうところが1970年代らしくブルック・シールズにはまさにそれが相応しいだろう。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:william投稿日:2011-09-13 02:41:01
ルイ・マルがアメリカでチャレンジした新しい世界を描きたかったんだろう。
ブルック・シールズの幼くも洗練された裸体はいつ見ても芸術的。
物語の価値よりも、その美しさに評価したい。
投稿者:まさみち投稿日:2008-02-12 23:56:49
自分でも娼婦館に足を踏み込む勇気があるかどうか。カメラマンの彼も純粋に出入りしてる事が仇となり女性たちを怒らせたり惑わせたりしますが、しかし12歳の女の子を自分の人生に必要だと思う事は、非常に紙一重でそこには計り知れない監督の思いを感じますね。DVD化されるのにずいぶんと時間がかかりましたが、これだけ大胆な作品だからでしょうかね。ブルック・シールズの勇気には完敗です。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-01-07 21:42:44
ブルック・シールズが見所の全て。カメラマンのキャラダインがなぜ娼婦館に入り浸るのかが説明不足だし、後半のエピソードは蛇足に感じた。周りの大人たちは勿論、娼婦館育ちのシールズの価値観は当時を知る上で貴重な物だし、ラストの小型カメラも時の流れの残酷さを象徴していた。
投稿者:naka3投稿日:2006-01-31 20:54:28
【ネタバレ注意】

えっとこの映画を観ると、いつもラストシーンで泣けてくるんです。
母親の再婚相手が裕福だったために、ヴァイオレットは令嬢然とした装いで家族とともにプラットフォームに立ちます。そして家族写真に収まろうとするのですが、そのときの表情がなんとも複雑で、何も知らない人から見れば恵まれた環境にいる幸せな少女なのに、その実知らなくていいことまで知ってしまった女の子である、というギャップになんだか涙がでてくるんです。

投稿者:chacha投稿日:2005-11-28 15:25:51
たくさん映画に出てくる売春宿で私が見た中で最も美しいやつだと思います。ブルックシールズ美しいですねーー。まさに神々しい!
お母さんの美しさにもびっくりしますた。
あんな美しい&へいきで子供の前でオッパイ丸出しなお母さん、羨ましいなぁ。あんなお母さんとか美女に囲まれて暮らすんだったら娼婦になってもいいや。
とか思いながら見てましたww
DVD出てないなんてありえない!wぜひとも出すべきですねーー
投稿者:irony投稿日:2005-10-17 23:02:18
 ブルック・シールズと言えば、日本のCMで確か○ネ○ウ化粧品、BGMは一風堂で、出演してたよね。いまだに、ポスターが飾ってるあるよ(笑)
 この映画は私も観たけど、その美しさは、凄いね、「美少女」という言葉がぴったりくるね。
投稿者:AAF投稿日:2005-10-17 17:44:10
「たのみこむ」でDVD化が発案されています。皆で賛同の声を書き込みましょう。
投稿者:ブルマ大帝投稿日:2005-04-27 11:26:20
ブルックが娼館の12歳の娼婦役。初仕事でオヤジにやられて、泣き叫ぶ。仕事後、皆に元気づけられて、泣きながら、眉をしかめながら、笑う。ソコの表情がヤバイカワイクてしょーがない。ハードな時代の繊細な強がり少女、見事に演じている。キースの家、せっかく撮った写真を寂しさから割る。ソコの表情もいい。少女ブルック、乳首がツンとしてるだけのペッタンコの胸も披露、つーか全裸で屋外に締め出されるのはスゴイ(笑)。ヤラシサはなく、少女の神々しい美しさ。そりゃキースも惚れる。ルイ・マルの雰囲気も、素晴らしく幻想的でイイ。
ぜひともDVD化すべき作品。
投稿者:ファルド投稿日:2004-01-05 20:56:06
格式ある売春宿と宿のマダムが言っていたが、ホントそんな感じがする優雅さだった。映像的にもとても良いが、何と言ってもこの映画はB・シールズが際立っていいですね。この作品の彼女は顔はやや大人っぽいが、身体は子供そのもの。それでも何とも妖艶な色気を放っていましたね。生娘の彼女をセリ市?にかけるところやヌードモデルになってソファーに横たわるシーンが印象的でした。
投稿者:ASH投稿日:2003-12-19 23:50:34
【ネタバレ注意】

米版DVDでほぼ20年ぶりに鑑賞。この頃のブルッキーはその美しさが際立っているね!フランス人監督がアメリカ南部のダルな雰囲気を見事に捉えているということにも感心した。ハリウッドへの迎合だって?な〜るほど!僕はルイ・マル監督作としてはコレと『ビバ!マリア』と『アトランティック・シティ』の3つが好き。

投稿者:セイコ投稿日:2001-05-28 00:32:06
キース・キャラダイン演じるカメラマンが、ブルック・シールズ演じる幼い娼婦に自分の思いを打ち明け、何度も彼女の顔にキスしながら押し倒していくラブシーンが好きで何度もみます(^^;。
やがてふたりは結婚するけど、ブルックの母親が引き取りにきたとき、キースが「彼女はぜったい渡さない!」というとこも好き。
しかし今やキースもオッサンになり、ブルックもオバサンになったなあ。


【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音楽(編曲・歌曲)賞ジェリー・ウェクスラー 
□ パルム・ドールルイ・マル 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】プリティ・ベビー2013/08/23\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】プリティ・ベビー2008/03/21\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】プリティ・ベビーレンタル有り
 【VIDEO】プリティ・ベビーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION