allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブルックリン横丁(1945)

A TREE GROWS IN BROOKLYN

メディア映画
上映時間128分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(セントラル)
初公開年月1947/06/17
ジャンルドラマ
ブルックリン横丁 [DVD]
参考価格:¥ 5,040
USED価格:¥ 3,490
amazon.co.jpへ

【解説】
 ブロードウェイからハリウッドに迎えられたカザンの監督第一作で、劇作家ベティ・スミスの自伝的長篇小説の映画化。フランシーはブルックリンの貧しいアパート育ち。父(J・ダン)は“唄う”ウェイターをしているが、金が入るとすぐに飲み代に使い、母(D・マクガイア)の苦労は絶えない。が、フランシーと弟は貧乏暮らしにも誇らしく陽気な父を好いていた。父はまた詩人でもあり、裏庭にただ一本生えた樹が切り倒されたのを嘆く娘に、コンクリの下に残った根からまた若い樹が伸びるだろうと慰める。そんな父が彼女の教育費用のため仕事を探し寒い中奔走し、挙句酒を飲んで倒れ、警察官マクシェーンに病院に運ばれるが、妻の懐妊を喜びつつも死んでしまう。悲しみに沈む一家だったが、赤ん坊の誕生やマクシェーンの好意に励まされ、母は不仲だった妹とも和解し、彼の求婚を受け入れる。二人の子供の卒業式に彼らは贅沢この上ないアイスクリームを作ってやるのだった……。聡明な少女フランシーのP・A・ガーナーを初め、役者たちは驚くべき細やかな演技で暖かい雰囲気を醸す。得にダンの父親は素晴らしい。弟の興ずる悪戯や、完璧に再現された20年代の風俗がノスタルジーをかき立てる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
319 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-06-06 14:24:53
いい作品だがエピソードがやや多過ぎで、後半でそれらを収束させる為に時間が掛かり過ぎてた(フランシーにプロポーズする野球少年はいつ出て来たのか)。キャストは充実。
投稿者:uptail投稿日:2009-10-31 16:31:02
ペギー・アン・ガーナー
投稿者:アリョーシャ投稿日:2003-02-21 22:35:21
当時はこのような家庭劇の秀作がけっこうあったようですね。「ブルックリン横丁」「ママの想い出」どちらも大好きな作品です。昔から子供と動物にはどんな名優も敵わないと言われますが、この作品のP・A・ガーナーも然り。実に自然で、愛らしい演技を見せてくれています。
投稿者:Ikeda投稿日:2002-12-07 10:54:24
非常に良い映画でした。これに似た映画で「ママの想い出」という映画があり、これも良い映画ですが、私はこの「ブルックリン横町」の方を高く買っています。出演者が適役なのとエリア・カザンの演出が良く、そろって自然な演技をしている所が素晴らしいです。ドロッシー・マクガイアが母の言葉に反省させられて、珍しく、夫の帰りを夜遅くまで待っているが、いつもの夫の夢の様な話を聞いて、再び腹をたててしまう所あたりは人情の機微を良く描いていますし、ペギー・アン・ガーナーが卒業式の時、男の学生に誘われたり、屋上で弟に「わたしは美人」と聞く所などは、ほほえましいシーンでした。
全体としても下町ブルックリンの情景を良く描き、貧しい中にも、どこかに希望の光が見えるストーリーが何とも言えません。傑作というより秀作といった感じです。
余談ですが、この映画を最近、何十年ぶりかで見た時、途中から出てくる警官の俳優の名前を思い出せませんでしたが、たまたまジェームス・ダンの家がノーラン家だという台詞を聞いてロイド・ノ−ランを思いだしました。こういうことも珍しいと思います。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-13 11:51:12
 エリア・カザン監督作の中では一番好きだ。このカザンは悪くないと思う。
 ドロシー・マクガイア演じる母親とジェームズ・ダン演じる父親の2人だけのシーンになると、途端にカザン特有のわざとらしい臭い演出が連続するのだが、ペギー・アン・ガーナーが絡むシーンはとても瑞々しい。このペギー・アン・ガーナーへの演出は良いですね。彼女の父親を思う気持ちがビンビン伝わって来て心揺さぶられる。恥ずかしながら、後半はさめざめと泣いてしまった。

 しかし、カザンの演出の良さ以上にハリウッドのスタジオシステムの素晴らしさを痛感する映画と云えよう。特に、照明・撮影の的確さ!クリスマスのシーン。アパートの部屋の窓から見える雪の造型。どの部屋の窓からもコンコンと降りしきる美しい雪が見え実に感動的だ。また、身ごもったドロシー・マクガイアが倒れ、ペギー・アン・ガーナーが一人で看病するシーンは打って代わって土砂降りの雨。このシーンでの照明による不安感創出も絶品。このあたりだけを見ると、この映画と同じ監督が2年後に『紳士協定』という大愚作を撮るとはとても想像できない。:-P

#同じアパートの階下の住人役でメエ・マーシュが顔を見せる。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞ジェームズ・ダン 
 □ 脚色賞テス・スレシンジャー 
  フランク・デイヴィス 
■ 新規登録作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ブルックリン横丁2009/09/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ブルックリン横丁レンタル有り
 【VIDEO】ブルックリン横丁レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION