allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブルー・マックス(1966)

THE BLUE MAX

メディア映画
上映時間155分
製作国アメリカ/イギリス
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1966/09/15
ジャンル戦争
ブルー・マックス [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 850
USED価格:¥ 988
amazon.co.jpへ

【解説】
 ドイツ空軍の最高殊勲者に与えられる勲章、ブルー・マックス。主人公の空軍将校は、撃墜王リヒトホーフェンを救い、念願のブルー・マックスを手に入れたが……。第一次大戦のドイツ空軍を舞台にした、ある青年将校の物語。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
428 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2014-05-24 17:06:08
第一次世界大戦時の空中戦をたっぷり描いた戦争大作。
もちろんCGがない1966年の映画だから、本物のクラシックな複葉機や三葉機が飛び交う様はマニアなら必見であろう。ストーリー面では、休憩つきの157分と長尺なので、主人公を英雄に仕立て上げようとする軍上層部や伯爵夫人との不倫など、色々と挿話を盛り込んではいるものの、ギラーミンの演出はあっさり味で物足りない。それでも戦場の描写やベルリンの市街地など金がかかってるのは容易にわかり、退屈はしないだろう。
演技陣。ペパードが野心をむき出しにしたピカレスクな主人公を熱演してるが、メイソンの老獪な将軍役がうまい。
投稿者:pointmaster投稿日:2012-04-13 23:18:14
ジェリー・ゴールドスミスの重厚かつ雄大な音楽が作品のクオリティをより高めています。戦闘シーンにおける弦楽器と打楽器の使い方は見事の一言。中でもメインタイトルは彼の遺した数々の作品の中でも代表的な美しい曲と言えるでしょう。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-04-09 02:56:35
【ネタバレ注意】

ピカレスクっぽい展開は予想外だった。戦闘シーンも見所だが、ラストの「危険飛行」が一番印象的。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞(カラー)ダグラス・スローカム 
 ■ 美術賞(カラー) 
 □ 新人賞ジェレミー・ケンプ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION