allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベイビー・オブ・マコン(1993)

THE BABY OF MACON

メディア映画
上映時間122分
製作国イギリス/ドイツ/フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド・エース=ヘラルド)
初公開年月1993/12/11
ジャンルアート
ピーター・グリーナウェイ 爛熟期 Blu-ray BOX ≪無修正HDリマスター版≫
参考価格:¥ 13,932
価格:¥ 79,800
USED価格:¥ 34,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 1659年、イタリアのある都市。町の大劇場で“ベイビー・オブ・マコン”と題された芝居が始まった。世の中が飢餓に苦しむ時代に、ある一人のグロテスクな妊婦が怪物を孕んでいると予言される。しかし生まれてきたのは五体満足の美しい男の赤ん坊だった。この出来事は、最悪の事態を恐れていた人々を狂喜させ、その子は奇跡の子と崇められるが……。目前で演じられる劇中劇をみる観客が、やがてその舞台に乱入し、虚構(演劇)と現実(観客席)との間を往復している内に、主人公と共に“夢”と“うつつ”の間に誘われるといった構造で、無垢な心を持った人々が利用され痛めつけられる事の理不尽さを、現代社会に訴えている。愛欲、憎悪、復讐といった人間の業を、絢爛たるグランドオペラのごとく壮麗かつ華麗な映像美で描いた映像錬金術師グリーナウェイの最高傑作。美しい毒に満ちたブラックなユーモアセンスが冴えに冴え渡っている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
432 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:肌水投稿日:2005-01-02 20:33:53
公開当時、期間がわずか2週間しかなったので、急いで劇場に観に行った。満席に近いと思ったが、客は10人程度。映画が始まって30分くらいで1名が席を立つ、その後5名ほど席を立ち残ったのは自分と2〜3人程度。

この映画はわざとお客に我慢比べの勝負をさせているのだなと感じたので、口惜しいので最後までしっかりと見た。

感想は最後はやりすぎと思われたが、まずまず良かったと思う。
【レンタル】
 【DVD】ベイビー・オブ・マコン <無修正HDリマスター版>レンタル有り
 【VIDEO】ベイビー・オブ・マコンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION