allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブローン・アウェイ/復讐の序曲(1994)

BLOWN AWAY

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM=UIP)
初公開年月1994/11/03
ジャンルアクション/サスペンス
ブローン・アウェイ 復讐の序曲 [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 531
USED価格:¥ 409
amazon.co.jpへ

【解説】
 爆発物処理隊員と、爆弾作りの天才の脱獄囚との壮絶な戦いを描いたアクション・バイオレンス。「バックドラフト」もそうだったが、完全なプロフェッショナルを主人公にしておきながら、物語の核がその人物の個人的問題にまつわるものというのは、ドラマチックな展開が創造できる反面、主人公の設定からプロしさを奪ってしまうきらいがある。この作品も、T・L・ジョーンズ扮する爆弾魔とJ・ブリッジス扮する主人公が、かつてはアイルランドで戦友同士だったという設定が加わり、どちらかというと単なる復讐劇の色が濃くなってるのが惜しい。プロは何に対しても対応できるからプロなのだ。「プレデター2」のS・ホプキンスは、爆破シーンと、そこに至るサスペンス描写(起爆に至る過程を超接写で見せるシーンは迫力充分)にその才能を見せているが、全体としては散漫な印象を与えている。ジェフの実父でもあるR・ブリッジスも出演。
<allcinema>
評価
【関連作品】
バックドラフト(1991)
プレデター2(1990)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
741 5.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2015-01-11 16:45:44
爆破物にもいろいろあるのね。題材はいいが、脚本が大雑把。船の爆破は凄かった。
投稿者:scissors投稿日:2009-09-05 18:42:34
酷い。
マイナス評価が付けられればいいのに、と思ってしまう映画にまた出会ってしまった。
酷すぎる。

T・L・ジョーンズって実はすげーダイコンじゃないのか疑惑、を密かに持っているのですが、この作品を見て、それが大きく確信に近づいたのであります。
投稿者:william投稿日:2008-09-27 01:08:00
地味ーなアクション。爆発シーンも地味。記憶に残らん。
投稿者:spink投稿日:2005-09-04 20:37:39
んー、つまらないです。
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-06-06 16:27:20
何故かコレは何度見ても眠くなる。終盤の大爆破シーン以外に特に迫力あるシーンもないし、スリリングさも足りない。
話のテンポもイマイチで退屈する。

いざ爆弾が爆発してみりゃショボイ合成だったり主人公の目に爆縁が映っただけだったりで期待してソンした。

ラストの車の爆弾だってあれじゃ誰にだって解除できんじゃん。
主人公が「爆発するぞ!」なんていいながら結局爆発しないでアッサリ終わるし。

終盤の大爆破は映画史に残るほど超ハデで良かったのに他は全然だめ。
トミーリー・ジョーンズのイっちゃった犯人役はイイけど。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-12-13 19:59:37
公開当初、評論家の先生方は本作をけちょんけちょんに貶していた反面、当時公開された「スピード」が気に入らないややへそ曲がりの人々には支持されていたように思う。そういう僕も、「スピード」の立ち見の凄さに嫌気がさして、本作を見に行った口。
「なかなかいいやん!」が第一の感想。元IRA闘士と爆弾犯の攻防戦、アイディア満載(?)の爆弾とそれが爆発するまでの緊張感など、前半に限って言えば一級品のサスペンスだ。これが、後半になると見事に失速。ストーリーの進むテンポが悪くなるし、クライマックスの船(しかも廃船!)の爆破は、仕掛けだけ凝っていて迫力が不充分。せめて街中のビルひとつ位消してくれないとね・・・。
本作のトミー・リー・ジョーンズは、かなりインパクトがあった。主役のジェフ・ブリッジスの存在を完全に食った。
投稿者:dadada投稿日:2002-03-24 22:51:44
派手な見せ場を散りばめたサスペンス・アクション。ただ、最後の最後で失速。主人公の家族の車に仕掛けられた爆弾処理のくだりに緊迫感無し。犯人アジトの大爆発の流れからすれば、もっと盛り上がらなければ納得いかん。結局、一味足りない映画。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-06-18 14:09:34
「スペシャリスト」の方が好きです。ジェームズウッズが出てるし。
投稿者:優柔不断末魔投稿日:2001-03-18 10:08:37
↓のタケキチさんのコメントの感じといっしょで(多分)「読んでそうそうとうなずいた(共感?したつもり)」<同じようなことを思っていた(はず)>公開当時『スピード』の爆発的ヒットの陰に隠れて非常に地味に公開していた。(個人的印象)【でも正統派ハリウッドアクション大作だと思う】そのせいか全然期待せず暇つぶし程度(多分)に観て凄い感動した(と思う…確か)作品。詳しいストーリーは覚えてないが迫力もあるし、俳優さんたちが渋いし結構面白かったと思う。ブリジッス親子にトミー・リー・ジョーンズ。あのフォレスト・ウディガーも出てる!!
期待していなっかった分結構愛着のある映画です。確かビデオとテレビで三回くらい観た。ああー思い出すなあ〜J・ブリジッスが酔いつぶれているシーン、トミー・リー・ジョーンズの不気味な笑み、F・ウディガーの情けない表情。スピードよりこっちの方が絶対いいよ(多分)まあ客観的に観て普通のアクション映画ってところなんだろうなあ〜。
投稿者:タケキチ投稿日:2001-03-18 01:23:18
僕の記憶が確かならこの作品、あの「スピード」とほぼ同時期に
公開されていたはず。
まあ、そのせいもあって公開当時は殆ど話題にもならず
打ち切りになっちゃった映画だけど、案外僕は面白いと思いましたよ。
特に前半の、いろんなバラエティに富んだ爆弾の数々と
それらがいつ爆発するか分からないスリル、
そしてそれがいざ爆発した時の迫力と、見所は満載。
ただ問題なのは、そのあまりに盛りだくさんの
見せ場が逆に映画のスピード感を損なわせてしまい、
物語全体としては随分とバランスの悪い、
もったりとしたテンポの作品になってしまった事。

要するに料理で言えば、中に入ってるお肉も魚も
それぞれは凄く旨いのに、それを一緒に煮込んだら
うーん・・・って味になっちゃった、って事でしょうかね。

でも、僕は結構嫌いじゃないです、この味も。
投稿者:みかぽん投稿日:2000-11-01 16:47:08
個人的にはトミー・リー・ジョーンズの最高の当たり役だと思ってます。
お茶目でいたずらっ子なライアンに、もうメロメロ〜♪http://www1.odn.ne.jp/love-rose
投稿者:投稿日:2000-06-20 10:47:57
かなりハラハラ感ある作品だよな
この映画を観た夜 時計のカチッカチッって音が気になって寝られなかった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ アクション・シーン賞 爆発する船からの脱出シーン
 □ 悪役賞トミー・リー・ジョーンズ 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION