allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ヘルハウス(1973)

THE LEGEND OF HELL HOUSE

メディア映画
上映時間94分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1974/09/07
ジャンルホラー
ヘルハウス HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 2,825
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ジョン・ハフ
製作:アルバート・フェネル
ノーマン・T・ハーマン
製作総指揮:ジェームズ・H・ニコルソン
原作:リチャード・マシスン
脚本:リチャード・マシスン
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ブライアン・ホジソン
デライア・ダービシャー
出演:ロディ・マクドウォールベンジャミン・フランクリン・フィッシャー
ゲイル・ハニカットアン・バレット
クライヴ・レヴィルライオネル・バレット
パメラ・フランクリンフローレンス・タナー
ローランド・カルヴァールドルフ・ドゥイッチ
ピーター・ボウルズハンレー
マイケル・ガフベラスコ
(クレジット無し)
【解説】
 “地獄邸”と呼ばれる古い館を調査するために訪れた科学者、霊能力者たちを襲う怪異現象。リチャード・マシスンの『地獄の家』を原作に、かなりリアルな描写で心霊現象を描き通したオカルト映画の秀作。一大オカルト・ブ-ムの公開当時、その大半が「エクソシスト」の亜流という中にあって、この作品は残酷描写もハッタリ演出も否定した純粋な恐怖映画であった。“地獄邸”を支配する謎の主人の正体にR・マクドウォールが迫るクライマックスは特に凄い。
<allcinema>
評価
【吹き替え】

ゴールデン洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
小林昭二クライヴ・レヴィルライオネル・バレット
富山敬ロディ・マクドウォールベンジャミン・フランクリン・フィッシャー
池田昌子ゲイル・ハニカットアン・バレット
岡本茉莉パメラ・フランクリンフローレンス・タナー
千葉耕市マイケル・ガフベラスコ
仁内建之
杉田俊也
【関連作品】
エクソシスト(1973)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
13107 8.23
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:チャック・イエガー投稿日:2016-01-22 23:47:07
多分、小学校の頃にテレビで観て以来(笑)。俺のトラウマ映画の一本(笑)。エクソシストはオカルトを題材にしながら、ホラーな感じがしなかったけど、これは正統派なホラーな感じで好きです! 後世に与えた影響もこの映画のほうが大きいかも。
投稿者:ジョニー・D・グッド投稿日:2014-06-24 18:16:57
ついに、岡本茉利嬢の吹き替えで、パメラ・フランクリンのヘルハウスを観れる日が来た〜!
でも、何で Blu-ray じゃないの?
投稿者:namurisu投稿日:2013-03-15 12:06:57
恐るべき屋敷(外観)。恐るべき呪いの理由(背が低い)。霊媒女、十字架の下敷き。物理男、謎の機械と自爆。
投稿者:さとせ投稿日:2013-03-10 07:24:11
ベラスコ邸へ心霊研究に向かう学者たち。以前、2度も死亡事故が起こっているその場所に唯一の生存者フィッシャーを混ぜた6人は屋敷の外観を見て窓が無いのに愕然とする。意を決して中へ入り泊まりこむ事にするが霊媒師より出て行かないと殺されると進言される。更なる研究を続ける為に録画録音を始め
るが・・・。

有名なオカルトホラーの決定版!今見ても出演者たちの演技力や雰囲気が素晴らしく怖さを感じる事が出来るのが良い。
CBS/FOXからビデオソフトがリリースされた時は話題を呼び、ようやくDVDになってオリジナルサイズでリリースされたのが嬉しい。

原作「地獄の家」(リチャード・マシスン・ハヤカワ文庫・評価2・5)はオカルト小説の傑作だが絶版中なのが残念。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2013-02-02 09:49:07
しっかり作られていて、今見ても・・何年たっても色あせない良さがある。出演者は皆はまり役。不安をあおる音楽もいい。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:MAKO投稿日:2013-01-22 11:05:17
久しぶりにDVDで再見。
ガキの頃はベラスコさんちはおっかないなぁくらいの感想だったけど、今
見ると、女優陣の妖艶さを引き出す演出にぞくっとくる。
オールタイムベストのオカルトホラー。
投稿者:uptail投稿日:2011-05-14 10:50:09
パメラ・フランクリン
投稿者:ザッカーマン投稿日:2010-08-07 20:05:25
よく言われてることだがこの映画のパメラ・フランクリンは本当に可愛いと思う。職人ジョン・ハフの手腕も良し。
投稿者:gapper投稿日:2009-05-05 18:27:40
 やはりホラーといえばイギリスでアメリカではスプラッターにイタリアではお色気や修道院や女学生を使ったサスペンス調の低俗なものになりがち。
 この作品は、俳優、セット、映像、どれをとってもイギリスの色が濃く、正統派のホラーの雰囲気がある。
 ドラキュラ物の様にモンスターの特殊メイクもなく、特撮も少しで純粋なホラーといえると思う。
 考えてみると、「エクソシスト」から作られオーメンのようなものもあるが、今見れる残ったものは少ない。

 アングルも凝った部分も多く、コントラストが強く顔は明るく写っているのに影も強く写っているのはベストな撮りかただと思う。
 タナー(パメラ・フランクリン)は、いつも長いスカートなのに2度目の交霊では下半身がレオタード状態で、サービスなのだろうが”実験なので不要なものを持っていないのが分かるように”などの説明が欲しいところ。
 こういった、細かな不満はあるが全体的には良く出来ている。

 パメラは、交霊師らしく線が細く子供の頃いじめられた過去がありそうな感じで良いが中にはまったく魅力を感じない人も居そうでそれなら面白くないかも。
 ベイブ系美女のゲイル・ハニカットは肝心のお色気シーン(その為の配役であると思っているのだが)で魅力が半減するように見えてもったいない。
 マクドウォールは、どうも芝居が臭い。
 「魔像ゴーレム・呪いの影’66」に出ているが、同じ感覚で演技してしまったのではと思う。
 マイケル・ガフも意外な形で出ているが、「吸血鬼ドラキュラ’57」からちっと気に入っている俳優だが出番は少し。
 「バットマン’89」にも出てました。

 個人的には、「エクソシスト」といい勝負だと思っている。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-02-13 06:08:29
パメラは今まで観てきた中で一番可愛い。幽霊の設定はいい加減だが、最後まで引っ張る展開と演出が良かった。10年後に作られてたらロディの役はパーキンスだっただろう。お薦め度60点。
投稿者:winchesterjack投稿日:2008-07-18 01:46:20
幽霊に取り付かれた家の怪しい雰囲気がステキでした。
全体的にド派手な演出はないけど、絶えず聞こえてくる息遣いのような音や煙が
とても効果的に使われています。
投稿者:ファルド投稿日:2007-11-03 20:20:27
なかなか緊張感が有り、そしてミステリアスに展開するオカルト映画の秀作ですね。物理的な超常現象もなかなかでした。女優陣では、P・フランクリンも良いけど、アン役のG・ハニカットに色気があって良かった。
投稿者:インベラー投稿日:2007-08-13 14:36:16
大傑作!!オカルト映画という名の括りの中では他者を一歩も寄せ付けない。リチャード・マシスンの原作をテンポ良くはしょり、ざ〜っくり仕上げた超傑作!!『回転』『たたり』80年以前の屋敷物には駄作がない中でも一番の出来!!
投稿者:SAM投稿日:2007-08-08 15:15:51
「エクソシスト」の大ヒットに伴い、世の中にいわゆる「オカルトブーム」が吹き荒れる中で公開された心霊映画の秀作。原作がS・スピルバーグ監督の傑作「激突!」のリチャード・マシスンだけに、それなりの面白さはある。ヘルハウスと呼ばれる屋敷の調査を依頼された4人の男女のいわゆる密室劇だが、霊媒師による交霊術やポルターガイストなどの心霊現象もしっかりと演出されており、見る者を飽きさせない。「猿の惑星シリーズ」でお馴染みのロディー・マクドウォールという人気俳優が出演しているのも楽しい。CGが反乱するご時世、この作品の様なアナログ感覚で溢れたものを楽しむのも一興かと思われる。
投稿者:FFF投稿日:2007-06-15 23:24:58
「エクソシスト」よりこっちにそそられて親父と行った。マクドウォール(顔出し)の最高作でしょう。リチャードマシスンの名も初めて知った。子供ながらにパメラの妖艶さにときめき。とにかくこの時代の雰囲気、エロさは再現不可。絶対にリメイクなどしてはならん。ローアングルの館のショットの不気味さ!
投稿者:フェニックス投稿日:2006-11-27 22:29:51
けっこう前の作品のため映像的に怖いホラーシーンというのは特別ないが、霊の正体を突き止める過程や、機械による霊的エネルギー放逐など見所はたくさん。BGMも重厚で今見ても全く色あせない。
出演者の演技も一流。リメイクとかすると絶対これより落ちる、と思われる典型。
投稿者:映子投稿日:2006-11-18 00:17:51
この映画、「エクソシスト」でものすごいショックを受けたオカルトブームの頃の作品ですが「エクソシスト」があまりにも恐かったので、期待していたよりはあまり恐くなかったような印象があります。でも最後のベラスコ氏の登場にはかなりドキンとしました。それよりも今キャストを見て、その人がマイケル・ガフだった事にビックリしています。
投稿者:bond投稿日:2006-03-03 12:26:13
中身も吟味されており、ジワジワと恐怖に包まれる。Pamela Franklinが美しくチャーミングだった。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-12 01:00:53
【ネタバレ注意】

 家もの(?)オカルト映画は小学生当時は怖くって観られなかったが、最近ズッパまって米版DVDでおさらいしている。コレと「家」、「悪魔の棲む家」は案外オモロオモロ。

 【My Cult Movie】

投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-24 21:38:46
下に同意。
これ、なんだか怪しく恐い作品です。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION