allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブレインストーム(1983)

BRAINSTORM

メディア映画
上映時間100分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM/UA=CIC)
初公開年月1984/04/
ジャンルSF/サスペンス
ブレインストーム [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,333
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 人間の体験した記憶や感覚を、そのまま他人に追体験させることのできる装置“ブレイン・スキャン”を巡って巻き起る事件を描いたサイエンス・スリラー。ナタリー・ウッドが撮影中に事故死(もちろんこれが遺作)したためストーリーが変更の憂き目を被った。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:岡本知 翻訳:高間俊子 調整:高橋久義 制作:グロービジョン)
※このデータは放送当時の情報です。
曽我部和恭クリストファー・ウォーケンマイケル・ブレイス
沢田敏子ナタリー・ウッドカレン・ブレイス
竹口安芸子ルイーズ・フレッチャーリリアン・レイノルズ
寺島幹夫クリフ・ロバートソンアレックス・ターソン
嶋俊介
大滝進矢
田原アルノ
有馬瑞香
中田和宏
佐々木優子
幹本雄之
秋元羊介
色川京子
青森伸
広瀬正志
小島敏彦
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
642 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-02-10 10:23:36
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:6
投稿者:tomovsky投稿日:2007-09-13 23:54:37
傑作だとは思うが、万人には受けないだろう。個人的には好みの作品だが、内容的には少し難しい感じがする。感覚的な映画で、一言で説明する事は出来そうにない。でも、鑑賞中は何だか知らないがとても面白かった。ナタリー・ウッドは気の毒だった。心から冥福を祈る。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-08-23 12:30:31
バーチャルリアリティを扱った作品としては、代表作といえるだろう。好きな人には楽しめると思う。
これ以後、ダグラスは70ミリのアトラクション映像‘ショースキャン‘にのめりこむことになる。
演技陣。ウォーケンが「ディアハンター」「デッドゾーン」のような儚げな演技をして印象深い。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-06-28 23:02:30
クリストファー・ウォーケン主演にしては、珍しくキレたところのないマトモな役。
それはともかく、彼と協同開発で人の記憶や意識を録画する装置を作った女科学者の同僚が持病で倒れ、死ぬ瞬間に録画した映像を巡るサスペンスだが、死ぬまでの映像でしょう?
なぜラスト、最後まで見たら天使とか出てくるんだろう?装置は彼女に装着され作動したまま彼女は死んだが、死んだ後も意識があり、それが録画されていたということか?
そこんところは今イチ理解できなかったが、とにかく万華鏡の世界のような映像が美しい映画。ナタリー・ウッドはこの映画の製作中、水死したため遺作となったが、キレイな方でしたね。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-02-06 16:13:59
「記憶を記録する」ことが、遂には「死」の世界にまで及んでしまうというアイデアはよかった。ただ後半にあった駆け引きについていけなかった。

違うものを期待していたようで、SFとしてはちょっと地味な印象。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-23 23:37:16
【ネタバレ注意】

 ナタリー・ウッドが撮影中に死亡したことばかりが語られがちだけど、バーチャル系SF映画の隠れた佳作。「サイレント・ランニング」以来の監督作となるダグラス・トランブルは、SFXショーのような映画にしていないところが好感触。もっとも、予算との兼ね合いがあったのかもしれんが。

 新開発によって作られた知覚伝動装置(ブレインストーム)が軍部に利用されそうになり、それを阻止しようと主人公たちが活躍するという展開は、もはやこの手のSF映画の王道であり、やっぱり本作でも踏襲されている。主人公と軍部との攻防をいかに見せるかよりも、ブレインストームによるバーチャル体験の映像が見ものなのだが、劇場では70mm作品なのでTVサイズの画面で見ちゃうと迫力がないという難点もあるんだけど。

 記録された他人の感覚を実体験できるという夢のような機械だが、開発者のひとりリリアンは自身の死をブレインストームに記録して事切れてしまう。恐ろしいのは、この死を被験者が追体験できてしまうということだ。リリアンの死の記録を体験することで死の世界の解明をしようとマイケルは試みる。死の体験の映像化は難題だったと思うが、トランブル監督は決して恐ろしいものとして描いていないのが興味深い。後に「ゴースト」や「マイ・ライフ」といった「死」をテーマにした映画の脚本を書くブルース・ジョエル・ルービンが原案を手掛けているだけに、このようなプロットになったんだろうと解釈。

 夫婦仲に亀裂が入り始めたマイケルがカレンとの思い出の記録を再生して夫婦の愛が深まる、なんて甘ったるいけどいいシーンなんだよねぇ。

 ところで、マイケルが乗る、仰向けになった状態で漕ぐ自転車、アレ欲しい!!

 【My Cult Movie】

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【レンタル】
 【DVD】ブレインストームレンタル有り
 【VIDEO】ブレインストームレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION