allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ペット・セメタリー(1989)

PET SEMATARY

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=UIP)
初公開年月1989/08/19
ジャンルホラー
ペット・セメタリー [DVD]
参考価格:¥ 1,500
価格:¥ 577
USED価格:¥ 547
amazon.co.jpへ

【解説】
 交通事故で最愛の子を失った父親は、裏山のペット墓場の奥に広がる不思議な霊場に遺体を埋めるが……。S・キング自身、気味が悪すぎるという理由で、完成から長い間出版しないでいたといういわくつきの原作を、映画化するならと、彼自身が脚色。恐怖演出は及第点だが、やはり後味が悪すぎる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
873 9.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-11-13 23:48:44
生き返るのではなく、ゾンビ化するだけ。
投稿者:こじか投稿日:2016-09-05 23:38:42
【ネタバレ注意】

あまり良い評判を聞いた事がなかったけど原作・脚本=S・キングらしい沢山の小ネタ運びで中々飽きさせない。事故のカットはなかなか強烈です。猫と坊やのがんばり◎

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 02:38:02
ラストはけっこう衝撃的。
投稿者:さとせ投稿日:2015-08-23 06:19:27
引っ越して来たルイス一家は隣人のジャドと仲良くなる。
ある日、ジャドからペット霊園と奥にある死人を復活させると言われる霊園に連れて行かれたルイスは、その霊園についてジャドから説明を受ける。
愛猫を死亡させてしまったルイスはジャドの反対を受けながらも復活させる為に霊園に埋葬するが・・・。

劇場公開もされた女流監督M・ランバートのホラー映画。
愛する者たちを失った男が復活させようとする気持ちは親としてよく分かるが、殺人鬼として復活するのは皮肉としか言いようが無い。
CIC・ビクタービデオからビデオがリリースされスタンダードのドルビーサラウンド収録だったがかなりの迫力があった。
DVDになってビスタサイズのスクイーズ収録、しかも5.1chとあり迫力がかなり増しているがは嬉しい。(H26/4/20)

原作は「ペット・セマタリー上下巻」(スティーヴン・キング・文春文庫・評価3・5)をM・ランバートがよく映画化している。
投稿者:マレーナ投稿日:2011-12-03 17:56:25
リアルタイムで見た時は凄く恐い思い出があって、印象に残るベストホラーだった。家族を持った今、改めて観て、主人公の気持ちは痛いほどわかる…悲しすぎるホラー映画。スティーヴン・キング大好き。
投稿者:あくび★投稿日:2009-08-13 00:56:26
ホラーなの?これ。
どうもスティーブン・キングの作品は、私としてはただ「陰気くさい」だけでホラーって感じしないんだけど。
これは個人的な感覚だけど、まぁ死に方によっては悔いが残ることはあっても「生き別れ」の方がよっぽどキツいと思ってるので(経験上)、
あんまり感情移入もできなかったな。
もう前振りが冒頭からわかるし。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2009-06-23 23:56:25
子供の遺体をお墓から出して抱きしめるところはとても可哀想なんだけど、それ以外はまぁいつものホラーって感じ。
投稿者:Kircheis投稿日:2009-05-25 13:57:30
愛する人が死んだ時、かりそめにでも復活するんだったら埋めてしまうかもね。たとえゾンビでも…(>_<)

悲しいホラー。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-02-21 18:40:14
【ネタバレ注意】

呪われた土地としか言いようが無い、死に満ち溢れた土地。  その土地は決して失った悲しみを癒す事は出来ない。  とても恐ろしい作品だった。 きっと今なら『生き返らす』のではなく、『遺伝子操作』でクローンを作ってしまうのでしょうね。  呪いを正そうとするかのように、導いてくれる霊の存在が怖さを削いでしまう感じだが、ラストの恐怖感はさすがホラーの王様と言ったところ。 明るさと暗さを併せ持ち、スプラッターなどどっぷり浸かったホラーと違い精神的に重みのあるホラーだった。

投稿者:mirei投稿日:2007-02-02 03:48:40
例え姿形は同じでも、心の無い殺人鬼として愛する人が再生することをあなたは望みますか?
もし、主人公と同じ様に、愛する我が子が死んだら・・・
僕も同じ様にするかもしれないなぁって思えれば良かったんだけど、
そこの所の演出が不足してて、ちぃ〜ともそうは思えない。
それゆえに、主人公の行動が、我を忘れたタダの自己チューとしか思えない。
そこん所がヒジョーにクヤシイ作品です。
投稿者:Tom投稿日:2005-03-25 06:48:59
当時名古屋テレビでMTVをしきりにやってたね。そのサントラ特集でも『ペットセメタリー』のサントラクリップは最高だったね。最も当時は中学生で主題歌を歌うラモーンズがニューヨーク・パンクの帝王の地位にあったなんて知る由もなかったが。ただなんだこの汚い品のないバンドはと感じてたが。映画は別に『ゾンビ』のルビンスタインが製作したんだが、訳のわからん女の監督にやらせずにロメロに監督やらせてあげてもよかったんじゃ。
失敗作です。
投稿者:4531731投稿日:2003-07-04 23:43:32
 アートじゃなきゃいけない必要はないけど、娯楽的なおもしろさの中のベルイマンとかに匹敵するくらいの厳しい人間描写、悲劇、恐怖、ひんしゅくギリギリのユーモア(?)とか気に入ってる。さすがキング、というか監督の力かわからないけど、両方かな。とにかく最高。あの男の子のかわいらしさ、決定打です。悲愴感倍増。
 奥さんのなにやら民俗学的な過去、フラッシュバック、幻覚も好き。ここらへんキングっぽい。で、ラモーンズの歌。この歌聴いたら誰でもラモーンズ好きになること請け合い(多分)。工夫しない分、逆に哲学的な響きを感じる(?)。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-26 19:42:53
・・入ってるけど(VHS)、子供が生まれて以来一度も見てません。
自分がルイスと同じ立場に置かれたら、世間や常識が何と言おうと、俺も彼と同じ事をする。わずかでも可能性があるなら、それに賭けずに一生後悔の日々を送ることに、俺は耐えられないだろうと思うから。
8点。オススメですが、エンドクレジットが始まる前に再生を停めることが条件です(笑)。ラジー賞は必然でしょう。。
投稿者:dadada投稿日:2002-10-29 20:55:59
スティーブン・キングのお話は、時として痛いところをチクチクと突いて来る。この映画もそんなお話。役者を含めて質感の無い映画自体の印象とは裏腹にお話のほうは痛ぁい。これが、キングの魅力。リアルタイムで観た時よりも、最近再見した時のほうが痛みを感じた。昔は“ホラー=怖いか?怖くないか?”が、鑑賞時のポイント。今じゃぁ、色んな事を考えちまうからなぁ。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-23 23:14:44
【ネタバレ注意】

 自分勝手な主人公の、身勝手な行動で悲劇が大きくなるだけだった。猫が轢かれたのなら、もっと気をつけなさい!


投稿者:mina投稿日:2001-10-24 12:41:16
原作おすすめです。
(なんでもそうだと思うけど)原作読むと登場人物の細かな心の機微がわかるのでよりいっそう切なくなります。
映画もそれなりに良かったと思います。
キングの作品で一番イヤなところはいたいけな子供をへーきで死なせるところです。
この映画でもそのシーンが一番イヤだった。
でも、愛する人が死んだら、たとえその人が元通りではないにしても生き返ってほしい、という気持ちはすごく良く分かる。
キングの作品は最後に必ず切なさが残ります。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-03 03:19:51
読んでみます。
この映画に関しては、それなりに楽しんだけど
ニュートラルでした。
でも、退屈はしませんよね。
友達がラスト泣けたっていってた。
投稿者:ユマ投稿日:2000-12-06 00:00:26
なんとなくってかんじで借りてきて見てたんだけど怖い、アメリカのホラーってけっこう殺しまくるだけでドキッとはするけど背がぞぞぞってなるのってそんなにたくさんみたことないなーって思うだけに怖かった。おちはなんだかくだらなかったけどもうわざとかなっておもった。もっと怖くしようと思えば怖くなった作品だと思うし。あー怖かった。
投稿者:カミソリ投稿日:1999-07-16 02:09:26
苦い想い出がある。そう・・・高校1年生の頃だったなあぁ。この映画を見たのは。
それで、エンディングで流れていた曲が物凄く気に入ってさ、サントラを買ったんだよ。
したらさ、俺の気に入った曲は入ってなくて、その代わり物凄く怖い曲がいっぱい入ってたんだよ。
怖い曲を聴いている俺に妹は、「頭おかしいんじゃない?」と言ったんだ。
確かにこれじゃ、「頭おかしい」って言われてもしょうがない気がする。

みんな。一応間違えない様に言っておくよ。あの曲を歌っているアーティストは”ラモーンズ”。
曲名は”ペットセメタリー”だよ。俺と同じ間違えを繰り返さないでくれ。・・・・・・・頼む。http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/8045/index.html
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主題歌賞 "(I Don't Wanna Be Buried in A) Pet Sematary"
■ 観客賞 
【レンタル】
 【DVD】ペット・セメタリーレンタル有り
 【DVD】ペット・セメタリーレンタル有り
 【VIDEO】ペット・セメタリーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION