allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ベニスに死す(1971)

MORTE A VENEZIA
DEATH IN VENICE [米]

メディア映画
上映時間131分
製作国イタリア/フランス
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1971/10/02
リバイバル→デラ→クレストインターナショナル-2011.10.1
ジャンルドラマ
映倫G
美と旅情の大ロマンが 壮麗な水の都にきらめく!
大作曲家の心をとらえた ギリシャ彫刻のような美少年… その愛と死を華麗に描く一大交響詩!
ベニスに死す [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 880
USED価格:¥ 1,800
amazon.co.jpへ

 Photos
ベニスに死すベニスに死す

【解説】
 掛け値なしに美しい映画だ。T・マンの原作ではギリシア神にも喩えられる少年タジオが現実にもいたせいだ。そのB・アンドレセンの美少年には主人公ならずとも、ヘテロの男性をも“その気”にさせる妖しさがあり、彼に出会えたことを“奇跡”と呼んだヴィスコンティの驚喜はよく分かる。彼とそして、全篇に流れる感傷的なマーラーの五番の第四楽章のお蔭で、この作品は耽美の極みに観る者を浸らせる。理想の美を少年に見出した作曲家アッセンバッハは、浜に続く回廊を少年を求めてさまよう。疫病に罹ってもなお、化粧をその顔に施させ、ヴェニスの町を徘徊し、やがて疲れた体を海辺のデッキチェアに横たえる。波光がきらめく。満足の笑みを浮かべつつ涙し、化粧は醜く落ちていく……。痛切な幕切れは同時にひたすら甘美だ。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
土屋嘉男ダーク・ボガードグスタフ・アシェンバッハ
武藤礼子シルヴァーナ・マンガーノタジオの母
水島裕ビョルン・アンドレセンタジオ
松尾佳子マリサ・ベレンソンアシェンバッハ夫人
野島昭生マーク・バーンズアルフレッド
今西正男フランコ・ファブリッツィ床屋
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A冒険者たち (1967)
[002]A地獄に堕ちた勇者ども (1969)
[003]A映画に愛をこめて アメリカの夜 (1973)
[004]A羊たちの沈黙 (1990)
[005]A私のように美しい娘 (1972)
[006]Aブルジョワジーの秘かな愉しみ (1972)
[007]A眺めのいい部屋 (1986)
[008]Aヘヴン (2002)
[009]A (1960)
[010]Aイングリッシュ・ペイシェント (1996)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
21160 7.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2015-02-19 19:28:09
そもそもマ−ラ−の音楽が好きではないので、その作品「交響曲第5番」を使ってベニスと美少年と芸術家を彩ろうとしたヴィスコンティの意図に、\'54年のフルトベングラ−の「ブルックナ−七番」の演奏を全編に用いて完璧な映像作品とした「夏の嵐」ほどの衝撃を受けることはなかった。ビヨルン・アンドレセンの美少年ぶりを誰しもが云々するが、ワタクシ的にはそれほどの悪魔的な「美」とは思えなかった。ゆえに、その「美」に狂って死への奈落を堕ちて行く主人公の行動には今一共感を覚えなかった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:sachi823投稿日:2014-04-12 22:17:51
作品としてボガードのほとんど台詞のない演技は見事であるし、
マーラーの音楽をバックに描写されるヴェニスの風景は非常に美しいです。
ヴィスコンティの作品もいくつか見て感銘を受けたものもあります。
しかし本作品だけはどうしても好きになれないのです。
自分の中に本作品の主人公を共感できるための何かが
欠落しているためかもしれません。
投稿者:ritoriz投稿日:2012-10-28 21:25:11
【ネタバレ注意】

マーラーのアダージェットを聴きたくて、雨の日曜、スクリーンへ。
冒頭からのマーラーに心震わせつつ、静かな映像の丁寧なカメラワークに見入り、すぐに引き込まれていきました。そこに彼として存在しているのが自然すぎるアッシェンバッハ役のD・ボガート、漸くといった感じで端麗な顔をあらわすタジオ。水の街にふさわしい、水の煌きをほんとうに美しく撮っている。
そこへきて、街中をおおう消毒液の臭いと、シロッコがもたらす熱気、汗。ほんとうに臭ってきそうな場面を、妖精の如きタジオが、家族と共に教会?へとヒタヒタと歩いていく、それを追う教授。

ベニスが疫病の死街へと化していく時間の流れと、エピキュリアンな貴族社会の崩壊への流れ、そこに教授の人生と音楽家としての終わりへの流れが幾重にも重なり、残酷なまでに耽美なストーリーでした。
ところどころ、ゲイでもない私が見ると「ギャグなのか…?」という滑稽さがあったりもしますが、人間の人生というのは視点を変えれば滑稽なことやってるな、という場面も多々あるもんです。
ゲイ的な解釈だけでは到底、この映画を語れないと思います。

感動したというのとは違うのですが、タジオを追って暗いベニスの広場まで辿り着いた教授が、化粧と汗にまみれてへたり込んで笑い出すシーンは、偏屈になるまでの彼の生きて感じてきた様々が思いやられ、涙が出てしまいました。
剽軽な流し芸人の道化にも決して笑えなかった彼が、自分自身にもう「笑うしかない」状況に…。虚しいというだけでもない、人の生の深さ、を垣間見るような映画でした。原作をじっくり読んでみたいです。
若い人は一度見て、わかんない〜キモイ、と感じたとしてもぜひ、40代になってから再度見て欲しいです。。

投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-10-14 18:43:01
ダーク・ボガードとビョルン・アンドレセンへのヴィスコンティのまなざしがまるっきりゲイそのものなので、ゲイでない私には「うひゃー」です。もっともヴィスコンティは厳密には両性愛者だそうですけど。

今より階級社会が確立していた時代、高級ホテルにアジアからの団体客が来なかった時代(この映画が製作されたときは、もちろんそうではありませんでした)、主人公がさまざまなことを夢見ながら死んでいくさまはやはりショッキングです。ところでこの映画では理髪店というのが大きなポイントになりますが、そういえば『ローマの休日』も美容院がポイントでしたね。同じイタリアを舞台にしています。

ビョルン・アンドレセンについては、拙ブログで記事を書きましたので、興味のある方はお読みください。この撮影ではそうとう彼もまいったようです。それにしてもヴィスコンティって、ほんと、崩れ行く貴族社会、王室、そういったことを映画にし続けた人だったんですね・・・。

ビョルン・アンドレセンについての拙ブログの記事

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/2d6233910e64cdeff344f0f78eec0b3e

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/b17afa7ea3f391b15298109f654c7173
http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:o.o投稿日:2012-01-10 01:51:20
「覚えている。父の家にも砂時計があった。砂の落ちる道が非常に狭くて、最初はいつまでも上の砂が変わらずに見える。砂がなくなったことに気づくのは、おしまいのころだ。それまでは、だれもほとんど気にしない。最後のころまで。時間が過ぎて、気がついた時は既に終わってしまっている」

回想シーンにおけるこのセリフがこの映画のハード コアではないでしょうか。「気がついた時は既に終わってしまっている」という思考パターンが、いたるところで繰り返されているように思えます。主人公の芸術家としての寿命もそうだし、実人生もそうだし、むろん、一見典雅な貴族達の保養地に見えて、実は疫病が蔓延して死の街と化していたベニスもそうです。床屋の親父に、若さを取り戻して差し上げると言われ、本人もその気になっているらしいその顔が、死化粧にしか見えないのが滑稽です。

「既に終わってしまっている」のは、おそらく主人公の人生やナポリの街だけではなく、この映画で執拗に、執拗に、ひたすら執拗に、時間の許す限りこの眼に焼き付けようとするかのように映される「貴族達の世界」、ひいては、それを生み出した、純粋な美やら、偉大な人間性やらを追い求める、美しきヨーロッパ文明、ということだと思います。数日前まで人で溢れていたのに、今は閑散とした浜辺にたたずむ美少年は、たぶんその象徴です。

なお、ベニスを襲った疫病が、「アジア コレラ」とされているのを見逃してやる訳にはいきません。真相を打ち明けた銀行家によれば、このコレラは、ガンジス側を発生源とし、アフガニスタン、ペルシャ、ロシアに移動して、そこからヨーロッパを横切ってシリアの港に。さらには、ツーロン、マラガ、パレルモ、ナポリに広がり、カリビア海に根を下ろし、ついにはベニスに到達したのだとか。第二次大戦後に続き、第二の巨大なパワー シフトが起こっている今、「アジア コレラ」の猛威はこれからが本番なのかも知れません。

さらば高貴なるヨーロッパ文明よ。同じ貴族として、まろも哀しいでごじゃるよ、という感想です。うそ。関係ないでごじゃる。
投稿者:Normandie投稿日:2011-11-12 10:33:26
年齢を重ねてこそ解る世界です。
生きることの残酷さ儚さを撮ったら世界一の監督でしょう。
過去2回鑑賞のうち一度は映画館で見ることができて本当に幸運だった。
美少年は翳りゆく人生の残り香でありある意味畏怖だと・・
あまり理屈は考えずに何度も味わえるタイプの作品だとも思います。
投稿者:リEガン投稿日:2011-11-08 17:03:20
右手を腰に当て左手で指し示すその先にあるものは、紺青のアドリア海だろうか、昇りゆく陽の光なのだろうか。佇立するその姿が完璧な美を湛えることで、失意を重ねた孤独な男の魂に至福の最期を手向けた。マーラーの交響曲第五番第四楽章のアダージェットがまた素晴らしい。学生時代こそそれほどの印象はなかったが、83年、99年、そして本年と、以来観るたびに感動が高まり胸震える。自分にとっては紛うことなき映画史上の傑作。
投稿者:陸将投稿日:2011-10-12 22:33:00
【ネタバレ注意】

本作の物語を一言で表現すれば、ある少年に一目惚れしてしまうことで苦悩するが、それでも彼を追っかけてしまう老人の話であり、ややもすれば珍品になりかねない設定である。

それを列記とした大傑作に仕上げた最大の要因は、ビョルン・アンドルセンという少年を捜し当てたことだろう。
その中性的な美少年は劇中の主人公はおろか、観客やおそらく監督のヴィスコンティまでも魅了している。
彼の美しさは観る者全てを吸い込んでしまう様な透明感に覆われている。
周囲と常に距離をとり、詳しい素性も分からない不思議な少年は、まさに息を飲むほどに絶世の存在だ。

主人公が1度目にベニスに着いた時、彼は白い衣装を着ている。
その姿はまさに“純白の天使”であり、神から授かった“美”そのものである。
その美は芸術家である主人公からひたすら見られる存在である。
まさに鑑賞したくなるような“芸術作品”が終始スクリーンいっぱいに映し出される。

だが、主人公が2度目にベニスに着いてから、彼は純白の天使から“美しすぎる悪魔”に変貌する。
まるで主人公の心を弄ぶように、魔性の眼でもって見つめ返す。

主人公は偏屈で頑固な故に、孤独がよく似合う男である。
だからこそ、自分の中で沸き起こる不純な感情に戸惑い、苦しみ、それでもその想いを抑えきれないでいる。
天使でもあり悪魔でもある“美”に振り回される姿が決して滑稽でなく、説得力を持って観客に迫ってくるのも、彼が追い求めている美が普遍性を持っているからだろう。

芸術家である彼は自分も“美”に近づこうと、化粧で自分を覆うことで美を手に入れる。
しかし、それはあくまで人工的に作られた美である。
そんな美が神から授けられた自然の“美”に無残にも敗北する。

ラストで主人公が息絶えたのは、単なる1人の人間の死だけではない。
まるで死に装束のような白粉が、ベニスの熱気から生じた汗によって崩れていく姿。
それは美を追い求めた芸術家としての死でもある。

投稿者:こじか投稿日:2010-10-15 04:38:35
皆さんのレビューにとても共感します。
これは生きているうちに僅か数回になろうとも何度か鑑賞したい、
確かめたい、そんな気にさせられました。
とても魅力的であり魅惑的な作品です。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-20 22:42:38
 ドイツは嫌いではないが、男色と関連するとどうもいただけない。
 ダーク・ボガードそういった雰囲気があり好きになれない。

 ビョルン・アンドレセンは確かに綺麗で女の子のようだ。
 シルバーナ・マンガーノは肉体派のように思っていたが、実際は家族の肖像など知的な作品が多い。

 マーラーの5番の4楽章を用いていて有名で、これは良いがやはり合わないものは合わない。
 結局全編に、美少年への耽美の思いが支配していてこれが受け入れられないとどうにも成らないと思う。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-06-03 03:01:05
音楽家が休暇に訪れたベニスで少年に心を奪われていくお話です。
・・・とは言っても、、同性愛を描いている訳ではなく、人間は性別を問わず美しいモノに惹かれるという事を描いています。

繊細ゆえに苦悩する主人公というのをもう少しシンプルに描いてくれたほうが、一本調子な印象を拭えたカナ・・・。
悲しさや恋しさはもちろん伝わってきましたが、言葉にする事が出来ない胸が締め付けられるような気持ちをイマイチ感じられませんでした。
動きの見れる後半は良いのですが、テンポも遅いので中盤までがどうにも眠くなってしまいました。
華やかな上流社会のバカンスは興味深く鑑賞できましたけど。

汚れのない美少年を具体化したようなビョルン・アンドレセンにウットリ。
見とれてしまうのも目で追ってしまうのも分かる神秘的な美しさでした。
衣装も彼のイメージに全てハマっていて素晴らしかったです。
自分の美しさを知っている者がこれほど刺激的だとは・・・罪深い(笑)
母親役の女優さんも上品でしとやかな美しさがあって魅力的でした。
もちろん影を背負った主人公を演じたダーク・ボガードの静かな演技も闇があってGOODでしたよ。

ベニスの蒸し暑さに対応できないほど弱っている主人公とベニスの太陽の光がキラキラと反射するほど若さに満ち溢れた少年のバランスが面白いですね。
永遠の美しさすら感じる少年とは正反対に少しずつ老け少しずつ醜くなっていく対比が痛すぎます。
特にそれが表されているのがラストシーンでしょうね。

悪く言えば不自然ですが意識的な演出と視線を効果的に伝えるカメラワーク、心情を表現している音楽の流し方と芸術作品を観ているような映像なども見事でした。

主人公を気持ち悪いオッサンととるか、見るにしのびない不憫なオッサンととるかで評価はだいぶ変わるでしょうね。
・・・どっちもさほど変わらないか?(爆)
題材は良いのですが作風が観る時期を選ぶと思うので、鑑賞のタイミングさえ合えば高評価を得られそうな気がします。
残念ながら私にはまだ早かったですかね。
ストーリーらしいストーリーのない風変わりな脚本なので、万人ウケも難しいでしょう。
・・・こういう玄人ウケしそうな作品ってホント評価が難しいなぁ・・・。
観れば観るほど深みが増す作品なのだと思いますが、私はまだ再鑑賞するには青いです(笑)
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 15:34:23
ビョルン・アンドレセン
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-02-14 16:24:06
ビョルン・アンドレセンは良く捜して来たな。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-02-14 12:40:41
素晴らしい!
投稿者:verkhovensky投稿日:2008-11-08 00:00:37
【ネタバレ注意】

アッシェンバッハは、禁欲や勤勉や気高い精神こそが美を生むと信じてゐるのですが、そのいかにも老人らしい信念が、タジオの姿態が体現する、若さのみに与へられた・知性とも精神ともまるで関係のない・自然発生の・感覚的な・汚辱とさへ手を携へる官能美によつて打ち砕かれるといふのが、この映画の主題です。タジオが「エリーゼのために」をポロポロ弾く姿(通俗性の象徴です)が、アッシェンバッハにとつては忌まはしい、売春宿の想ひ出につながつていくのも、演奏会での罵倒も、数々の芸術談義も、すべてその視点でご覧になれば理解できるでせう。

美の化身タジオが老作曲家をからかひ、玩び、苦しめ、つひに滅ぼしてしまふ過程は、アッシェンバッハの窮屈な味気ない芸術観の誤り、その敗北を暗喩してゐるのですが、さういふ議論に興味のない方にとつては、愚かなゲイの老人が、美青年のストーカーと化した話としか映らないでせう。それはそれで正しい受け取り方であります。これは極めて厳粛な大真面目な顔つきで語られた「喜劇」なのです。アッシェンバッハが広場でへたりこんで笑ひ出すのは、芸術家として失敗し、滑稽で無様な老人に成り下がつた己を嘲笑してゐるからです。恋の悲劇などといふロマンチックなものではありません。

なほ文学者から見た音楽談義、といふ感想が下にありますが、トーマス・マンの原作のアッシェンバッハは作曲家ではなく、小説家です。映画の効果を考へ、ヴィスコンティが設定を変更したものです。

※追記 さらに説明しますと、真の美とは、アッシェンバッハの考へてゐたやうな、健康的な道徳的な、人間のよき理想ではなく、もつと悪意に満ちた恐ろしいおつかないもので、彼は今更のやうにその秘密を悟り、逃れる術もなく、あへなくとり殺されてしまつた、といふお話なのです。汚れのない美少年? とんでもありません。

投稿者:Kinta投稿日:2007-11-11 10:30:20
15歳のとき初めて名画座でこの映画を観ました。映画雑誌等で高い評価を受けており大変期待してましたが、当時はまったくその意味するものを理解することができませんでした。あれから30年近く経ち、改めて見直してみて、少し主人公の心情が理解できるようになりました。教授やビスコンティがこの映画を製作した年齢になった時、もう一度見直してみたいと思います。より彼らを理解できるような気がします。
投稿者:Marcel投稿日:2007-07-05 20:51:36
廃盤になったビデオ『タジオを求めて」は、"To the Extreme"というDVDに収録されています。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B0007LBM2M/ref=ord_cart_shr/102-4826388-6612146?%5Fencoding=UTF8&m=ATVPDKIKX0DER&v=glance
投稿者:Ikeda投稿日:2006-12-19 16:06:16
この映画が好きな人と嫌いな人に別れるだろうということは見れば解りますが、私は好きにはなれませんでした。ダーク・ボガード演じるアシェンバッハの心境にどうしても共感できなかったのが一番の理由です。
もともとトーマス・マンがあまり好きではなかったので原作も読んでいませんが、単にビヨルン・アンデルセンに対する敬慕の念を描き続けているだけの進行なので、必然的に多くなっている長回しのシーンなどは本当に退屈しました。それに、アンデルセンが美男子である事は確かですが、水着姿の彼のひょろひょろの姿態を見ると気持ちが悪くなりました。
勿論、画面は綺麗ですし、BGMを殆ど使わず、マーラーの交響曲以外にもムソルグスキー、レハール、プッチーニ、ベートーヴェンの曲を使っているようで、それはそれなりの効果を上げているますが、上記のような感じを持っていると、それだけでこの映画を評価は出来ないと言うのが私の率直な感想です。
投稿者:おるず投稿日:2006-12-11 02:27:48
【ネタバレ注意】

 観れば観るほど奥の深い映画です。いや、何度観たって理解し尽せる作品ではないと思います。全編を通じて描かれるのは、「美」と「俗なるもの(あるいは醜悪なもの)」の対比なのでしょうか。
 老い、精彩に欠けた創作、おそらくは貴族の出でない成り上がりなのか、気品があるとか洗練されているともいえない主人公が水辺の都ベニスで見出したのは、若さと天性の美と生まれながらの気品を兼ね備えた絶世の美少年タジオだった。「美は倫理である」「美は感覚ではなく芸術家の努力によって到達するもの」と信じていた主人公は神が難なく生み出したタジオの存在に愕然とし、同時に彼を愛してしまう。紆余曲折を経て、結局主人公は信条を捨て、タジオへの愛に没頭し(といってもストーキングするだけ)、いよいよ魔界的な本当の美の世界を知る。最後は当局の隠蔽する熱病に倒れ、この世を去る。病に倒れてもなおタジオを求める姿は断末魔の喘ぎだったのか。短い恋ながら、人生の最後の最後になってようやく知り得た究極の美は命を賭けるにふさわしい境地である。
 主人公と少年、ベニスの美しい町並みと隠蔽、こうした美と醜悪は決して両極端なのではなくむしろ共存している。そもそも「美」という感覚自体がある種醜い手段なしには得られない。どこか後ろめたい、どろどろとしたバックグラウンドがあって初めて美は成り立つ。

投稿者:龍勝利投稿日:2006-10-11 14:38:43
ひたすらに厳かで美しいルキノ・ヴィスコンティの傑作。自分の映画人生にあっても貴重な作品だ。この映画のために生まれたかのような、マーラーの交響曲第五番第4楽章アダージェットが、また素晴らしい。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-02-13 17:58:50
トーマス・マン、美少年、海、老いた芸術家・・・
三島が生きていたら絶賛してたに違いない、20世紀初頭のベニスを舞台にした正にアートな作品だ。
とにかくセリフが少ないし大したストーリーもないが、マーラーの音楽に乗せて流れるように描かれる風景や上流階級のバカンス生活に魅了されよう。それはまるで白昼夢のようである。ビスコンティはやはり、うまい!
ただ、芸術論談義のシーンはちょっと冗長か。それにしても浜辺で食べる生イチゴってスイカより美味しいのかな?
演技陣。ボガード、渾身の演技だ。
投稿者:vale投稿日:2006-01-29 22:07:14
ヴィスコンティには一時期夢中になりましたが、この映画は最近になって初見しました。原作はトーマス・マンの小説の中でも個人的には最高傑作だと思っています。もちろんヴィスコンティが凝りに凝った映像や19世紀末のブルジョワジー世界の再現は目を見張りますし、タッジウ役のビヨルン・アンドレセンはよく見つけてきたなぁと拍手喝采です。が、なぜか映画はこちらの奥までは届いてこない感じです。コレラ蔓延の街で悪魔的な少年に幻惑されるがままに死にさえ魅了されていく老人の悲劇と滑稽もあまり伝わりません。不思議ですが、それだけあの短編小説の出来が優れているのかもしれません。
投稿者:さち投稿日:2005-12-06 04:03:45
名作
投稿者:カンナ投稿日:2005-11-23 01:05:31
他の方も書いていらっしゃいますが、私も何処がいいのかさっぱり?
ジイさんが美少年をひたすら、追いかける(でも声すらかけない)内容で、見てて気持ちが悪くなりました。
ある意味でホラー映画よりコワイかも。今ならあのジイさんストーカーだよね。

ヴィスコンティ作品なら、「異邦人」「イノセント」のが上だと思うけど。
投稿者:ピヨコ投稿日:2005-11-12 09:46:58
正直なところ、そもそもどの辺りに感動すればよいのかということ自体よく理解できませんでした。
ちなみに、Thomas Mannの同原作をもとに、Brittenがオペラを作曲してもいます。
Brittenが同性愛者であったことは周知のことで、Sirの称号を貰い損ねたのもこのためだといいます。
自身が同性愛者であったことを考えれば、BrittenがMannの原作を基にオペラを作曲した理由は分からないわけではない。
しかしそれが分かっても、依然として作品の良さそのものは、私には謎です。
本作が名作呼ばわりされているのも、私には不可解です。

同性愛の問題は脇に置くにしても、そもそも劇中の作曲家が胡散臭すぎる。
主人公が友人と戦わせる音楽論議、――あれは私に言わせれば、文学者の想像する音楽論議であって、作曲家自身の音楽論議ではない。
美術理論や文学理論は、一種の美学哲学であり、またそれ自体一種の文学でもある。
しかし、音楽理論だけは違う。
一種の文法の世界に近い。
作曲家たるものがあんな頓珍漢な観念を振り回して喜んでいるとは、私にはちょっと信じ難い。
もっとも、Romain Rollandの作品でも、ベートーベン似の主人公が批評家の友人と文学論議だか音楽論議だか分からないようなものをまくし立てあっているので、あの当時のあっちの作曲家というのは、もしかしたら皆ああいうものだったのかもしれない。
少なくとも表向きはああいう議論をしたがった、ということはあり得る。

化粧をして浜辺で横になって死んでいく大切りも、正直なところ、私にとっては美しいよりも気持ち悪かった。
あれは、劇中に登場した道化の人物や薄汚い乞食芸人のように、他ならぬ老作曲家自身が美しい少年に見捨てられた道化であり乞食芸人であったことを象徴的に示している、……としか私には思われない。
そう言えば、Mannの原作でもBrittenのオペラでも、鑑賞後は単に少しばかりの気持ち悪さが残っただけでした。
投稿者:ルミちゃん投稿日:2005-11-04 02:56:26
【ネタバレ注意】

冒頭の、港に近づく船のなかで、厚化粧の老人にであう.この映画、この時点で『気持ち悪い、嫌、吐き気がする』、お金を払ったから、嫌々見るだけ、金返せ!
------------------------------------------------
山猫も叱り.
字幕の背景のモニュメントの女性の像.若い娘に思えるけど、ひねた表情で、口をとんがらかせている.なに、これ?
映画の後半は、延々と舞踏会のシーンが続くけれど、これだけ続ければ誰でも嫌になる、どんな馬鹿でもくだらないことが分かるだろう、そこまで描いてある.

------------------------------------------------
鳥インフルエンザの話から、
鳥インフルエンザの発生を隠そうとした、養鶏場の出来事はまだ記憶に新しいことです.結果として、病気の発生を隠すこともできなければ、皆が迷惑を被っただけで誰の得にもならなかった馬鹿げた出来事であり、今となれば、くだらない行為であったことを、当事者自ら認めることであろうと思います.

さて、映画の話、
この映画が『美』を描いているのは、誰も否定しないはず.美がどう言うものかと言えば、例えば美意識と言うと正しい物を示す.より詳しくは、辞書を引いて調べていただくとして、美に対比するのは『悪』なのです.
美少年に対比する悪は、初老の音楽家の男.
ベニスの美しい町並みに対比する悪は、悪党の船頭、蒸し暑さをもたらす季節風、コレラ、そして、その発生、蔓延を隠そうとする、街の当局者.

美少年がベニスの美しい街並のオブジェならば、初老の音楽家の男は、コレラの発生、蔓延を隠そうとする、街の当局者のオブジェであり、その行為がどのようなことかというと、くだらない、映画一本、見事にくだらない映画のようですね.

投稿者:Laetitia投稿日:2005-11-03 09:18:33
勘違いなさっている方がいますが、映画の時代設定は20世紀初頭です。1971年(製作年)=現代の話ではありません。だからペストが猛威をふるっていたということになるのですよ。それと、ビヨルン・アンデルセンは夭折したと思っている方がいますが、今も健在です。4年ほど前、BBCが製作したダーク・ボガードのドキュメンタリーでインタビューされているのを見ましたが、美貌に渋さが加わり、ますます魅力的でした。

なかなか映画館でみる機会に恵まれず、観るまでに20年以上かかってしまいました。しかもドジな映写技師がフレームサイズを間違えて上映を始めてしまい、30秒後に調整するという最悪のスタート。その翌年、館内食べ物持込禁止の映画館で注意しても無視を決め込むゲイカップルと喧嘩になりました。ヴィスコンティに対するリスペクトの足りなさに悲しくなりましたよ。大好きな映画なので、いつかプライベート上映会をしたいです。
投稿者:somesome投稿日:2005-05-17 23:06:38
【ネタバレ注意】

確かにビヨルン・アンデルセンという美少年なしには、この作品の映画化自体がありえなかったと思います。オマケに彼は夭折しちゃいましたわけで、三島由紀夫が憧れたのも無理はないと。・・それはラディゲでしたな。ともかく、彼の美しさに惑わされがちなのですが、この映画が表現したかったものとは、美というものは美として存在するそのものではなく、それを感じることが出来る側にあるということを言いたかったのではないかと。彼の美しさそのものが絶対的なものならばすべての人が彼にひれ伏すはずですが、でもそうではありませんね。母も友人も別に普通に応対してます。ですから、本当の彼の美しさを感じえたのは教授只一人だってことです。というか映像としての少年の姿は教授の目に映った幻のようなものかもしれませんな。海岸で少年を見る教授の視界にはカメラ横向きにおいてあったような。まるで、「カメラ(他人の評価)を介さずに、この美しさをじかに感じる感性持ってるのか?」と監督が問いかけてるようにも思えました。美というものが感じる側の感性の中に存在すると仮定すると、かえって美の普遍性や永遠性が生まれるもの不思議です。美を感じるということを体験できた教授は勿論、生きる意味を終え死にます。教授の死顔はきっと蓮華微笑であったことでしょう。

投稿者:はんおち投稿日:2005-03-23 23:08:34
【ネタバレ注意】

最近はじめてこの映画をみまして、今までいろんな雑誌やネットでビスコンティ監督の作品について聞きかじっていたのですが、この映画を見た後、自分なりに思ったことがあるので、書かせていただきます。

ダーク・ボガード演じるグスタフが最後に死ぬということなのですが、
あれは本当に死んでるんでしょうか?
というのは、コレラって、確かに怖い病気なんでしょうけど、
71年当時はそこまで怖い病気だったのかなあ?
というのがひとつ。
映画を観ていてなんか繋がりが変だなぁと思えるシーンがあって、
それを最後まで観た後に観直してたら、
やっぱり死んでないのじゃないかと思いました。

僕の中では、グスタフが死ぬ事=ベニスに死す
ではなくて、違う意味で死ぬって事なんじゃないかと思いました。
それは説明しないんですけど。
だって、本当にネタばれになる気がするし。

そういうことを踏まえた上で
この作品大好きです。
別に男の人好きじゃないんですけど、
構成とか、映像的にもよい出来なのだと思うので。

投稿者:Male投稿日:2005-03-02 04:46:42
【ネタバレ注意】

生涯ベスト1の作品です。
何でこんなに好きなんだろ?何度見ても、どっぷり浸ってしまうんですよね。
かといって、「絶対イイから!」って、無理強いするタイプの映画でもない。派手なエピソードがあるわけではないから、あのリズムに乗れなかったり、デカダンスが苦手な人には、退屈なんだろーなとも思います。

僕はタッジオという少年が「美」の象徴だとは思えないんですよね。むしろ「死」ではないかと。
文化差や個人差はありますけど、「死」って恐怖の対象であるとともに、究極の安息っていう、憧れめいた部分もありますよね。それの具現化がタッジオだと考えると、才能の枯渇した芸術家が魅せられていくという物語が、よりクリアに見えてくる。角度を変えれば、芸術家が美少年に魅せられたのではなく、彼が死に魅入られたとも言えるわけで、憑かれたような彼の行動やラストシーンもより必然的なもの思えてきます。まぁ、僕個人の勝手な解釈ですけれど。
でも、生涯ベスト1として挙げてる身としては、この映画を単なる美少年愛みたいなところで批評されてると、がっかりしてしまうのは正直なところです。

投稿者:nr-akiko投稿日:2004-11-02 22:47:15
子供のころ見ても、さっぱりわかりませんでした。今になると、やっとこのリズムにうっとりできるようになりました。原作も読んだけど、美少年の描写はビョルン君そのもの。トーマス・マンはビョルン君を見て、タジオ役を書いたのかなと思えるほど。彼抜きに、この映画は成立しません。
ダーク・ボガードももちろんすごいけど・・
投稿者:投稿日:2004-04-30 13:54:16
初めてこの映画を見て20年ぐらいたちました。
・・・
いまなら、分かる!
なにが面白いか(いや、面白くないけど…)
だって、分かりゃしないわよ、あの頃の私には。
バブルに突っ込む前よ、ね。
投稿者:yanco投稿日:2003-02-01 18:30:09
20年以上前、500円均一の名画座で見た記憶。見終わった時、自分の体が座席から3cmほど宙に浮き上がっているのを感じた。立ち上がるのに休憩時間一杯を要した。ダーク・ボガート、ビョルン・アンドルセン、マーラー、そしてヴィスコンティ。すべて奇跡だった。
投稿者:CC投稿日:2002-10-18 23:20:58
ぴちぴちの若い兄ちゃんに、恋焦がれる枯れたおっさんの姿は、とてつもなく切なかったりする。「LOVE AND DEATH」といい、「私の愛情の対象」といい・・・。
投稿者:夢追人投稿日:2002-05-03 22:23:59
渺々と時が流れ、ふっとそのまま永遠に止まってしまいそうな作品。そう、ちょうどタジオが浅瀬でポーズをとった時のように。そこにアッシェンバッハと同化して彼を見つめている自分の姿を発見する。無限の軌跡を描き続けていくアダージェットに、いつまでも身を浸していたい。
投稿者:思い出した。投稿日:2001-11-16 17:47:28
今日、久し振りにビデオ見ました。このページで見るとまだDVDでてないうですね。落ちぶれたもんだなあ、ヴィスコンティも、始めて見たのは20歳のころ、今から20年ほどまえのこと、そのこる、ヴィスコンティ凄い人気でした。私にとっては美に対する考え方のターニングポイントとなる映画でした。当時の彼女と見に行きましたが、『老人の生への執着って・・・』とか言うんで、『なに、言っとんや、どこ見たらそうなるかあほか? 幸せそうな死顔やろ、美というものは創ったり、するもんじゃなくて、美しいと感じることや、だから、最後の海岸で邪魔なカメラわざわざ置いてあるんじゃ、美しいものを美しいと感じろって言ってんだよ』生も死も超えてるやろ、あほか』若い私はそう言ってしまいました。彼女とはそれっきりでした。 
投稿者:M.Moriya投稿日:2001-09-12 10:30:05
30年以前に観た時点での印象 "判らん"
偶然 TV映画で観る。年齢の経過による感受性の変容は歴然。
この映画 老境に至る男の観るべき映画。
但し 老境に至る人間は映画を観なくなる現実有り 矛盾。
死 に直面する人間の抗い難き空虚な 生への執着。
名画で有ること 論を待たず。(年齢差 顕著)
投稿者:sho投稿日:2001-07-21 22:42:37
 ルキノヴィスコンティって監督は退廃的や耽美的という言葉がそのまま
はまる。この映画では死の病が迫るベニスの町の映像とかね。
 この芸術家は理性や倫理、叡智が芸術に必要なものだと思っていたわけだけど、
それがタジオという美少年に心酔することにより、自分の持っていた理性が
崩壊してしまう。
 そのタジオというのは生命の美しさの影に残酷さを秘めているわけ。それは本来
彼の芸術論である普遍的な美の概念を覆すもので、自分自身への否定となるわけ。
 それでも最後には自分自身に化粧を施して、若さというものへ傾斜していくの
だけどね。
 ヴィスコンティは理性と情欲で揺れるアッシェンバッハを見事に描いている。
ホモ映画とも言われるが、これほど、芸術性の高い映画は稀である。
http://cinema.ff.vu/
投稿者:Ruki投稿日:2001-07-03 10:33:28
この映画はもしや、フェリーニの『甘い生活』に対するアンサー・ソング?と夫がいったよ。マンの原作を読んでいた私はすぐにピンとはこなかったけど、得体のしれない魚と、アッシェンバッハのはげ落ちた染料、少年と少女など、呼応するところは多いかもしれない……。
投稿者:ネオ投稿日:2001-06-27 17:32:21
「ベニスに死す」以外にも、「ブッテンブローグ家の人々」「魔の山」「トニオ・クレーゲル」「ドクトル・ファウスト」などなどトーマス・マンは素晴らしい作家です.
無粋で冴えないのはダーク・ボガードの顔.田舎のオジサマみたい.そこが良いんだけど.
投稿者:ユウティエン投稿日:2001-05-25 12:05:30
学生の頃初めて観た時はどこが良いのかさっぱわからなかった。最近再見して、この映画の素晴らしさに茫然とした。そういう事もありますよね。
投稿者:長春投稿日:2001-05-06 20:37:06
本作は、人間の根本的苦悩(四苦八苦)を描いている。四苦とは生老病死である。主人公は、妻子との死別(愛別離苦)、芸術での対立(怨憎会苦)、晩年の名声の失墜(求不得苦)、娼婦の誘惑と葛藤(五陰盛苦)など生きてきて味わった苦悩を思い返しつつ、避暑地のベニスで夏を過ごすが、美しい青年に出会い、改めて自らの老いを感じる。そうこうする内に流行病コレラに感染し、青年の輝く若さに手を伸ばして息絶える。この瞬間に人間の根本的苦悩(生老病死)が集約される。

初老の作曲家は病気に罹り、その衰えを隠すために化粧をするが、かえってそれが老いとその醜さを際立たせる。その作曲家が、美と若さで輝く「少年」の姿に向かって手を差し伸べて息絶えるラストで、もう手が届かない「美と若さ」への憧憬が溢れる。初老の私としては、身につまされ、感動した。

ホモセクシャルの話ととる人もいるようだが、対象が美少女だったら性が前面に出てきてしまう。若さへの思いを明確にするには、対象を中性的な美少年にする必要があったのだと思う。また、芸術論や、娼婦を振り切ったエピソードは、主人公の厳しい道徳観を示すためのものであろう。その道徳観のため、人生に悔いが残ったのであろう。
投稿者:パタパタママ投稿日:2001-04-29 23:06:53
死は悲劇ではなく万人に訪れるごくごく当たり前の事象です。
しかしそれを彩りたい、何か意味を与えたいと思うのもまた自然なことでしょう。
この映画で主人公の最期の迎え方は滑稽であり人生の皮肉を謳ってるともとれるし、最期に芳醇で甘美な美酒を味わえる幸せにあずかった?(代償があまりにも大きい)ともとれるし、ただ単に老醜を描いたともとれます。
私は監督が最後をどう落としたのかはっきりとは読めませんでした。まるっきりこちらに任せたような感じです。以前にも書きましたが、この偏屈な主人公を慈しんで描いてる所に胸を熱くしました。また何年か先この映画を見たら別のことを感じるかもしれません。

「美」についてですが、これはまさに‘在る’もので、まるでこの映画の少年の思わせぶりな目つきのように招き入れますが、こちらの求めに応じることなく厳然と‘在る’ものではないでしょうか。

「気づいた時には終わってる」・・・終わっててもいいんですよ。
投稿者:カシュナッツ投稿日:2001-03-18 20:44:25
ビスコンティの映画は大好きです。この映画は見た年代で伝わり方が変わります。特に50歳を越えてから見たとき、この老人の老いゆく姿に自分が重なり、若いとき見たのと違う感慨を覚えました。老醜をこれほど美しく描いた作品は後にも先にもこれ一つです。ベニスに行きたいです。
投稿者:パタパタママ投稿日:2001-03-11 21:06:36
昨年NHKで放映されたのをビデオで取ってたので久しぶりに見ました。
思春期の頃は「ビョルンアンドレセンの美少年との同性愛」の映画だと思ってました(少し肩透かしを食らった感じもした)が、今見ると随分と違う物として観れました。
この映画はセリフなしの、映像とマーラーの音楽でつづった‘作品’だと思います。D・ボガードの行動、表情、しぐさがこれほど雄弁に主人公グスタフ・アッシェンバッハを物語ってるとは思いませんでした。回想部分では説明的なセリフがたくさんありますが、私個人としては友人との芸術論の戦わせ方も少し派手過ぎるかな、或いは大幅カットでもいいかな、とさえ思ったくらいです。
前半から中盤にかけてのボガードのアップは、主人公に対するこの作品の作り手の愛情を、包み込みほどの大きな愛情を感じました。マーラーの音楽とB・アンドレセンの美は勿論ですが、D・ボガードの演技が大きなウェイトを占めてますね。
静であるこの映画のアクセントとして流しの楽団員と主人公の2度大きな‘笑い’があります。後半最終場面に向って主人公の自嘲的な大きな笑いから、最後の化粧も剥げ毛染めの黒い汁を流しながら死んでしまうところまで、大きく余韻を残して終わります。観客を突き放してるようでもあります。──実はよく分かってなかったりして・・・(T_T) ヴィスコンティはやっぱり大好きです。他の映画ももう一度見てみよう。

この映画は30年の時を経てもなお新鮮であると思います。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 衣装デザイン賞Piero Tosi 
□ パルム・ドールルキノ・ヴィスコンティ 
 ■ 25周年記念賞ルキノ・ヴィスコンティ (同氏のこれまでの全功績に対しても)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ダーク・ボガード 
 □ 監督賞ルキノ・ヴィスコンティ 
 ■ 撮影賞パスクァリーノ・デ・サンティス 
 ■ 美術賞 
 ■ 衣装デザイン賞 
 ■ 音響賞 
【レンタル】
 【DVD】ベニスに死すレンタル有り
 【VIDEO】ベニスに死すレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION