allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベスト・キッド(1984)

THE MOMENT OF TRUTH
THE KARATE KID

メディア映画
上映時間127分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1985/02/16
ジャンル青春/スポーツ
吹替洋画劇場 オリジナル『ベスト・キッド』30周年記念 アニバーサリー コンプリートエディション(初回限定版) [Blu-ray]
参考価格:¥ 8,208
価格:¥ 3,890
USED価格:¥ 3,970
amazon.co.jpへ

 Photos
ベスト・キッド

【解説】
 ひよわな転校生ダニエルが恋した少女は、カラテの高校チャンピオンが狙っている娘でもあった。ある日不良グループにからまれた彼は、ミヤギと名乗る老人に助けられる。ミヤギは、自分を守るために使うのならカラテを教えよう、と言うが……。「ロッキー」のJ・G・アヴィルドセン監督がおくる、カラテ少年を主人公にしたスポーツ青春映画。定石と言えばそれまでだが、予定調和の物語をドラマティックに仕上げた演出は、やはりツボを心得ている。“サバイバー”の唄う主題歌と共に映画は大ヒット、2本の続編と主人公を女の子に替えた「ベスト・キッド4」が製作された。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ベスト・キッド(1984)シリーズ第1作
ベスト・キッド2(1986)シリーズ第2作
ベスト・キッド3/最後の挑戦(1989)シリーズ第3作
ベスト・キッド4(1994)シリーズ第4作
ベスト・キッド(2010)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
754 7.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 18:54:15
エリザベス・シューが健康的で良い。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-16 14:14:45
面白いね。 ペンキ塗りの修行って、これが元ネタなの?
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-02 01:05:52
なかなか気持ちよく見られた青春映画でした。
モリタ氏の演じた老人は、謙虚で魅力的、
日本人としての美徳を感じさせ嬉しくなります。
競技シーンも上手く描かれていると思います。
投稿者:jb投稿日:2012-09-25 20:32:36
普通に楽しめた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-15 16:30:16
エリザベス・シューの方がマッチオより喧嘩強そうだったなあ。リメイク版の方が完成度は上がってると思う。星三つ半。
投稿者:こじか投稿日:2010-10-15 03:01:10
これを鑑賞したら、河川敷や海辺に突き刺さった丸太を見つけるたび
先端に乗って「“ダニエルさん”する」ことは間違いない。
この真実に挑戦したければ是非鑑賞して欲しい。

また、それでも尚も腰が重ければ考えて欲しい。
映画キャラ名の一般知名度でいけば、
ロッキー・ランボー・インディに並ぶのが
「ダニエルさん」なんじゃないかな。
クラーク・ケントなんて若い人はさらっさらピンとこないだだろうし、
ドクもルークもジャック&ローズも評は伸びないはず。
スカーレットもロレンスもあくまで世代別でしょう。
あ、ヨーダとかコーネリアスは別ね(超勝手に)。
何が言いたいかと言うと、
それっくらい【伝説的な作品】なワケだ。
これって異論が出ないんじゃないかなぁ。
ぃゃ、ここにこんなこと書くこと自体に異論かなぁ(叩かれ覚悟)。
要はそれくらい観るにあたいする!…と思う…。

ぁ…レオンとかマルコヴィッチ出てきたら
わたしもいよいよ世代交代を覚悟します(泣)
投稿者:william投稿日:2010-08-17 23:57:40
ただの格闘物を煌びやかな青春映画に仕立ててしまったのは見事。
ノリユキ・パット・モリタ氏の存在感も、何時までも色褪せない。
投稿者:なちら投稿日:2010-08-11 14:50:43
監督はロッキーで、脚本家はベッソン絡みの作品を書いている方なんだね。初めて知った。
お説教と遊びが上手くミックスしているのは作り手の力なのかも。

嫁と息子を亡くしたミヤギがダニエルさんを優しく見守る様子が泣けるよ。
ダニエルさんもまた、試合が迫っているのに謎の雑用を素直にこなす辺りがスレていなくて良いなぁと思う。

勝負が決まった後の対戦相手の豹変っぷりは驚くけど、子供が悪いんじゃない大人が悪いんだって事かね。
投稿者:mototencho投稿日:2010-08-04 19:35:27
「ダニエルさん!ワックス・オン!ワックス・オフ!」ペンキ塗りとワックスがけをすれば空手が強くなると本気で信じた青春スポ根映画(でも元空手部の人いわく、ぜんぜん違うんだそうです・・・しくしく)。冷笑してきたからなくなっちゃったけど、世も末のご時勢で“根性”は案外大切かも。ノウハウもナシで精神論を押しつける連中は大嫌いだけど、この作品の爺さん(=ミヤギ)みたいに合理的に騙されれば、“精神”も信じられる。ま、その辺ご覧になってご確認を、ラストが良いんですよ。できれば21世紀の若者にぜひ観て欲しい1本。ま、見せたいからリメイクしたんだよな。
http://mototencho.web.fc2.com/theam/sirease.html#karatekid
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-24 17:22:16
なんと言ってもエリザベス・シューのぽっちゃり具合が好き。
ハエを箸で捕まえる訓練は俺も良くやったもんだ(笑)
投稿者:篭瀬山投稿日:2006-10-29 21:35:12
 今のハリウッド映画の平均値と比べると、だいぶ野暮ったい(というか、ハリウッドは白黒時代でもはるかに洗練された作品を産んでいる)。と言うのは、主人公が田舎出身のヒョロビリの冴えない少年(なぜか女に手を出すのは早いが)だというだけでなく、話の展開がいい加減スローモーなのだ。要は空手のトーナメントを勝ち抜く話なのだが、空手の練習が始まるまでに物語の半分が費やされる。今なら15〜20分で処理されるところだ(ろう)。

 しかし、これがいい。物事の真理は表面的な事柄の奥底に潜んでいるのだよというような、この年代にとって大切な教訓が、見事に織り込まれている。自分にとってはいまだに傑作。いま見てあらためて気づくのは、映像と音楽が丁寧で美しい作品だったのだなあ、ということだ。7
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-05-24 06:02:49
昔、すごい好きだった。公開当時10歳とかだったかなぁ。ビデオで何度も何度も繰り返し見たなぁ〜。
ロッキーの様に1試合でお互い殴って殴って、殴り続けるのではなく、一撃必殺で1発で試合が決定するのにも、何か当時リアリティーを感じました。

それから10年以上見てなかったけど、見返してみたら・・・ 仮想パーティーのとき、コブラ会のトップの奴がトイレでしてたのは、マリワナを巻いていたのね。。子供のころは何やってるか全く理解できなかったな。あと、あいつがダイアナ妃そっくりの顔してるのにも驚いた。ほんと同じ顔じゃん。エリザベス・シューは顔がでかいね。ラルフ・マッチオとのキスシーンでは、エリザベス・シューの方が顔がでかくて笑ってしまった。
子供の頃ほど感動できないとは思っていたけど、ダニエルさんが泥酔ミヤギさんを介抱してお辞儀→場面がガラリと変わって、一人で黙々と空手の稽古に励むダニエルさんのシーンには感動した。音楽が良いんだよなぁ〜、また。
投稿者:シネマガール投稿日:2005-11-29 05:30:12
それまでアジア人、日本人はハリウッドの戦争映画などで敵や虫のように扱われていた。ミヤギ先生の登場で、小さなアジア系老人がデカいアメリカ人をやっつける構図ができました。中学一年の春に見た「ベスト・キッド」忘れられません。今見るとちょっぴり恥ずかしい80年代のエッセンスたっぷりの青春映画のクラシックです。モリタ氏のご冥福をお祈りします。http://cinemagirleastcoast.blog37.fc2.com/
投稿者:TOSHIkun投稿日:2005-11-27 02:19:54
この作品2作目までしか観てませんが、
空手のお師匠役のノリユキ・パット・モリタ氏の
存在感が強く焼き付いて忘れられません。
2005年11月24日、惜しくも73歳でご逝去されました。
私的にこの失望感って、「ドランク・モンキー/酔拳」の
ジャッキー・チェンの先生役のユエン・シャオティエン氏が
亡くなってたのを知った時と同じ位の衝撃が
全身にビリビリと走りました。
謹んでご冥福をお祈りします。
ステキなキャラを演じて下さってありがとう…。
投稿者:irony投稿日:2005-09-06 03:33:47
 空手やりたいって思った人いるかな?お鶴キックには、正直オイオイって思ったし、かなり笑ったね。在りのまま見て感じるしかない。しかし、この映画でノリユキ・パット・モリタの存在を知らしめた作品なのは間違い無いね。
投稿者:通りすがリーマン投稿日:2005-06-20 00:48:22
この映画でシューのファンになったんだが、この当時は最高に
かわいかった。このまま大人にならないでほしかった(笑)。
大人といえば、マッチオはこの映画当時22〜3歳なのだが、
13歳ぐらいにしか見えない。その後スクリーンから消えて
しまったのも無理ないよね、大人の役が出来ないんだから。
投稿者:さち投稿日:2004-07-20 09:55:46
よかった
投稿者:さとう茶投稿日:2003-11-12 23:13:10
日本びいきにして空手狂の脚本家が書いた物語だけに、日本への敬意がうかがえますね。最後の鶴のポーズもそうだと思います。
ノリユキ・パット・モリタは、この映画以外では「世界崩壊の序曲」(タワーリング・インフェルノと出演者・スタッフが思いきりかぶる珍作)に出てました。
東洋とは理屈では割り切れないもの、日本庭園なんかそうですよね。ああいったイメージを空手の世界に持ち込んだんだと思います。神秘性とリアリティのバランスをかなり考えた末の工夫で、私は感心しました。
投稿者:Mr.ちゃんこ投稿日:2002-03-19 05:39:39
はっきり言ってこの映画に少しでもシリアスなものを期待してはいけないと思う。
最後に鶴の技をキメた瞬間には思わず爆笑してしまった。
すごいギャグセンスだと思う。
ミスターミヤギは確実に日本語喋れないアメリカ人だろうし
コブラ会ってネーミングセンスも最高。
優勝したとき泣いて謝る悪役はもはや笑いのツボを通り越して臨界点に突入していると言えよう。
この映画の影響でアメリカにカラティ旋風が吹き荒れたってのは本当なのだろうか。だとすればアメリカという国そのものがジョーク化していると言っても差し支えないだろう。
ス・テ・キ
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-01-23 07:59:49
窓ガラスふきで修行するシーンはまねした。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-19 12:34:08
【ネタバレ注意】

これ、大ヒットしたし、好きな人も多いと思う。ウンナンもつまらないコント
でネタにしてたしね。確かに先も読めるし、ラストも予想できる。日本人の
描かれ方を云々するより、素直に楽しむべきだと思う。感動よりもむしろ爽快
な気分になれる。エリザベス・シュー・ファンは必見!(ちょっと太め時代)。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞ノリユキ・パット・モリタ 
□ 助演男優賞パット・モリタ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】吹替洋画劇場 オリジナル 『ベスト・キッド』 30周年記念 アニバーサリー コンプリートエディション <初回生産限定>2014/12/24\7,600amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ベスト・キッド(オリジナル)」/「ベスト・キッド(リメイク)」2013/11/20\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ベスト・キッド2010/07/28\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】「ベスト・キッド(オリジナル)」/「ベスト・キッド(リメイク)」2015/03/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ウルトラバリュー ベスト・キッド DVDセット2013/12/20\4,095amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド コレクターズ・エディション2010/07/28\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド コレクターズ・エディション <期間限定生産>2009/11/04\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド2008/06/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド <期間限定生産>2008/01/23\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド コレクターズ・エディション <期間限定生産>2007/06/27\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド <期間限定生産>2006/09/27\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド <期間限定生産>2006/02/01\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】半額半蔵 ベスト・キッドパック2005/09/28\3,333amazon.co.jpへ
 【DVD】半額半蔵 スポーツ関連2005/09/28\3,333amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド コレクターズ・エディション <期間限定生産>2005/09/28\1,905amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド <初回限定生産>2005/03/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド DVDボックス <初回限定生産>2003/06/25\9,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ベスト・キッド2003/06/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ベスト・キッドレンタル有り
 【DVD】ベスト・キッドレンタル有り
 【VIDEO】ベスト・キッドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION